TOMAS自由が丘校

(左)講師:望月 則男先生
(右)副校長:和田 周先生
開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続けるTOMAS自由が丘校。2019年度も、大学受験、高校受験、中学受験それぞれで難関校へ多数の合格者を輩出しました。今回は、和田副校長および数学担当の望月先生にお話を伺いました。

「入試改革や私大難化などに対応できるのは個別だからこそ」和田副校長

−−21年連続の合格実績ナンバー1おめでとうございます。

和田副校長: 2019年度入試において、中学受験では開成中、麻布中、桜蔭学園中、女子学院中を筆頭とする御三家中や慶應普通部・中等部、早稲田高等学院中などの早慶附属中、高校受験では学芸大附属高、慶應義塾高、慶應義塾志木高、早稲田大学本庄高などの難関高、大学受験では東大、国立医学部、早慶大などの難関大に、多数の合格者を輩出しました。TOMASでは開成・麻布・桜蔭・女子学院を中学受験重点校として、特に力を入れています。今年は重点校すべてで自由が丘校から合格者が出た初めての年でした。

−−2019年度の入試を振り返っていかがですか?

和田副校長: 自由が丘校では中学受験生が100人を超え、過去最大のボリュームになりました。
大学入試改革や私大をはじめとする大学受験の難化傾向への不安を背景として、附属校の人気が高かったのが特徴です。平均的に受験生の学力は上がっていますね。
大学受験では都内の私大難関校が急激に難化しました。国は私学助成金交付の基準を上げ、私大の定員厳格化を図っています。ここ3年間で早稲田、明治は約3000人、立教、青学は2000人ほど定員を減らしています。2020年度入試からセンター試験がなくなり、大学入学共通テストになりますが、新試験への不安を感じるトップ層が浪人を嫌って、積極的に私大併願を行ったのも私大難化の原因です。

望月講師: 早慶大はすでにかなりの難関校となりつつあり、得意な1科目をとことん伸ばして合格最低点を突破するという戦略はいまや通用しません。得意科目を伸ばしつつ、全科目を高いレベルで仕上げないと合格できません。
「奇跡の大逆転」劇をお伝えできればよいのですが、2019年度の受験は受かるべき子が受かるべき学校に受かり、「奇跡の合格」はほとんど見られないシビアな受験でした。受験日時点で合格可能性が「五分五分」の子は受からない。

−−その中でTOMAS自由が丘校は高い実績を出しています。

和田副校長: 今まで多くの受験生を勝たせてきたTOMASの勝ちパターンがありますから、それを愚直に、そしてどんどん前倒ししてやっていくというのが勝因です。入会すぐの生徒面談で、まず「夢の志望校」を決めます。それが一見「無謀」でも構いません。早い時期に本当に行きたい学校を決め、個人別カリキュラムに沿って、前倒しでやっていくことができれば、受験相応の実力が付きます。
ある生徒には高校3年生の夏までにセンター試験の過去問と模試を30年分やってもらいました。本番のセンター試験でも9割5分取れたので、早稲田大学の政治経済学部にセンター利用で合格できました。今年、早稲田大学は非常に厳しい入試でしたので、前倒しで準備していたからこその勝利だと思います。
望月先生のお話にもあったように、私大も難化し、1科目突破はできなくなっています。第1志望が国公立大か私大かに関わらず、早目に全科目を仕上げていかなければ、合格は厳しいでしょう。

−−科目ごとの指導について具体的に詳しく伺えますか?

望月講師: 数学についてお話します。高校1年生や高校2年生では『高校リード問題集』や数研出版の『4STEP』などの教科書レベルの問題集で基本的なテーマを反復することで、解法パターンを理解・定着させていきます。その後、『大学への数学』や、河合塾の『良問プラチカ』『チョイス』を使い、同じテーマをさまざまな類題を通して学ぶことで、より一層の理解・定着を図ります。同じ問題集を反復するのではなく、同一のテーマを様々な類題で学ぶことで理解は深まります。理解・定着できていない状態でも「できた」と生徒本人は勘違いしがちですが、オリジナルの確認テストを適宜やってもらい、本人が気づいていない弱点をあぶりだして、徹底的に定着を図ります。
しかし、これだけでは得点になりません。実際の入試問題は一つの問題に複数のテーマが絡んでいることが多く、パターンを見抜く分析力がなければ、解けません。この「分析力」に関しては、元々身についている生徒もいれば、なかなか身につかない生徒もいます。いわゆる数学のセンスといっていいでしょう。
センスのある生徒は、基本的な解法パターンを網羅した後は、スムーズに入試問題演習に入れる。では、センスのない生徒は数学を「捨てる」必要があるのか。そうではありません。分析ができなければ、複数のテーマが絡んだ問題をそのまま新たな解法パターンとして覚えればいい。数学の本質的な理解とは言えませんが、センスのない生徒でも得点力が身につく実戦的な勉強法です。
お伝えしたいのは、数学が得意な生徒でも苦手な生徒でも「伸ばせる」ということです。
最近、東大志望の新高校3年生に『チョイス』をやらせていたんですが、大した難問でもないのに解けていませんでした。「三角関数の合成を使えば簡単でしょう」と言ったら、ポカンとしている。「三角関数の合成」という基本的な知識がすっぽり抜けていたのですね。抜けているから、解答解説を見ても何をやっているのかわからない。数学が得意な生徒でさえ思いがけない穴があり、自分では気づけない。個別指導だから気づいてあげられる、伸ばしてあげられるということです。

和田副校長: 弱点を指摘されると大人でも嫌な気分になります。しかし、合格する生徒ほど素直に指摘を受け入れますね。生徒と信頼関係を築けているからこそ、先生は生徒をスムーズに指導できる。強い信頼関係に基づく指導は自由が丘校の強みです。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る