大宮校 2月開校!

メディックTOMAS 大宮校2月開校

お問い合わせ
0120-65-1359 受付時間 10:00-20:00 (土日祝も受付)
校舎外観イメージ

ACCESS

大宮校マップ
○ 最寄り駅
大宮駅[JR線]

大宮駅北口の「ニューシャトル大宮駅」を目指して、駅構内を進みます。シャトル駅のすぐ手前、右側にマクドナルドが見えたら、左手の出口からデッキに出ると右手正面にJR大宮西口ビルがあります。その4階がメディックTOMAS大宮校です。
※TOMAS大宮校は隣のJACK大宮ビル2階です。

○ 住  所
〒330-0853 埼玉県さいたま市大宮区
錦町682-1 JR大宮西口ビル4階

←入り口は一階
です。

テ ー マ 医学部入試分析報告会(国公立大・私立大総集編)
詳  細 2021年度医学部入試をメディックTOMASのプロ講師陣が徹底分析。
大学ごとの出題傾向や求められている力、今後やるべきことについてお伝えします。
会  場 パレスホテル大宮
日   程 2021年3月21日(日)
時   間 14:00 〜 16:00
申込方法 こちらの申し込みフォームよりご予約ください。

医学部受験専門!
メディックTOMAS校舎内の様子
※市ヶ谷本部校の画像です。

コロナ対策イメージ 02

高さ190㎝の防御壁で隣室と区切られた個別ブースで授業を行います。生徒と先生の間には、飛沫感染防止用の大型ビニールカーテンを設置しています。

コロナ対策イメージ 01

カウンターや、すべての面談室に飛沫感染防止ガードを設置し、校舎全体で感染症防止に努めています。

T.A.指導イメージ

メディックTOMASのT.A.は演習指導や受講科目以外のカリキュラム管理などを行っています。

T.A.指導イメージ

医学部受験に精通した社会人プロ講師が完全1対1で指導。発問・応答の繰り返しで「確実にわかる」まで徹底的に教えます。

自習室イメージ

定期的に医学部入試ガイダンスを開催。正しい勉強法やねらい目の学校など、難関突破に直結する最新情報を提供しています。

医学部入試ガイダンスイメージ

清潔感に溢れ、集中しやすい個別ブースが並ぶ自習室。主に日中は高卒生や再受験生、夕方から夜にかけては現役中高生が利用しています。

メディックTOMASは
ここが違う

生徒1人に先生1人の 完全1対1個別指導

写真

メディックTOMASは、生徒1人に先生1人の完全個別指導です。各校の出題傾向や頻出問題など、医学部の入試問題を熟知したプロ講師が、板書を用いた講義形式の授業を展開。発問-応答を繰り返し、生徒が完全に理解・定着するまでじっくり指導します。

医学部入試に精通した プロ講師陣

写真

メディックTOMASでは、TOMAS全校の中で特に医学部合格実績の高い実力講師や、大手予備校・医系専門予備校で実績のある講師を確保。各教科のスペシャリストが授業を担当します。

現役の難関医大生によるサポート T.A. [ ティーチング・アシスタント ]

写真

T.A.とは、東京大(医)、東京医科歯科大(医)、千葉大(医)、横浜市立大(医)、慶應義塾大(医)、東京慈恵会医科大(医)、順天堂大(医)、日本医科大(医)などに在学する現役医大生です。現役の医大生だからこそ知っている合格のための勉強法、解答方法を伝え、実戦力を鍛え上げます。 教科の質問にも対応します。

生徒一人ひとりの合格戦略を司る 担任システム

写真

メディックTOMASでは、医学部受験のスペシャリスト(担任)が、生徒一人ひとりの医学部合格に必要な全科目のカリキュラムの進捗管理、運用から受験校の選定、面接、小論文対策、出願書類作成のアドバイスまで、トータルで面倒を見ます。

医学部入試ガイダンス

日  時 テ ー マ 会  場 受  付
2月14日(日)
10:00-12:00
医学部入試分析報告会(私立大編) アルカディア市ヶ谷
2月21日(日)
10:00-12:00
医学部入試分析報告会(私立大編) 横浜ベイシェラトン
2月21日(日)
14:00-16:00
医学部入試分析報告会(私立大編) 吉祥寺東急REIホテル
2月24日(水)〜
3月3日(水)
医学部入試分析報告会(私立大編) オンライン配信
3月21日(日)
10:00-12:00
医学部入試分析報告会(国公立大・私立大総集編) アルカディア市ヶ谷
3月21日(日)
14:00-16:00
医学部入試分析報告会(国公立大・私立大総集編) パレスホテル大宮
3月28日(日)
10:00-12:00
医学部入試分析報告会(国公立大・私立大総集編) 横浜ベイシェラトン
3月30日(火)〜
4月6日(火)
医学部入試分析報告会(国公立大・私立大総集編) オンライン配信
過去に開催したガイダンスレポートはコチラ お申し込みはコチラ 年間実施予定はコチラ 過去に開催した
ガイダンスレポートはコチラ

合格者の声!

合格者写真
*

京都大(医)合格 日本医科大(医) / 関西医科大(医)

 
[ 慶應義塾高 ]

模試ではあぶりだせない弱点を埋める

模試の成績は良かったのですが「自分はまだ本質をしっかりと理解していない、これでは京大入試では通用しない」と自覚していました。自己流でごまかしている部分や、勘で解いている部分などを徹底的に鍛えなおすために、個別指導のメディックTOMASを選びました。前半は理系科目を中心に受講していましたが、直前期には英語と国語も追加して、京大の二次試験で減点されない答案作成の仕方を叩き込んでいただきました。

合格者写真
*

山梨大(医)合格 国際医療福祉大(医)

 
[ (県)横浜翠嵐高 ]

最短で効率的に成績を上げるために

野球部の活動、体育祭準備などで秋までずっと忙しい状況が続くので、限られた時間の中で効率的に勉強を進めたいと思い、高3の7月にメディックに入りました。苦手だった英語は文法を基本から見直し、比較的得意だった数学では、自分でも気づいていなかった弱点を先生に見抜いてもらって潰していきました。また、自分の志望校に通われている現役の医大生の方にもよく相談に乗っていただき、メンタル面でもサポートしていただきました。

合格者写真
*

高知大(医)合格 東京医科大(医) / 国際医療福祉大(医)

 
[ (県)柏陽高 ]

センター試験のボーダー突破が最重要課題

国公立医学部進学を目指していたので、センター試験で八割後半とれるかが勝負でした。苦手科目である英語は文法問題でよく失点をするので、メディックの授業ではどんなに基本的な文法事項であっても、恥ずかしがらずに質問するよう心掛けていました。センター試験本番では不安だった英語も9割を超え、全体でも87%弱とれたので、自分と相性の良い大学を担任・講師と協議して高知大に狙いを絞った結果、無事合格できました!

合格者写真
*

東京慈恵会医科大(医)合格 日本医科大(医) / 昭和大(医)

 
[ (県)長岡高 ]

3浪目で念願の医学部合格

模試の成績は良かったものの、試験本番だとなぜか点数が伸びず、気づけば3浪目を迎えていました。今年で最後と決めてメディックTOMASに入ったところ、自分の課題は捨て問の見極めが苦手なことや、満点が狙えない生物に時間を割きすぎて満点が狙える物理を後回しにしていたことなど、学力というより戦略面にあったことが発覚。マンツーマンの丁寧な指導で「点の取り方」が上手くなり、悲願の医学部合格を手にすることができました。

合格者写真
*

昭和大(医)合格 藤田医科大(医) / 東北医科薬科大(医)

 
[ 桐蔭学園高 ]

「行きたい」大学を推してくれたメディック

どこの塾にするか検討していた時に、メディックの面談で「今の成績でも狙えそうな所ではなく、本当に行きたい大学を目指そう」と言ってくれて、他の塾と違う対応に勇気をもらい、ここで頑張ろうと決めました。前年度は自分の弱点を自覚しつつも放置していたので、メディックでは自分の弱点を先生に全て伝えて克服することから始めました。暗記に頼らず本質を理解していくことで、初見の問題にも対応できる力を育てていただきました。

合格者写真
*

防衛医科大(医)合格 秋田大(医) / 東邦大(医)

 
[ 桐蔭学園中等教育 ]

理数系は集団指導、苦手な英語はメディック

浪人が決まり、現役で医学部に合格した友人が通っていたメディックに入ることにしました。得意な理数科目は大手予備校で学び、メディックでは英語を受講。防衛医大は秋に学科試験があるため一足早い夏から過去問演習に入れるようにカリキュラムを組んでもらいました。メディックの授業では教科指導だけでなくメンタル面でも支えてくれたので、最後までモチベーションを保ち、国公立後期と、防衛医大の合格を勝ち取ることがました。

メディックTOMAS
医学部医学科 合格実績
[ 市ヶ谷本部校・横浜校の2校の合計 ]

2020年度

国公立大学

京都大 1名 / 東京医科歯科大 2名 / 東北大 2名 / 筑波大 1名 / 山梨大 1名 / 高知大 1名 / 愛媛大 1名 / 秋田大 1名 / 防衛医科大学校 6名 計16名

私立大学

慶應義塾大 1名 / 東京慈恵会医科大 9名 / 順天堂大 9名 / 日本医科大 9名 / 大阪医科大 1名 / 昭和大 16名 / 関西医科大 1名 / 東京医科大 7名 / 国際医療福祉大 14名 / 東邦大 13名 / 日本大 5名 / 北里大 9名 / 杏林大 6名 / 帝京大 4名 / 東京女子医科大 7名 / 東海大 2名 / 藤田医科大 3名 / 岩手医科大 2名 / 東北医科薬科大 3名 / 獨協医科大 3名 / 埼玉医科大 7名 / 聖マリアンナ医科大 7名 / 金沢医科大 2名 / 川崎医科大 1名 計131名