TOMAS二子玉川校

(右)副校長:細野智仁先生
(左)チーフ講師:鈴木広美先生
開校10周年を迎えた二子玉川校。2015年には大型商業施設もオープンして街は賑わいを見せる中、校舎規模も成長を続け生徒数300人に迫る勢いです。合格実績も躍進を続け、2018年度入試では東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次ぎました。細野副校長と、開校当時からチーフ講師を務める鈴木講師にお話を伺いました。

「志望校合格という人生の通過点を乗り越えさせ、生徒たちが夢に向かって突き進む手助けができればと思います。」

−−18年度入試もすばらしい合格実績でしたね。今年東大に合格した生徒はどのような受験生でしたか?

細野副校長: TOMASには中2のときに入会しました。最初は漠然と医学部を志望していたのですが、高校に進学してから将来何をしたいのか真剣に考えるようになり、志望校を東大に変更しました。

鈴木講師: 東大をめざすと決めてから一気に成績が伸び始めました。英語は高2の終わりには、難関大の過去問に取り組めるレベルまで達していましたね。
東大の過去問に取り組む前に旧帝大や、早慶の問題を解かせたところ、これは問題なく解けた。しかし、いざ東大の問題を解いてみると通用しない。苦戦らしい苦戦はこのときが初めてだったかもしれません。東大英語に特化した指導をするとともに、英作文では「解いては添削」を繰り返しました。地道な努力が奏功して秋の模試ではA判定。これには驚きました。

細野副校長: 今、自分が抱えている課題、鍛えなければいけないところを自らしっかりと把握していて、毎回の授業も「今日の授業ではこの単元を習得する」「この部分を克服する」など目的を明確にして臨んでいました。他の難関校に合格した生徒たちも含め、伸びる生徒は①自分の課題を自分で把握している②毎回の授業の目的やゴールを明確にしている、この二つにあてはまることが多いです。

−−桜蔭中に合格した生徒についてもお聞かせください。

細野副校長: 将来は医師をめざしており、医学部に強い桜蔭が第一志望と決めていました。早く力をつけさせたいという親御さんの意向で、年長からTOMASに入学。少々早めのスタートだったため、完全独自のカリキュラムを作成して指導にあたりました。前倒しで学習を進めた結果4年生の段階で過去問に取り組めるレベルまで到達しており、受験では併願校含めすべて合格することができました。
この生徒も毎回の授業に目的意識をもって臨んでおり、自分が今何をしなければいけないかをわかっていましたね。

−−自分の課題を理解し、授業に目的意識をもって臨むことが大切なのですね。

細野副校長: その通りです。TOMASには板書五項目(日付、生徒名、講師名、科目、本日の目標)というものがあり、二子玉川校では、この板書五項目を重要視しています。特に本日の授業のテーマや目標を授業開始時に講師と生徒でしっかりと確認し、白板に記すことで授業に臨む姿勢も変わってきます。
この板書五項目は担任への情報共有にも役立っています。私たち担任は巡回しながら各授業の板書五項目を見て回り、授業後には生徒の書いたノートや、講師の指導レポートをチェックすることで、きちんとゴールに向けて学習できたかを確認しています。

鈴木講師: 合格する生徒は自習室での様子も特徴的です。姿勢がちょっと崩れていたり、ウトウトしたりする生徒もいる中で、ずっと微動だにせずひたすら集中し続けている。必要だと考えている学習時間の基準も一般的な受験生より多いんですよ。先ほどの東大に合格した生徒は高2の時点で週に40~50時間は勉強していましたが、それでもまだ足りないと言っていました。
2年前早稲田大に合格した生徒は、校舎の開く朝八時半(夏期講習期間中)まで近くのファストフード店で勉強し、開室時間中はTOMASで勉強、校舎の閉まる22時以降も同店で勉強する生活を送っていました。1日15時間くらい勉強していたかもしれませんね。

細野副校長 「指導上特別なことはやっていません。板書五項目やノートチェックなど、基本に忠実な指導を続けることが大切」と語る細野副校長。TOMASには長年培った指導ノウハウがあり、教務担任は皆それを徹底している。

−−合格するには意識を高くもつことが必要なのですね。では、意識が低い生徒を受け持った場合、どのように指導されるのでしょうか。

細野副校長: 残りの期間と、合格に必要な学力から逆算したカリキュラムを作成して提示します。いつまでにこの段階に到達していなければならない、ということを可視化するのです。受験までの期間が長いと危機感が湧かない生徒もいるので、その場合は1週間のスケジュールを生徒自身に記入させることもあります。それまで口頭では「土日は1日10時間くらいやっていますよ」と言っていた生徒が、実際に詳細を記入してみたところ、半分以下の勉強量だったことが発覚しました。無駄な時間も浮き彫りになるので言い逃れはできません。

鈴木講師: 生徒の様子の変化に気づいてあげることも重要です。今まではやる気があったのに、最近どうも勉強に身が入っていない。そんな生徒に対し頭ごなしに「集中しなさい!」と叱ってもやる気は下がる一方でしょう。何かつらいことがあったり、悩みを抱えていたりするのかも知れません。本音を丁寧に引き出し、状況に応じた指導に切り替えることで、再びやる気を取り戻させるようにしています。

鈴木講師 「何を教わりたいか、自分の意見を言うのが苦手な生徒もいる。そういう生徒と信頼関係を築き、導いていけるのも個別指導の面白さです。」厳格な印象の鈴木講師だが、生徒との思い出話になると笑みがこぼれる。

−−1対1の個別指導だからなせる指導ですね。お二人にとってこの仕事の魅力とは?

細野副校長: もともと子どもが好き、教えることが好きだったので、教育業界には興味がありました。その中でも個別指導は、一見不可能と思われるような成績からでも逆転合格させられるところが面白いと思います。集団授業だと偏差値で輪切りに判断せざるを得ない面もありますが、個別指導だと、その生徒に必要なところをピンポイントで補強できる。最後まで合格を信じ頑張る受験生たちの姿から自分もエネルギーをもらっていますし、期待に応えなけばという想いも強まります。

鈴木講師: 一生懸命やれば見返りがあるということですね。たとえその時はつらくても、頑張れば頑張った分だけ成果として生徒に返ってきます。頑張った本人も、ご両親も、そして指導をする我々も、皆が幸せになれる仕事だと思っています。

−−最後に、今後の二子玉川校の目標を教えてください。

細野副校長: おかげさまで御三家中や慶應附属高、東大・早慶大などへの合格実績を積み重ねてくることができました。これからは医学部への合格実績も今まで以上に出していきたいですね。
この辺りは医師の方が多くお住まいになっており、二子玉川校にも医学部を志望するご子息が多く在籍しています。彼らをしっかりと夢の志望校に合格させて、「医学部に強い二子玉川校」にしていきたいと考えています。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る