難関中学入試問題分析

基本情報

試験時間:60分/配点:60点/
1問あたりの処理時間:4.6分/
途中式:あり/作図:なし

[出題傾向]
独特のテイストが貫かれる伝統校

例年6題構成で、式や考え方を問題用紙の解答スペースに書かせる形式。基本的には、大問1から数の性質や割合・比などの応用問題がでてくる。頻出単元としては、前述のほかに平面図形・立体図形・速さ・場合の数・規則性がある。割合・比や速さは普通の問題だが、数の性質や平面図形に独特のテイストがある。

算 数 頻出テーマ

1

場合の数・
条件整理

2

平面図形

3

数の性質・
規則性

[問題分析]
マイルド版麻布テイスト

本年度も大問1から大問3までが普通の問題で、後半が独特の“らしい”問題だった。大問2はお決まりともいえる速さの問題であり、煩雑さに負けなければ完答できたであろう。大問4が難関で、単なる不定方程式とは一味違う技術が必要だった。大問5、大問6は意外と解きやすかったと思われる。

[対 策]
基本+過去問演習

半数の問題はどこの学校で出題されてもおかしくないような普通の問題なので、そこはしっかり取れるように算数のベースを整えておかなければならない。残りが本校独特のテイストを含む、数の性質・場合の数・平面図形(パズル)・推理・論理の問題となる。この対策は過去問演習が中心になるが、ただ解くだけではなく、手を動かし、予想し、考え、表現することを心掛ける必要がある。本年度では大問4が練習するのに良い問題と言えるだろう。

過去問対策
合格体験マンガ
校舎インタビュー
TOMASがはじめての方へ
難関中学入試問題分析
schola有名中学校長先生ロングインタビュー

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る