TOMAS笹塚校

(左)校長:奥原健司先生
(右)チーフ講師:藤田和宏先生
2016年度の中学入試で、駒場東邦中1名、桜蔭中3名、豊島岡女子学園中3名・浦和明の星女子中3名、立教女学院中1名等々、多数のお子様の夢を実現させた笹塚校。それほどの実績を生み出した秘密とは、なんなのでしょうか。取材の中で見えてきたのは、正解だけに留まらない学習指導と、お子様に寄り添って夢を見つけていく進路指導でした。

「大事なのは子どもに夢を見せること。夢の志望校にこだわることが合格につながる」 奥原校長

–今年の指導を振り返ってみて、多数の合格実績をどうお感じになりますか。

奥原校長: 良い結果になりましたが、特に新しいことをしたわけではありません。今まで積み重ねてきた実績が地元に根付いた結果と受け止めています。最難関を望む保護者様のネットワークの中で「最後に頼れるのはTOMAS」とのご信頼をいただき、優秀なお子様の後押しができたのだと思います。

藤田講師: 今年、御三家に合格されたお子様の場合、小3の頃から入会された生徒と、口コミで他塾からいらした生徒が約半々でした。長くTOMASに通っていた生徒はもちろん、他塾で悩みを抱えた生徒たちも上手く指導できたのだと思います。

「将来の夢を具体的に持っていないお子さんもたくさんいます。夢を見せて、引き出してあげることも大切です」と奥原校長

–他塾から来られるお子様は、どんな悩みを抱えていますか?

藤田講師: 「特定の教科が伸び悩んでいるのに、どうしていいか分からない」「成績の上下動が激しい」といったことですね。集団塾は勉強量こそ多いのですが、どうしても質的にきめ細やかさには欠けてしまう。基礎力のある生徒でも、それが志望校の出題に合わせてカスタマイズできていなければ、成績も安定しません。

–笹塚校では、どんな指導をされるのですか?

藤田講師: まず、生徒の悩みの原因を探ります。国語で重視しているのは「ちゃんと読めているか」。読んだ気になっていても読み切れていない、内容を把握できていないことが多いですから。1回1回、1問1問、読み方を徹底的に確認します。

奥原校長: 笹塚校では「正解だからOK」で先に進むことはしません。どう考えて答えたのか、その根拠まで掘り下げます。それは算数でも同じ。例えば、「王道シリーズ」の例題をノートに貼って、途中過程までていねいに書かせる指導をしています。

藤田講師: カリキュラムもそれに合わせてどんどん修正。授業ごとではなく、授業中でも常に志望校を頭に入れてリアルタイムに変更します。

–他塾とのダブルスクールの生徒はいましたか?

奥原校長: はい。最難関校に合格した生徒も、他塾で悩みを抱え、TOMASなら解決できると頼ってくださった生徒です。

–最難関校に合格するために一番重要なことはなんですか?

奥原校長: できるだけ早い時期から計画的に目指すことです。中学受験は、小学校の学びだけで対応できるものではありませんから、できるだけ早い時期に範囲を終え、演習・練習の時間を作ることが大切。できれば小6になる前の春休み、どんなに遅くてもゴールデンウィークからは演習を始めたいですね。今年、御三家に合格した生徒は、小5のうちに範囲を終えていました。

藤田講師: 小5で範囲を終わらせるためには、小4から準備を始めたのでは1年しかない。遅くとも小3の夏休み明けには先取りを始めないと厳しいかも知れません。受験勉強は残り時間との勝負です。

校舎は笹塚駅南口の「笹塚幼稚園」近く。渋谷区や中野区、世田谷区などから生徒が通う。

–最難関校に合格するお子様に共通点はありますか?

奥原校長: 個性はみんなまるで違います。強いて言うなら「素直な子」「自分で考え、行動できる子」でしょうか。自分で考えられる生徒は「この学校に入りたい!」という強い意志がありますから。

–そういうお子様はなかなかいないのではないですか?

藤田講師: はじめから成熟した考えができるわけではありません。大事なのは「夢を見せる」こと。面談や雑談の中で「どんな職業に就きたい?」と聞き、「そのためにはこの学校が良いよね」と繋げてあげる。先々が見えることで生徒の気持ちが高まっていくのです。

奥原校長: 具体的な将来の夢がない子の場合は、趣味の話でもいい。野球が好きなら野球部の強い学校の話、ドラえもんが好きならロボット工学に強い大学の話など、なにかしらヒントはある。その目標から逆算した「夢の中学校」を見せるのです。そのために、学校説明会にも行きますし、先輩たちの生の声も聞きます。実際に志望校に通っている先輩が身近にいるのもTOMASの強みですね。

–子ども自身から夢を引き出されているのですね。

奥原校長: はい。小学生ですから、生徒本人が気づいていない本心を引き出す事も大切です。例えば、授業の後で生徒に感想も聞きますが、それだけで終わりにはしません。「今日の授業のことをおうちで話してね」と話し、家庭での会話が終わった頃を見計らって電話もします。生徒の話しぶりや表情、宿題のでき具合、ご家庭での様子。そのすべてに注意を払い、模試の結果だけでなく「何かあるな」と思えばすぐ面談します。

受験勉強は残り時間との勝負。御三家レベルをめざすなら、小3の夏休みから先取り学習を始めないと厳しいという。

–「夢の志望校にこだわる」とは、どんな意味があるのでしょうか。

奥原校長: 一言で言えば「成長」です。目標・夢を持って努力するようになり、その喜びを知ること。そして、達成した自信を持つこと。ただ、全員が全員、第1志望校に合格するわけではないのも現実です。ですから、第3志望、第4志望の学校も必ず視野に入れ、子ども達にも話します。仮に、公立中学に進む事になったとしても、どこか1校は必ず合格させて「合格したけど、自分の意志で行かない」という形に持って行く。「どこにも受からなかった」というトラウマは絶対に残さない、その決意をもって日々指導しています。私たちは、お子様の人生にこそ責任があるのですから。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る