TOMAS西日暮里校

教室責任者:小林 龍右先生 開校11年目を迎え、優れた実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出しました。合格の舞台裏について、校長の小林先生にお話を伺いました。

−−今年もTOMAS西日暮里校から多数の合格者が出ました。特に中学受験において地元での安定した評価を獲得していますね。

小林先生: 今年は中学受験で麻布中、女子学院中、駒場東邦中などに合格者を輩出しました。難関中をめざす志の高い生徒が集まりますので、そうした生徒に対応できるハイレベルな志望校対策に力を入れています。開成中のお膝元ということで、御三家中入試に精通した優秀な講師陣が揃っていることも西日暮里校の強みです。

−−今年、麻布中に合格した生徒さんの入会時のようすは?

小林先生: 入塾当初から麻布中を志望していたM君がTOMASに来たのは、小5のときでした。きっかけは、それまで通っていた集団塾で、国語と算数の偏差値が下がったこと。成績の低迷に気をもんだお母様が、友だちの紹介でTOMASを訪ねてきたのです。ついつい小言を言ってしまうと悩んでいたお母様に、「志望校対策はすべて安心してお任せください」とお伝えしました。

−−どのような方針で指導を始めましたか?

小林先生: まずは、国語の苦手意識を克服することから。集団塾で消化不良になっている点をあぶりだし、1対1で補強していくことにしました。お母様も1対1でみてもらえることに信頼を寄せてくださり、心の余裕をもてるようになったと喜んでくださいました。担当講師との相性も良く、入会直後に国語の成績が急伸、1カ月後のテストで偏差値が5も上がりました。集団塾で自信を失っていた本人も、合格への手ごたえを感じたようです。

−−早い段階で結果が出たのですね。

小林先生: そうですね。M君の成績が低迷している理由を的確に見抜けたことがよかったですね。国語では、問題文を読むスピード、記述問題の解答スピード、記述問題の文章構成・表現力が課題でした。

−−麻布をはじめ問題の大半が記述問題である学校を受験する際、対策のカギは何ですか?

小林先生: 試験時間の配分がカギです。いかに記述問題に時間を使うことができるかが勝負になります。そのために、スピードの向上が克服すべき大きな課題のひとつでした。また、入塾当初は文章を「。」で区切らずに一文で書いてしまうなど、文章力・表現力も乏しく、採点者に内容が伝わらないことも課題でした。記述対策は、一人ひとりの「クセ」を根気よく直していくことが重要です。

−−スピード向上のためにはどんな対策をしましたか?

小林先生: 早い時期から過去問を使って、時間を意識するようにさせました。まず、授業の1週間前に過去問の解答を提出してもらいます。その際、「問題文を読み終えた時間」「解き終わった時間」を大問ごとに記録させました。時間内に解き終わらなかった問題があったときは明確に区別させるなど、時間を徹底的に意識することを宿題のルールとしました。

−−宿題の管理が徹底していますね。

小林先生: そうですね。宿題をしっかり管理した上で、授業前に担当講師が記述問題を添削し、誤字脱字、語尾の一貫性、文章の区切りをチェックします。さらに授業では、生徒と一緒に各設問を振り返りながら配点をしていきました。この配点作業によって、生徒自身が自分の記述解答のどこが得点源になっているかを学びながら、解き直しを進めることができたので、得点力も向上していきました。

−−スピードを上げることで、精度が下がるという心配はありませんでしたか?

小林先生: たしかに、問題文を読むスピードを上げると、どうしても読解力が低下してしまいます。そこで、どのような問題が出題されるかを考えながら読む「コツ」を教えました。完全1対1の個別授業では、目の前の生徒がリアルタイムで問題を解くようすを観察できるので、生徒の個性に沿って、臨機応変に指導方法を変えられるのもメリットです。

−−成績が伸びず、志望校をあきらめてしまう受験生も多いですが、アドバイスをお願います。

小林先生: 大学受験難化の影響で、中学受験者数も増加傾向にあり、今後ますます難化していくと予想されます。しかし、そこで志望校のランクを落とす必要はありません。スポーツ選手に優秀なコーチがついて結果を出していくように、受験勉強も一緒に伴走してくれる優秀なコーチがいれば高い目標に挑戦することができます。偏差値が足りない場合も、志望校の過去問と生徒の弱点に沿った完全個別指導で逆転合格は可能です。夢の志望校を最後まであきらめることなく挑戦してほしいと思います。

2020年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS西日暮里校

小林 龍右 先生 開成中のお膝元として、難関中学受験に精通し、毎年安定した合格実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出した。開校11年目を迎えた西日暮里校より合格の舞台裏をお届けする。

小川顕先生

TOMAS巣鴨校

泊 真史 先生 ベテラン講師を多く抱え、東大、国立医学部、御三家中など優れた実績を出し続ける巣鴨校。2020年度も筑駒中、麻布中、桜蔭中、早慶附属高など難関校合格者を多数輩出した。伝統と実績を重ね続ける巣鴨校より合格の舞台裏をお届けする。

五十嵐 龍彦 室長

TOMAS川口校

五十嵐 龍彦 室長 県内屈指の進学校が名を連ねる浦和と、東京都との間に位置する川口市。生徒の進学希望先は都内と浦和方面に二分される。TOMAS川口校ではどちらのニーズにも応え続けており、2020年度入試では筑駒中(開成中も合格)1名、早稲田中2名、早稲田実業中1名、浦和明の星女子中1名、浦和第一女子高1名、市立浦和高1名、青山学院高等部1名、巣鴨高1名、お茶の水女子大1名、千葉大1名、上智大1名など多方面に多くの合格者を輩出。

森本 淳校長

TOMAS三鷹校

森本 淳 校長 20年以上の歴史をもち、ベテラン講師が多数在籍するTOMAS三鷹校。20年度入試では慶應義塾大学医学部(国立の東京医科歯科大学も合格)1名、東京慈恵会医科大学医学部1名、筑波大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名、中学受験では桜蔭中、慶應中等部への合格者輩出。

森本 淳校長

TOMAS千葉校

水野 哲也 校長 今年TOMAS千葉校が快挙を達成した。東の最難関東京大学、西の最難関京都大学、両方への合格者を輩出したのだ。さらに中学受験でも、女子学院中に3年連続で合格者を出すなど、安定して高い合格実績を出し続けている。

百田 洋平教室長

TOMAS海浜幕張校

百田 洋平 教室長 開校わずか1年半の海浜幕張校が20年度入試で大躍進を遂げた。 東京大学文科二類1名、早稲田大学政治経済学部1名、桜蔭中1名、雙葉中1名、渋谷教育学園幕張中1名の合格者を輩出。
千葉御三家では市川中、東邦中、昭和学院秀英中に多数合格し、市川中と東邦中については受験者の合格率七割を達成。

山中 雄治校長

TOMAS大森校

山中 雄治 校長 大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶応義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

松村 啓次郎副校長

TOMAS高田馬場校

松村 啓次郎 副校長 20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部に2名、国公立の新潟大学医学部に1名、東京女子医科大学医学部に1名の進学者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

2019年度記事一覧

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る