難関中学入試問題分析

基本情報

試験時間:50分/配点:100点/
1問あたりの処理時間:4.2分/
途中式:あり/作図:あり

[出題傾向]
武蔵生にふさわしい思考力を問う

B4用紙1枚に1題ずつの計4題の出題です。平面図形、整数、場合の数、条件整理の出題頻度が高い傾向があります。また、和と差、割合、速さに関する文章題もよく出題されます。平面図形や文章題は定番とされる問題が多い一方、整数、場合の数、規則性では思考力や作業力を要求するものが出題されやすく、やや差がつきやすい内容になっています。

算 数 頻出テーマ

1

平面図形

2

場合の数・
条件整理

3

割合と比

[問題分析]
失点できない前半、勝負の後半

大問1の数と規則・和と差、大問2の平面図形では差はつきません。大問3の場合の数は、作業量が少なく標準的な内容なので高得点を狙いたいところです。大問4の条件整理は文章が長いものの内容は易しく、文意を理解してから取り組めば問題ないでしょう。大小関係を導き出せるかどうかが分かれ目になります。

[対 策]
「他者に伝える能力」を鍛える

本校入試の特筆すべき点と言えば、何と言っても「オール記述形式」でしょう。記述への慣れは一朝一夕では生まれないので、常日頃からの取り組みが欠かせません。模範解答や学友が書いた良い答案をよく見て参考にすること、作成した答案を先生に添削してもらうことを繰り返してください。近年の出題難易度はやや易化していますが、難化に備えて高難度のものまで学習することをおすすめします。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る