メディックTOMASの特徴

TOMASがもつ
医学部合格のノウハウを結集
厳選されたプロ講師の
マンツーマン指導+α

POINT1

生徒1人に先生1人の
完全1対1個別指導

メディックTOMASは、生徒1人に先生1人の完全個別指導です。各校の出題傾向や頻出問題など、医学部の入試問題を熟知したプロ講師が、板書を用いた講義形式の授業を展開。発問-応答を繰り返し、生徒が完全に理解・定着するまでじっくり指導します。

POINT2

医学部入試に精通した
プロ講師陣

メディックTOMASでは、TOMAS全校の中で特に医学部合格実績の高い実力講師や、大手予備校・医系専門予備校で実績のある講師を確保。各教科のスペシャリストが授業を担当します。

POINT3

現役の難関医大生による
サポート

T.A.とは、東京大(医)、東京医科歯科大(医)、千葉大(医)、横浜市立大(医)、慶應義塾大(医)、東京慈恵会医科大(医)、順天堂大(医)、日本医科大(医)などに在学する現役医大生です。現役の医大生だからこそ知っている合格のための勉強法、解答方法を伝え、実戦力を鍛え上げます。 教科の質問にも対応します。

POINT4

生徒一人ひとりの合格戦略を
司る担任システム

メディックTOMASでは、医学部受験のスペシャリスト(担任)が、生徒一人ひとりの医学部合格に必要な全科目のカリキュラムの進捗管理、運用から受験校の選定、面接、小論文対策、出願書類作成のアドバイスまで、トータルで面倒を見ます。



医学部受験に最適な環境

医学部合格に必要な
すべてが揃い
すべてが完結できる
こだわりの環境をご用意

自習室写真

授業の復習やルーティンワークに

自習室

メディックTOMASでは、宿題やルーティンワークも個人別カリキュラムに従って管理しています。これらを計画的に進めることができるよう、総数70席の自習室を完備。個別授業で理解し、自習で定着させるというサイクルを校舎内で完結させることができます。

個別指導ブース写真

全室ホワイトボード付き個室

個別指導ブース

全室ホワイトボード付きの個室です。講師は、学校の授業のように立って板書をしながら、緊張感ある授業を展開します。生徒・講師・ホワイトボードの位置が三角形になっていること、講師は生徒の手元が見える距離に立つことなど、独自のこだわりが詰まった空間になっています。

エントランス写真

エントランス

広々としたカウンターで入室した生徒を出迎えます。退室の際は学習状況をここで確認。

面談室写真

面談室

生徒・保護者面談は落ち着いた環境でじっくりと。気になることはいつでも相談できます。

T.A.エリア写真

T.A.エリア

現役医大生T.A.から指導を受けるオープンスペース。過去問などの参考書も揃っています。

お近くのTOMAS各校舎でも
医学部コースの指導が
受けられます。

2020年度入試ではTOMAS成城学園校から東大(理Ⅲ)、本八幡校から東京医科歯科大(医)、三鷹校から慶大(医)、立川校から筑波大(医)など、最難関大医学部へ多くの合格実績を出しています。

首都圏駅前86校 校舎検索はこちら


医学部医学科合格者の声

実際に多くのお子様が
医学部医学科に
合格しています。

東京大(理Ⅲ) 慶應義塾大(医) 東京慈恵会医科大(医)

■ 桐朋高出身

TOMAS成城学園校

早めの対策

TOMASでは中学生の時から英語と数学をハイペースで進めてもらいました。中3の時点で高校数学のほとんどが終わり、英検準1級も取得することができたので、それ以降の勉強はかなり余裕を持って進めることができました。高校生になってからは英語を中心に教わりました。入試本番でも得点源になりました。TOMASでは自分の理解に合わせて速く勉強を進めることができるのが私には合っていたと思います。成城学園校の先生方には感謝しています。

筑波大(医) 北里大(医)杏林大(医)

■ 日本女子大附高出身

TOMAS立川校

日々前進、日々向上

受験勉強を進める中で、結果が出ず落ち込むことがあると思います。しかしふと立ち止まり、自分の歩いてきた道を振りかえると、いつの間にかここまで登ってきたのだなと実感できる瞬間が必ずあります。途中の順位は関係ありません。絶対に最後まで諦めないでください。私は大の数学嫌いでしたが自分が数学で戦えると思えたのは、国立の二次試験前日でした。最後の最後まで、学力は伸びます。断固として勝つ!という強い気持ちを持って耐え抜いて下さい。

慶應義塾大(医) 東京医科歯科大(医)日本医科大(医)

■ 攻玉社高出身

TOMAS三鷹校

毎日コツコツ続けて

高2になってからほぼ毎日TOMASの自習室で勉強していました。本格的に受験勉強をはじめたのは部活を引退した高2冬くらいですが、その前からコツコツと勉強をして積み上げてきたものは受験勉強において強固な土台となりました。受験を終えて高2で部活でつかれても自習室で少しでも勉強したことが自分が受験を成功した大きな理由の1つであることを確信しています。

日本医科大(医) 北里大(医)東京理科大(理工)

■ 多摩大附聖ヶ丘高出身

TOMAS新百合ヶ丘校

偏差値40からの医学部合格

TOMASでは勉強について一から教えてもらいました。TOMAS入塾の高1の3月まで全く勉強してこなかった私に先生方は授業についてだけでなく自習などについても丁寧に指導していただきました。その結果、医学部に合格することができ先生方にはとても感謝しています。勉強は誰にでもできる。周りの頭が良い奴も少し前から勉強していただけ。だから少しだけでもいいから周りよりも勉強しよう。そしたら合格は見えてくる。

日本医科大(医) 昭和大(医)杏林大(医)

■ 日本大第二高出身

TOMAS高田馬場校

母への恩返し 特待合格!

高2から、受験生としての心得を授業毎に鈴木先生に厳しく指導されていましたが、正直「それ、大事か?」と思っていました。でも、しかられたくなかったのでなんとなく従ってすごしてきました。高3になり、霜村先生にまで同じようなことを指導され、それでも直前まで半信半疑でしたが、今ふり返ると、先生方に注意され、母に言われていたことが大事だったと思うことができます。ボク、成長したんです。受験して。

京都府立医科大(医) 順天堂大(医)

■ 武蔵高出身

TOMAS自由が丘校

心に余裕をもって!

僕は高3の7月末まで部活をしていました。TOMASでは練習とかぶらないように授業を組んでくださり、部活と勉強の両立ができました。部活を引退してからは自習できる時間が増え、個別の良さを生かして多くの質問をさせていただきました。受験勉強中は多くの不安に悩まされますが、そんな時こそしっかりと計画を立てて自分がしなければならないことを理解すべきだと思います。そして「きっと、うまくいく」と思って頑張ってください。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る