TOMAS成城学園校

(左)校長:鎌田 竜先生
(右)チーフ講師:吉山 茂先生
教育熱の高いことで知られる成城地区。集団塾、補習塾などさまざまな塾がしのぎを削る中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けています。
2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、早稲田大学高等学院1名、豊島岡女子高1名などの合格者を輩出。合格の裏には、講師たちの細やかな指導がありました。

「志望校合格という人生の通過点を乗り越えさせ、生徒たちが夢に向かって突き進む手助けができればと思います。」

−−今年千葉大医学部に現役合格した生徒はどのような受験生でしたか?

吉山講師: 彼は小4からTOMASに通ってくれており、中学受験も私が担当していました。聖光学院に進学したのですが、220人中200番という滑り込みでの合格でしたね。中1の時に国語で学年最下位を取ったと思えば、中2~中3にかけては理科が大の苦手科目になったりと、しばらくは苦戦していました。それでも根性のある生徒だったので、講師たちから厳しい言葉をかけられると、それをバネにして頑張る。中3になる頃には学年平均を安定して超えるようになっていました。

鎌田校長: 医学部をめざすにあたっては少々もめましたね。本人は高1時点で医学部進学を希望したのですが、理科の成績が良くなかったので親御さんから「医学部は難しいだろう」と。東大文系か、国公立医学部かご家庭で意見がまとまらない時期がありました。
担任としては「夢の志望校」は絶対にあきらめさせたくなかったので、理科の苦手を克服できるようカリキュラムを組んで指導していきました。厳しい指導にもしっかりとついてきてくれたので、結果的に理科も得意科目化することができましたね。

−−長い期間TOMASに在籍されていたとのことですが、どのような指導計画を立てられたのでしょうか?

吉山講師: 中学生のうちは学校での席次を上げることを意識しました。聖光学院の場合それがそのまま大学受験の結果にもつながってきますから。

鎌田校長: 中学受験を終えてから継続して通ってくれたおかげで、6年間かけて鍛えていくことができたのは大きかったと思っています。先ほどの話の通り、国語や理科で苦戦した時期こそありましたが、十分な期間があったのでしっかりと対応することが可能でした。

吉山講師 TOMAS講師歴21年の大ベテラン。成城学園校以外に国分寺校、メディックTOMAS市ヶ谷校でも指導を担当。

−−杏林大医学部に合格した生徒はいかがでしたか?

鎌田校長: この生徒も小5くらいから通ってくれていました。小中高一貫校に通っていたので、大学受験は本人にとって久しぶりの受験。学力を鍛えていく時間は十分にあったので、課題は精神面のサポートでした。完璧主義のきっちりした性格の生徒で、ものすごい努力家。その分、ちょっと崩れてしまうと一気に不安に押しつぶされてしまうんですよね。高2の時にスランプがあって、面談室で2時間話を聞いたこともありました。

吉山講師: この生徒の場合、たまに本人が「今はこれはやりたくない」と言うときは、あえて休ませたり、こちらがブレーキをかけてあげることもありました。
一方で千葉大の子の場合は厳しい言葉をかけて発破をかけるなど、生徒によって接し方を変えるようにしていました。この二人はまさに両極端でしたね。

−−慶應付属中にも多くの合格者を出すなど、毎年素晴らしい進学実績ですが、指導上特に意識していたことはありますか?

鎌田校長: 成城学園校オリジナルの…、なんてことを言えればよいのですが、特別なことは一切していません。強いて挙げるなら、生徒の現状をしっかり把握する、カリキュラムを都度修正するなどして、進捗や方向性の確認は丁寧にやっていたかもしれません。
手前味噌になりますが、過去にお通いいただいた方からの紹介で入会してくださるご家庭がとても多いです。これも、目の前の生徒ととことん向き合い続けてきたことを少しずつ認めていただいた結果なのかなと受け止めています。

吉山講師: 生徒と価値観を共有することです。通っている学校の様子は?最寄駅はどんなところ?部活は?など事前に調べたり、本人と話しながら、その生徒の環境や価値観を理解していき、生徒を理解する。そうすることで、ようやくプロフェッショナルの仕事といえる個別指導が可能になると考えています。

鎌田校長 2019年度入試に向けての抱負は?という問いに「全力で全員受からせにいきますよ、今年もご期待ください!」と答える鎌田校長。

−−この仕事のどんなところが面白いと感じますか?

吉山講師: 一人ひとり教えられるところですね。集団指導だと個々の生徒の動きや反応、性格などを見てあげられないので、私の場合ストレスがたまってしまうのです。この仕事は一人ひとりに合った言葉をかけられるのがすごく魅力的。あとは受験指導なので必ず結果が出てしまうことでしょうか。合格するという保証はどこにもありませんが、だからこそ不確実な戦いに挑む子どもたちの姿は尊いし、指導しがいがあります。

鎌田校長: 生徒や先生と話すこと、教室のみんなと一体感を生んで働けること、すべてが面白いし楽しいと感じています。子どもたちの可能性は本当にすばらしく、学ぶことや驚かされることも多いです。10年以上今の仕事を続けていますが、この気持ちはこれからも変わらないと思います。

−−成城学園校の今後の目標を教えてください。

鎌田校長: たくさん塾がある地域なので、進学塾、個別指導塾を思い浮かべるときに一番最初に思い浮かべていただけるようにしていきたいですね。そのために何をするか、もちろんこれまで通り地道に目の前の生徒と向き合い続けます。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る