TOMAS多摩センター校

左から
講師:加藤 裕貴先生
校長:河野 敦先生
2021年度大学入試において、開校からわずか2年目にして東京工業大、日本医科大、筑波大、慶應義塾大、横浜国立大など、多くの難関大合格者を輩出した多摩センター校。
管轄するのは新百合ヶ丘校と兼任で校長を努める河野先生。大学受験に強い点は同じでも、生徒の育て方には違いがあるという。河野校長と加藤先生、上原先生にお話を伺った。
※上原先生は都合によりこの日はオンラインで参加。

「新百合ヶ丘校の特徴は、長く通っている生徒が多いこと。 何年もかけて、東大や医学部合格レベルまで育てます。」

開校2年目でいきなり多くの合格実績が出ましたね。

河野校長: 多摩センター校、新百合ヶ丘校ともに大学受験に強い校舎であることと、生徒たちの通う高校などは一緒です。大きく異なるのは在籍期間。
新百合ヶ丘校は5年〜6年という長い期間通って合格を勝ち取った生徒が多い一方で、多摩センター校は開校2年目ということもあり、在籍期間が1年弱〜1年半の生徒が中心です。
もちろん、早ければ早いほどより確実に、合格に必要な力をつけさせることができます。とは言え、残された期間を延長することはできません。
入会時期から試験までの期間に合わせたカリキュラムと、加藤先生や上原先生といったトップ講師の指導によって、短期間での志望校合格も可能となります。

21年度大学受験合格実績でTOMAS全校中第二位の新百合ヶ丘校と、多摩センター校を管轄する河野校長。

具体的にどのような指導を行っていったのでしょうか。

上原講師(オンラインで参加): ではまず、6月に入会し東工大に進学した生徒から。
彼は東工大に行きたいという意思がとても強く、理系科目はそれなりに力がありました。しかし英語が壊滅的で、このままでは入試でも足を引っ張ることは明白でした。
時間が十分にあればしっかりと基礎を固めた上で共通テスト対策を行い、東工大や併願校である早慶の過去問演習に入ります。
ところが、試験まで8カ月しか残されていなかったのですべてをこなす余裕はありませんでした。

そこで、しっかりとした基礎固めと、東工大の過去問演習に的を絞り、共通テストと併願校の対策はほとんど扱わないことにしました。二次試験の記述問題に解答できる下地を作るために10月まで文法構文などの基礎固めに取り組み、11月から東工大の過去問演習に専念させました。
幸いなことに東工大は共通テストで600点以上とれれば合否判定時にはカウントされないので、足切りラインを突破するだけの点がとれれば問題ありません。

結果は共通テストも早慶も理系科目でカバーでき、東工大、早慶すべて合格。

もちろん本人の努力あってのことですが、東工大に特化した対策ができたことと、理系科目を加藤先生が仕上げてくださったことで、作戦勝ちできたケースだと思います。

加藤講師: 数学物理化学はもともと得意で、私が受け持った段階で、すでに過去問で答えにはたどり着ける状態でした。
ですが、得点がもらえるような答案ではなかったので、半年かけて得点力を育てていくことにしました。
理系科目については下地はあったので、東工大だけでなく早慶含めて自由記述の過去問に数多くあたらせることができました。

東大京大、開成麻布など、中受から大受まで最難関校合格実績を多数もつ加藤講師

同時期に英語は基礎的な内容を、理系科目ではトップレベルの指導を行っていたのですね。

河野校長: 生徒によって、さらには科目によってカリキュラムを作り込むのがTOMASの強みです。
担任だった鈴木副室長は特にカリキュラムに強いこだわりをもっていて、講師と相談しながら丁寧に作成し、指導開始後もこまめに調整を重ねていました。

続いて早慶と横浜国立大の理工学部に合格した生徒についてお聞きします。

河野校長: 彼は新百合ヶ丘校から千葉大に合格した藤田君とは同級生で、桐光学園でトップを争うライバルでもありました。

加藤講師: 入会は高2の秋で、私は3年に上がるタイミングで担当になりました。
序盤は単元学習を行い、数Ⅲの全範囲の履修を終えてからは実際の入試問題を扱った演習に移行しました。授業時間をフル活用するために事前に問題を解いてきてもらい、授業では解説や答案のブラッシュアップに時間を割きました。
横国より上の国立大を狙っていたのですが、共通テストが思わしくなかったため横浜国立大と早慶を受験しすべて合格。学ぶ内容を優先して横浜国立大に進学しました。

文系の生徒の指導についてもお聞きします。

上原講師: 慶應経済に合格した生徒はTOMASでは英語と小論文を受講し、私は小論文を担当しました。
自分の意向や疑問点をハッキリと言葉にしてくれる生徒だったので、こちらも向き合いやすかったです。

小論文の指導は、具体的にはどのようなことをするのですか?

上原講師: 慶應の小論文は課題文を正確に読み取る力を問われるので文章を正しく読めているか、また必要な背景知識が入っているか、など本人の現状での力量を細かく見ていきました。
答案の添削では表現力や文章構成力をチェックして、もっと良い表現や構成ができるところを指摘し、減点されうる箇所は一つひとつ正していきました。
夏から着手し12月頃までは思うように書けず苦労していたようですが、コツを掴んでからは安定して良い答案が書けるようになりました。

加藤講師: まだまだお話したい生徒はたくさんいますが、尺の都合もあるかと思いますので、日本医科大に合格した武藤さんのお話は本人のインタビュー記事をご覧ください。

日本医科大(医)合格 武藤知香さんのスペシャルインタビューはこちら

続いて中学受験、高校受験の事例があればお願いします。

河野校長: 残念ながらありません。
まだ中学受験、高校受験で最難関を狙う生徒がほとんど在籍していないからです。
加藤先生や上原先生は中高でも最難関への指導実績がありますし、他にも指導できる優秀な先生が揃っています。鈴木副室長も多摩センターに来る前は中学受験が大変盛んな地域の校舎にいたので、担任としての指導実績は豊富です。
合格させられる環境はあるのに、目指す生徒がまだほとんどいないので、非常に勿体ない状況です。多摩地区の皆様、今がチャンスです!

多摩センター校の強みはどんなところでしょうか?

河野校長: 冒頭でも触れましたが、カリキュラムです。
受験学年は過去問演習期間をしっかり確保することが重要です。
いつから過去問演習に入るかを最初に決めたら、進捗に遅れがないかこまめにチェックし微調整を加え、予定通りの時期に演習に入れるようにします。
受験本番まで残り一年を切っているようなケースではカリキュラムの作り込みと運用開始後の徹底した管理が特に重要で、多摩センター校はそれが得意な担任と講師が揃っています。
実績としては国立大や早慶以上が注目されがちですが、偏差値50くらいの高校からマーチへの合格者も複数出ています。これもカリキュラムがしっかり機能した成果でしょう。

多摩センター校から中学受験、高校受験での合格者が出る日が楽しみですね。最後におひとりずつ今後の抱負をお願いします。

加藤講師: 東大京大、御三家中などの最難関に合格させることはもちろんこれからも追求していきたいと思いますが、大事なのは本人の志望校に合格させることです。
成長の過程を間近で見守り、合格の瞬間に立ち会うことができるこの仕事が本当に好きなので、これからも目の前の生徒一人一人をしっかりと志望校に合格させていきたいと思います。

上原講師: 生徒一人ひとりが違う成長を見せるので、毎年新たな発見と学びがあります。
指導を通して自分自身ももっと成長し、生徒たちに還元していきたいですね。

河野校長: 近隣校舎として新百合ヶ丘校や南大沢校など、多くの実績を出している大型校舎があります。多摩センター校はまだ開校して間もないため実績という面では見劣りしますが、今日お話しした通り、指導力では遜色ありません。
周辺にお住いの皆様にもっとTOMAS多摩センター校の魅力を知っていただけるよう、まずは目の前の生徒たちを志望校合格に導いていきます。

校舎に飾られている2021年度合格者たちのポスター。 校舎に飾られている2021年度合格者たちのポスター。
ほかにもたくさん貼ってあります。

2021年度記事一覧

新井校長

TOMAS 川越校 新井校長

開校8 年目を迎えた川越校。 2021 年度入試において、大学受験と中学受験の頂点とも言える東京大、開成中への合格者を輩出しました。この他早稲田中、浦和明の星女子中、東京外国語大、埼玉医科大、 ICU 高など多くの生徒が夢の志望校への合格を達成。

河野校長

TOMAS新百合ヶ丘校 河野校長

2021年度大学入試ではTOMAS全校中第2位という素晴らしい合格実績を叩き出した新百合ヶ丘校。主な合格実績は千葉大(医)、東京慈恵会医科大(医)、新潟大(医)、北里大(医)、東京外国語大(言語文化)慶応義塾大(文)、早稲田大(理工)など。

河野校長

TOMAS中野校 北原副校長

2021年度入試では女子御三家の桜蔭をはじめ、駒場東邦や海城など難関中学に多数の合格者を輩出した中野校。第一志望にこだわる校長と指導歴20年以上のベテラン講師が、難関校合格の舞台裏を語る。

鈴木洋介校長

TOMAS戸越校 鈴木 洋介室長

2021年度入試では麻布中に2名の合格者を輩出。そのほかにも海城中や浅野中、洗足学園中など難関中学の合格実績多数。開校から5年、毎年着実に合格実績を伸ばしている。

TOMAS池袋校 小澤 正樹校長

TOMAS池袋校 小澤 正樹校長

2021年度入試では開成中、慶應義塾高、北里大医学部など全ての受験で難関校合格者を輩出。コロナ禍で計画通りに学習が進まない中、どのようにして躍進を遂げたのか。校長とチーフ講師が合格の舞台裏を語る。

TOMAS多摩センター校 河野校長

TOMAS多摩センター校 河野校長

開校から2年目の多摩センター校。2021年度大学入試において、わずか二年目にして東京工業大、日本医科大、筑波大、慶應義塾大、横浜国立大など、多くの難関大合格者を輩出した。

メディックTOMAS横浜校 鍋屋室長

メディックTOMAS横浜校 鍋屋室長

2017年の開校以来、国公立大医学部や難関私立大医学部へ多くの合格者を出し続けているメディックTOMAS横浜校。直近の2年間では横浜市立大(医)、山梨大(医)、高知大(医)、順天堂大(医)、国際医療福祉大(医)、防衛医科大(医)などへの合格者を出している。

2020年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS西日暮里校

小林 龍右 先生 開成中のお膝元として、難関中学受験に精通し、毎年安定した合格実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出した。開校11年目を迎えた西日暮里校より合格の舞台裏をお届けする。

小川顕先生

TOMAS巣鴨校

泊 真史 先生 ベテラン講師を多く抱え、東大、国立医学部、御三家中など優れた実績を出し続ける巣鴨校。2020年度も筑駒中、麻布中、桜蔭中、早慶附属高など難関校合格者を多数輩出した。伝統と実績を重ね続ける巣鴨校より合格の舞台裏をお届けする。

五十嵐 龍彦 室長

TOMAS川口校

五十嵐 龍彦 室長 県内屈指の進学校が名を連ねる浦和と、東京都との間に位置する川口市。生徒の進学希望先は都内と浦和方面に二分される。TOMAS川口校ではどちらのニーズにも応え続けており、2020年度入試では筑駒中(開成中も合格)1名、早稲田中2名、早稲田実業中1名、浦和明の星女子中1名、浦和第一女子高1名、市立浦和高1名、青山学院高等部1名、巣鴨高1名、お茶の水女子大1名、千葉大1名、上智大1名など多方面に多くの合格者を輩出。

森本 淳校長

TOMAS三鷹校

森本 淳 校長 20年以上の歴史をもち、ベテラン講師が多数在籍するTOMAS三鷹校。20年度入試では慶應義塾大学医学部(国立の東京医科歯科大学も合格)1名、東京慈恵会医科大学医学部1名、筑波大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名、中学受験では桜蔭中、慶應中等部への合格者輩出。

森本 淳校長

TOMAS千葉校

水野 哲也 校長 今年TOMAS千葉校が快挙を達成した。東の最難関東京大学、西の最難関京都大学、両方への合格者を輩出したのだ。さらに中学受験でも、女子学院中に3年連続で合格者を出すなど、安定して高い合格実績を出し続けている。

百田 洋平教室長

TOMAS海浜幕張校

百田 洋平 教室長 開校わずか1年半の海浜幕張校が20年度入試で大躍進を遂げた。 東京大学文科二類1名、早稲田大学政治経済学部1名、桜蔭中1名、雙葉中1名、渋谷教育学園幕張中1名の合格者を輩出。
千葉御三家では市川中、東邦中、昭和学院秀英中に多数合格し、市川中と東邦中については受験者の合格率七割を達成。

山中 雄治校長

TOMAS大森校

山中 雄治 校長 大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶応義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

松村 啓次郎副校長

TOMAS高田馬場校

松村 啓次郎 副校長 20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部に2名、国公立の新潟大学医学部に1名、東京女子医科大学医学部に1名の進学者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

2019年度記事一覧

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る