医学部受験対策の特長

TOMASがもつ
医学部合格のノウハウを結集
厳選されたプロ講師の
マンツーマン指導+α

POINT1

生徒1人に先生1人の
完全1対1個別指導

メディックTOMASは、生徒1人に先生1人の完全個別指導です。各校の出題傾向や頻出問題など、医学部の入試問題を熟知したプロ講師が、板書を用いた講義形式の授業を展開。発問-応答を繰り返し、生徒が完全に理解・定着するまでじっくり指導します。

POINT2

医学部入試に精通した
プロ講師陣

メディックTOMASでは、TOMAS全校の中で特に医学部合格実績の高い実力講師や、大手予備校・医系専門予備校で実績のある講師を確保。各教科のスペシャリストが授業を担当します。

POINT3

現役の難関医大生による
サポート

T.A.とは、東京大(医)、東京医科歯科大(医)、千葉大(医)、横浜市立大(医)、慶應義塾大(医)、東京慈恵会医科大(医)、順天堂大(医)、日本医科大(医)などに在学する現役医大生です。現役の医大生だからこそ知っている合格のための勉強法、解答方法を伝え、実戦力を鍛え上げます。 教科の質問にも対応します。

POINT4

生徒一人ひとりの合格戦略を
司る担任システム

メディックTOMASでは、医学部受験のスペシャリスト(担任)が、生徒一人ひとりの医学部合格に必要な全科目のカリキュラムの進捗管理、運用から受験校の選定、面接、小論文対策、出願書類作成のアドバイスまで、トータルで面倒を見ます。



医学部合格のための目的に応じた利用法

医学部合格に必要な
すべてが揃い
すべてが完結できる
こだわりの環境をご用意

自習室写真

授業の復習やルーティンワークに

自習室

メディックTOMASでは、宿題やルーティンワークも個人別カリキュラムに従って管理しています。これらを計画的に進めることができるよう、総数70席の自習室を完備。個別授業で理解し、自習で定着させるというサイクルを校舎内で完結させることができます。

個別指導ブース写真

全室ホワイトボード付き個室

個別指導ブース

全室ホワイトボード付きの個室です。講師は、学校の授業のように立って板書をしながら、緊張感ある授業を展開します。生徒・講師・ホワイトボードの位置が三角形になっていること、講師は生徒の手元が見える距離に立つことなど、独自のこだわりが詰まった空間になっています。

エントランス写真

エントランス

広々としたカウンターで入室した生徒を出迎えます。退室の際は学習状況をここで確認。

面談室写真

面談室

生徒・保護者面談は落ち着いた環境でじっくりと。気になることはいつでも相談できます。

T.A.エリア写真

T.A.エリア

現役医大生T.A.から指導を受けるオープンスペース。過去問などの参考書も揃っています。

お近くのTOMAS各校舎でも
医学部コースの指導が
受けられます。

2019年度入試ではTOMAS高田馬場校から東大(理Ⅲ)、本厚木校から京都大(医)、成城学園校から千葉大(医)、西日暮里校から慶大(医)など、最難関大医学部へ多くの合格者を出しています。

首都圏駅前86校 校舎検索はこちら


医学部医学科合格者の声

実際に多くのお子様が
医学部医学科に
合格しています。

東京大(理Ⅲ) 慶應義塾大(医) 日本医科大(医)

■ 女子学院高出身

TOMAS高田馬場校

雲丹からアメーバに降格、
それでも合格!

覚えることが嫌いで、集団塾ではサボりがちだった科目を、個別指導で見張られることでサボらずに頑張れました。先生には叱咤され続け、あだ名が『雲丹』から『アメーバ』に降格しました。それでも、私が合格を勝ち取れたのは、鈴木先生(私はおじさんと呼んでいました)が、高い水準で、私に合わせることなく、引き上げて下さったおかげだと思います。ここで一句。アメーバでも、合格できる、理科三類。

京都大(医)

■ 県・厚木高出身

TOMAS本厚木校

推薦やこれからの入試に
対応できるTOMAS

京大特色入試では、ポスターの通り「意欲」や熱意、自発性を高く評価している。TOMASでは、講師と一対一の非常にアクティブな授業を受けることができる。私の担当講師は元研究職の方で、科学的課題に仲間として向かい合う態度を養うことができた。入試改革と世間で騒がれているが、TOMASではこれからも様々な生徒のニーズに応えてくれるに違いないと確信している。ありがとう!

筑波大(医) 順天堂大(医)東北医科薬科大(医)

■ 東京工業大附科学技術高出身

メディック市ヶ谷本部校

メリハリをつけて勉強
ペースメイクはメディックで

根詰めすぎると途中で続かなくなるとわかっていたので、ペース配分には気を使いました。メディックで受講している英語、数学は受験までの学習計画を綿密に立てて管理していただいたことで無理なく進められました。受験は長期戦なので、ときには散歩などの息抜きもはさみつつ、上手に過ごすと良いと思います。

国際医療福祉大(医) 日本大(医)

■ 東京女学館高出身

メディック市ヶ谷本部校

正確や得意不得意を考慮
独自の指導で追い上げ成功

集団授業の予備校にも在籍していましたが、メディックTOMASでは完全1対1の個別指導であることを活かし、自分の性格や得意分野・苦手分野を見きわめて、時と場合によって教え方やカリキュラムを調整しながら指導を進めていただきました。過去問演習については時期や解く問題、添削などすべて先生方が管理して下さいました。

千葉大(医) 順天堂大(医) 東京慈恵会医科大(医)

■ 駒場東邦高出身

TOMAS成城学園校

受験を乗り切るために

受験を乗り切るために大事なことは、友人、先生、自信だと思います。友人は、自分が悩んでいることなどを気軽に話すことができたり、気分転換になるので、とても重要だと思います。次に、先生は、より専門的なことを聞くことができます。先生を信頼して積極的に相談することが大切です。そして最後は自信。受験は自分を信じることが一番重要だと思います。この3つのことを大切にして勉強するということを意識して頑張って下さい。

札幌医科大(医) 東京医科大(医)北里大(医)

■ 暁星高出身

TOMAS東戸塚校

意 識

個別指導の強みは、自分だけのカリキュラムを先生方が組んでくださる上に、1対1で丁寧に分かるまで教えて頂けるという点です。ただし肝に銘じておくべきなのは、勉強は受動的では全く意味が無いということです。ただ宿題をこなす、ただ話を聞く、それではダメです。分からない所は極力自分で考え、調べ、それでも分からない所をまとめて授業で聞きましょう。たったこれだけで授業の質は大幅に変化し、成績も伸びます。意識1つです。頑張ってください。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る