[TOMASは、個別なのに進学塾。]

個別指導というと、学校や塾でわからなかったことを教えてもらう「補習塾」のイメージが強いのではないでしょうか。 しかしTOMASは、個別指導でありながらハイレベルな進学指導を行い、難関校への高い合格実績を出しています。 個別なのに進学塾は、TOMASだけ。そのヒミツをご紹介していきます。

ANSWER1
夢の志望校を決めることから始めます。

あなたは、どのような基準で志望校を選びますか?
偏差値だけでなく、校風や教育理念、将来の進路、そして何よりも、夢やあこがれ、わくわくする気持ちを基準に選ぶことが大切だとTOMASは考えています。本人にとってもご父母にとっても、妥協のない志望校を選ぶ。皆が共通の夢をもつ。そこを出発点として、ご家族とTOMASの合格ストーリーがはじまります。



ANSWER2
合格逆算カリキュラムを作ります。

志望校に合格するためには、合格に必要な力から現在の力を差し引いた「差」を埋めていく必要があります。その差は一人ひとり異なりますから、TOMASでは、百人百様の個人別カリキュラムを作成します。作成するだけなら、ほかの個別指導とそう変わらないかもしれません。授業の進捗に応じて細かな軌道修正を何度も繰り返し、生徒の成長とともに進化させていくのが、TOMAS流カリキュラムの違いです。

作っただけでは終わらない。毎月練り直される、“あなただけ”の合格戦略。



ANSWER3
完全1対1個別指導を行います。

志望校を決め、合格逆算カリキュラムを作成したら、次はいよいよ「実行」です。一人ひとりのカリキュラムを確実に、責任をもって実行するためTOMASでは、「生徒一人に講師一人」という環境にこだわっています。講師は専用のホワイトボードを使い、立って、緊張感のある授業を行います。あなたの夢の実現に100%向き合うための「完全1対1個別指導」なのです。

これがTOMASの個別指導。理想の環境を追求したら、こんなかたちになりました。

すべての授業が完全1対1

1対2や1対3の個別指導では結局、先生が巡回して質問に答える「自習時間」とあまり変わりがありません。TOMASでは、ひと部屋に生徒一人に講師一人。学校の授業と同じように講師は板書をしながら、あなたのためだけに授業をします。


発問・解説中心の90分授業

質問に答えるだけ、一方的に解説するだけ。そのどちらでもない独自のスタイルです。講師が発問し生徒が答え、講師が解説する。その繰り返しで授業が展開されます。生徒の理解度を確認しながら進めるだけでなく、議論を通して思考力を磨くねらいもあります。


実績豊富な講師陣

質の高い個別指導を実現できるのは、優秀な講師がいるからこそ。各教科・各校の入試に精通し、合格実績のある講師陣を業界屈指の高待遇で確保しています。社会人プロ講師、有名大学・院生講師の中から最適なマッチングを行い、成果が出ない場合は交代も可能です。



ANSWER4
担任制で責任をもって成績を管理します。

学習効果を上げるためには、指導の質ばかりでなく、生徒を取り巻く関係者が相互に理解し、信頼関係を築くことが重要です。TOMASでは、生徒、保護者、講師、そして担任の四者が一体となり、緊密なコミュニケーションをとることを何より大切にしています。保護者・生徒面談のほか、日常的な連絡手段として、家庭と教室との電話によるホットラインを設け、目の前のハードルを一つひとつ乗り越えていきます。

四者が一体となり、日々の課題解決にあたるクラス担任システム。

同じ講師が一貫して指導するのは当然のこと、講師の指導・マネジメントにあたる担任社員が責任をもって成績を管理。このクラス担任システムこそがTOMAS独自のノウハウであり、ほかの個別指導塾との大きな違いといえます。



ANSWER5
結果として、高い合格実績で違いを証明しています。

勉強の進んでいる生徒は、個別指導ならさらに効果的な学習が可能になり、その結果、集団指導進学塾と比較して驚くほどの成果が得られます。つまり本物の個別指導なら、2ランク、3ランク上の難関校へ合格できるのです。実際にTOMASでは、多くの生徒たちが、大きな伸びしろをもちながら夢の第一志望校に合格しています。本物の個別指導なら、難関校への高い合格実績が出せる。ここにいる生徒たちが、証明しています。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る