中学受験
高校受験
大学受験
私立内部進学

桜新町・駒澤大学・用賀・田園都市線沿線の個別指導・進学塾なら

TOMAS桜新町校

校舎直通TEL

03-5799-7741 [受付時間 14:00~22:00/月~土曜日]

本部進学相談室 0120-65-1359[10:00~20:00 土日祝も受付]

桜新町校へのACCESS

住 所
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-15-18 ルティア桜新町1・3F

TEL. 03-5799-7741 /FAX. 03-5477-9222

最寄駅
桜新町駅[田園都市線]
徒歩3分

田園都市線桜新町西口を出て大通りを用賀駅方面へ直進。三井住友銀行の手前を左折して南へ直進。右手の建物の1Fと3FがTOMAS桜新町校です。まずは1Fの受付までお越しください。

交通ルート・周辺情報

桜新町校の教室のようす

桜新町校 2020年3月からリニューアルし、授業スペースも広くなっています。
桜新町校 入室時にアルコール消毒及び検温を実施。37.5℃以上が検出された場合は、ご帰宅いただくよう対応しております。
桜新町校 これがTOMASの教室です!経験豊富な講師陣が一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成し、発問中心の授業を完全1対1で行います(現在は飛沫防止対策として講師はフェイスシールドを着用し、講師と生徒の間に飛沫防止シートが設置されています)。
桜新町校 実際に授業を行う講師とは別に担任がいますので、授業の方針や志望校に関して面談を行い共有していきます(現在は飛沫防止シートを設置しております)。
桜新町校 授業前に、講師が机と飛沫防止シートの清掃を行いチェックしています。
桜新町校 登下校メールシステムにタッチをしましょう。保護者の方に登下校の時間がメールで届きます(現在は接触感染防止の為、使用できません)。
桜新町校 先生とご家庭・本人で交わす連絡帳。TOMASからは授業内容や宿題を授業ごとに報告致します(接触感染防止の為、現在授業終わりの教務でのチェックは致しておりません)。
桜新町校 授業を受けるだけでは成績は上がりません。自習室を活用し、定着させましょう(自習室は原則、月曜日から土曜日まで開放しております。現在は密集を防ぐため、個別ブースでの自習のみ許可しています)。

TOMASの個別指導はここが違う!

すべての授業が完全1対1

1対2や1対3の個別指導では結局、先生が巡回して質問に答える「自習時間」とあまり変わりがありません。TOMASでは、ひと部屋に生徒一人に講師一人。学校の授業と同じように講師は板書をしながら、あなたのためだけに授業をします。

発問・解説中心の80分授業

質問に答えるだけ、一方的に解説するだけ。そのどちらでもない独自のスタイルです。講師が発問し生徒が答え、講師が解説する。その繰り返しで授業が展開されます。生徒の理解度を確認しながら進めるだけでなく、議論を通して思考力を磨くねらいもあります。

実績豊富な講師陣

質の高い個別指導を実現できるのは、優秀な講師がいるからこそ。各教科・各校の入試に精通し、合格実績のある講師陣を業界屈指の高待遇で確保しています。社会人プロ講師、有名大学・院生講師の中から最適なマッチングを行い、成果が出ない場合は交代も可能です。

弱点や志望校に合わせた教材

内部進学対策から中・高・大学受験対策まで、生徒一人ひとりの目標や学力レベルに合わせて最適な教材を選定します。志望校の過去問や市販の問題集、学校指定の教材やプリントを使用することももちろん可能です。必要な教材だけを厳選し、ムリ・ムダなく合格・目標達成へ導きます。

桜新町校の講師陣※チーフ講師を中心とした一部の講師のみ掲載しています。  その他多数の講師が在籍しています。

桜新町校の精鋭講師陣の中から選りすぐりの講師を紹介します!

桜新町校

辻分 昌彦 講師 

合格実績

東京大(文Ⅲ)、早稲田大(政経・文・文化構想・商・国際教養)、 慶應義塾大(文・経・商・法・環境情報)、慶應義塾高、早大高等学院、 早大本庄、(都)日比谷高、(都)西高

指導科目

勉強を楽しめるように授業を行うことはもちろんですが、言うべきことはしっかり言い、生徒がやるべきことをしっかり指示することで、役に立つ授業になるよう心がけています。

桜新町校

岡山 雄亮 講師 

合格実績

(中学受験)浅野、慶應義塾普通部、洗足学園、横浜雙葉、サレジオ学院、山手学院、広尾学園、小石川、桜修館、九段、白鷗、両国、横浜市立南、サイエンスフロンティアほか(高校受験)翠嵐、平沼、神奈川総合、桐蔭学園、中央大学附属横浜、法政大学女子ほか

指導科目

今さら人には聞けないことを聞いたり、自分だけの授業の進め方ができたりするのは1対1の授業だからこそです。夢の志望校合格、成績アップにむけて一緒に頑張りましょう

あなたにピッタリの講師を選定します。まずはご相談ください。

桜新町校の実績DATA 2016~2020年度

[table “sakurashinmachi_goukaku” not found /]

その他多数合格
※TOMASでは、公益社団法人全国学習塾協会の規定に基づいて合格実績を算出・公表しています。
※帰国生入試等を含みます。

桜新町校の学校別マンツーマン講習

小学生開成・麻布・桜蔭・女子学院・駒場東邦ほか 御三家・最難関中 志望校対策
小学生慶應普通部・慶應中等部・早稲田中・早稲田実業ほか 早慶附属中 志望校対策
小学生東京学芸大附属世田谷小ほか国立小内進対策
中学生開成高・筑波大附駒場高ほか 最難関高志望校対策
中学生筑波大附駒場・駒場東邦・鷗友学園女子ほか国私立中高一貫校 内進対策
中学生日比谷・西・国立・戸山・新宿・立川ほか 都立トップ校志望校対策
中学生慶應義塾・慶應女子・慶應湘南藤沢・早実・早高院ほか 早慶附属高 志望校対策
高校生東大・東工大・一橋大・早慶大ほか 難関大過去問演習
高校生東大(理Ⅲ)・慶應大(医)ほか 国公私立医学部 志望校対策
※上記講習の他にも、志望校や目標に合わせたカリキュラムをオーダーメイドで作成します。

桜新町校の先輩からのメッセージ

桜新町校の先輩の合格体験記を紹介。先輩の成功談を参考にしよう!

ごあいさつ
教室責任者
功刀 洋人

TOMAS桜新町校は、近隣の二子玉川校・三軒茶屋校という、TOMASの中でもトップクラスの校舎の合格実績を携え、2019年1月に桜新町駅サザエさん通りに開校いたしました。
TOMASは、中学受験では開成・麻布・JG・桜蔭など御三家をはじめ慶應普通部、慶應中等部・早稲田実業・早稲田高等学院などの早慶附属、青山学院・立教・立教女学院・法政大・中大付属・明大明治などの難関中、高校受験では開成・慶應義塾・慶應女子・ICU・早稲田実業・青山学院・中大付属などの難関私立高や日比谷・西などの難関都立高、大学受験では東大・早稲田・慶應・上智・理科大・MARCH・医学部などの最難関大・難関大へ合格者を多数輩出しています。
また、慶應横浜初等部・慶應中等部・慶應普通部・早稲田中・早稲田実業・早稲田高等学院・青山学院・立教女学院・明大明治・暁星・白百合・学芸大世田谷など通常の個別や集団塾では対応の難しい私立・国立内進対策もお任せください。
第一志望校合格への道程は決して平たんなものではありません。そこに魔法の方法はありませんが、TOMASなら、生徒1人ひとりの志望校合格に必要なことを逆算した個人別カリキュラムをもとに、完全1対1指導で有利に進めていくことができます。
思考力、判断力に加え、表現力を重視する入試制度改革も、すぐそこまで来ています。1対1で発問形式の指導ができるTOMASのシステムは、今後さらに力を発揮していくものと自負しております。
これまでの実績、ノウハウを活かし、1人ひとり丁寧に合格へと導いてまいります。1ランク、2ランク上の、夢の志望校合格に向けて、ともに歩んでいきましょう。

桜新町校のNEWS!

よく寄せられるご質問

なぜ、TOMASは個別指導塾なのに難関校への進学実績が出せるのですか?

個別指導は一般的に「補習塾」とされていますが、TOMASは個別指導なのに難関校への高い合格実績を出し、「個別指導で進学塾」というほかに例のないコンセプトです。なぜ合格実績が出せるのか。その理由は、志望校の合格ラインから逆算した個人別カリキュラムと、完全1対1による授業形式にあります。
一般的な個別指導塾にも個人別カリキュラムはありますが、集団指導と同じような必要単元が羅列してあるだけで、生徒一人ひとりに合わせた修正が行われていないケースが多く、これでは合格まで導くことはできません。TOMASでは、志望校から逆算した個人別カリキュラムを作成し、そのカリキュラムに基づき、完全1対1の黒板付きブースで指導を行います。さらに授業の進捗に応じてカリキュラムの修正を何度も繰り返す点が、ほかの個別指導塾との根本的な違いであり、合格実績が出せる理由になっています。

どんな先生が教えてくれるのですか? 変更はできますか?

TOMASには業界トップクラスの待遇があるからこそ、優秀な講師がたくさん集まります。そして、すべての講師は初期研修・板書研修・模擬授業・検定試験などを通して、個別指導講師としての技術を磨いています。
指導を担当する講師の選定は、ご家庭からのご要望や志望校をふまえ、担任である教務社員やチーフ講師が責任をもって行います。選定後は、初回授業から数回にわたってお子様とのマッチングを確認します。万が一相性が合わないときは担任に遠慮なく相談してください。さらに広い角度から講師を選定いたします。

カリキュラムや教材はどのように決めるのですか?

カリキュラム作成にあたってはまず、本当に行きたい「夢の志望校」を決めることから始めます。次に、志望校合格に必要な力と現状の力の「差」を埋めるための合格逆算カリキュラムを作成します。百人の生徒がいれば、まさに百通りのカリキュラムがあるのです。
教材は、オリジナルのテキストや定番の問題集、志望校の過去問など、一人ひとりの学力や目的、ご要望に応じて最適なものをセレクトします。学校の教材・副教材、定期テストや模試の問題を使って指導してほしいなどのご要望にもお応えします。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る