TOMAS練馬校

(右)室長:小池拓人先生
(左)チーフ講師:田代政夫先生
例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名、早実中1名、慶應中等部1名など多くの合格実績をあげました。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるといいます。

「志望校合格という人生の通過点を乗り越えさせ、生徒たちが夢に向かって突き進む手助けができればと思います。」

−−2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名などすばらしい実績をあげました。1年を振り返り率直なお気持ちをお聞かせください。

小池室長: 難関校に挑む生徒が多かったので、「なんとかして第一志望に合格させたい!」という気持ちで生徒たちと向き合ってきました。

田代講師: 入試当日に合格点を取れるように! とにかくそれだけを意識して指導にあたっていました。入試当日から逆算して、夏にはこの段階、秋にはこの段階に、という時期ごとに到達しておきたい段階を意識して指導していました。多少のスランプや志望校変更などがあっても大丈夫なように早め早めの準備をする。それが万事うまくいったことが結果につながりました。

−−早め早めの準備を進めるために、特に意識していたことはありますか?

小池室長: 各科目担当の先生方と密に連絡をとり、科目ごとの進捗共有はこまめにするようにしていました。例えば国公立理系を受ける生徒であれば、高3になると理系科目に追われるケースが多いので、早めに文系科目を仕上げておくことが重要です。今年東大に合格した生徒については「英語は高2夏の時点で東大の過去問に取り組めるくらいに仕上げ、国語も高3春までに固めておこう」という話を講師・担任間でしていました。その後の進捗共有もほぼ毎週行っていましたね。

田代講師: 彼の場合ずっと順調に来ていましたが、高3秋にセンター形式の模試で思うように得点できなくなるという、軽度のスランプに陥りました。しかし、早めの準備を進めていたので、焦ることはありませんでした。

−−中学受験では御三家の指導に定評がありますね。

小池室長: 今年麻布中に合格した生徒は11月末に志望校の変更がありました。 理由を聞くと「今の志望校よりも麻布の方が校風が自分に合っていると思う」というポジティブなものだったので、担当講師陣・担任一丸となってその選択を応援しようと一致団結しました。

田代講師: 入試対策については、元の志望校と問題の傾向が近かったことや、夏の段階で灘や開成などの過去問にも取り組ませて力がついていので、特に問題はありませんでしたね。

小池室長: 秋以降一時的に体調を崩す時期があり、ご家庭と相談し授業のペースを調整したこともありました。受験生である以上そういった事態も当然想定されます。早め早めの準備を進めていたおかげで無事乗り切ることができました。練馬校の講師陣は難関校に合格させてきた経験が豊富なので、いつまでにどれくらい仕上げていれば良いかの基準を持っています。教室としてノウハウを蓄積しているのが私たち練馬校の強みです。

小池室長 前倒しの学習計画を立て、余裕をもって学習することの大切さを説く小池室長。多くの合格者を出してきた小池室長の言葉には、強い説得力がある。

−−難関校をめざす上で1番大事なことは何だと思いますか?

田代講師: なるべく早く、そして強い意志をもって第一志望校を決めさせることです。東大に合格した生徒は高2から「志望校は東大!理科Ⅱ類!」とハッキリしていました。よく「MARCHにいけたらいいな」と言っている受験生を見かけます。しかし、MARCHのどこか、学部は何学部か尋ねても「う~ん、まだ決まってないです。」などと言った曖昧な回答しかできない状態では、そもそも勉強のモチベーションも上がりません。

小池室長: そこをしっかりとサポートするのが、まさに私たち担任の仕事であると考えています。ご両親や本人とじっくり話し込み、夢の志望校を明確にしていきます。中高生だと進路に迷うケースも多いので、将来やりたいことを想像させながら、「そういうことがやりたいならこの進学先がいいんじゃないかな?」と提案・検討しながら一緒に決めていくのです。

田代講師: 目標が明確であれば、モチベーションも上がります。早めに志望校が決まることで、早め早めの準備にもつながりますからね。

田代講師 練馬校で生徒を教えて18年になる田代講師。自身は文系科目の担当だが、理系科目の講師とも密に連携をとり、生徒の状況を細かく把握しながら指導を行うようにしている。

−−最後に、来年の入試に向けての意気込みをお願いします。

田代講師: やはり第一志望に合格させたい、これに尽きます。ご家庭からの期待も大きいので、しっかりと期待に応えたいと思います。

小池室長: 中学受験ではここ数年、毎年御三家に合格者を出しています。来年度入試でも志望している生徒たちがいるので受からせてあげたい。あとは、受験で第一志望校に合格するのも大事なことですが、その先の将来も見据えないといけません。まずは志望校合格という人生の通過点を乗り越えさせ、生徒たちが夢に向かって突き進む手助けができればと思います。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る