TOMAS錦糸町校

(左)校長:佐久間 雄一 先生
(右)チーフ講師:安原 宏明 先生
これまでも中学・高校・大学受験と幅広い実績を積み上げ、地元の評判を築いてきた錦糸町校。特に今年の中学受験では、筑波大附属駒場中、開成中、桜蔭中、早稲田中に合格と目覚ましい成果を上げました。その秘訣とは何だったのでしょうか。取材から見えてきたのは、受験生“本人”だけではなく、ご家庭をも見つめる暖かい眼差しでした。

「ただ闇雲に苦手項目を解き続ければ良いというものではない。大切なのは、何がネックなのか、それを正確に見つけ出すこと」−佐久間校長

−−今年の錦糸町校は、大学受験では東京大への合格者を輩出し、中学受験でも御三家をはじめとする超・最難関校の合格実績を出しました。この1年を振り返っていかがでしたか。

佐久間校長: 実りある1年でした。御三家や筑波大附属駒場中といった“高い志”を持つ生徒をしっかりと指導できたことが大きいですね。しかし、彼らにしても決して「凄い天才」だったわけではありません。正直なところ、筑駒中や桜蔭中に合格した生徒は他の集団塾の授業について行けずに悩み、TOMASに来ました。2人が通い始めたのは小5の春でしたが、最初は“普通の生徒”という感じでした。

−−集団塾ではどんな悩みを抱えてしまったのでしょうか?

佐久間校長: シンプルに「成績が上がらない」「授業の進度に理解が追いつかない」ということでした。こういう悩みを抱える方は多いのですが、ほとんどの場合、その原因は本人の能力ややる気とは関係ありません。集団塾には塾固有の教え方と言いますか、“言語”があるものなんです。その“塾の言語”と生徒本人の“思考言語”が一致していれば素早く理解できる。しかし、そこにズレがあると能力はあっても理解に時間がかかり、結果として授業に付いていけなくなってしまう。本校は個別指導ですから、一人ひとりの“生徒の言語”で相談するように教えることができるわけです。

安原講師: 授業では、生徒の発想を受け止め、それを発展させるように進めています。授業中も講師と一緒になって“ああでもない、こうでもない”と解法を考え、よく話しながら学んでいます。もちろん、その発想は一人ひとり違うもの。それに対応できるのは個別指導なればこそ、ですね。

「成績不振の悩みは生徒自身の能力・やる気よりも教え方に原因があることがほとんど。生徒一人ひとりに寄り添った指導が功を奏す」と佐久間校長。

−−具体的に、どのような指導・授業だったのでしょうか?

佐久間校長: まず、何が理解できて、何がネックなのか。それを正確に見つけ出すことです。本人や保護者の方も漠然と「グラフが苦手」「物語文が苦手」と感じてはいますが、そういう自己診断が正しいとは限りません。ただ闇雲に苦手項目を解き続ければいいというものではないのです。

安原講師: 今年の2人に関して言えば、算数、特に図形には苦労していましたね。問題図を見ても、どこに注目したらいいのかわからない。例えば、集団塾で講師が説明するときは、黒線の図に赤や青の線で「ココに注目!」とやりますよね。しかし、実際に生徒がテストをするときは黒の鉛筆一本で解けなくてはいけない。こうした“授業での理解”と“テストでの作業”のギャップはありました。

−−どのようにギャップを埋めていかれましたか?

安原講師: 初歩からお話ししますと、まず図の分解です。例えば、平行四辺形の中にある三角形に注目するとします。普通なら図の中の三角形だけ色を塗ればわかりやすいのですが、黒鉛筆1本ですから真っ黒になってしまう。そこで注目するパーツだけを取り出して別の図を書くように指導します。難関校ともなると、1つの小問でも図が1つではない。思考の段階に沿って注目する図形がどんどん変わり、2つ3つと細かく書く必要があります。その作業に慣れたら、次は「どこに注目する?」と投げかけます。ここで答えられれば、理解が進んだということです。

佐久間校長: 最終段階は、最短時間で解くための手法を習得してもらいます。短い時間で解ければ、演習量も多くこなせて、定着も深まる。この段階をステップアップしていきます。

筑駒中に合格した生徒の算数の個人別カリキュラム。漠然と苦手科目に時間をかけるのではなく“何がネックなのか”を正確に見つけ出す。

−−なるほど。国語はいかがでしたか?

佐久間校長: 多くの場合、読解力不足に悩んでいます。そうした生徒なら「短い文章に分解して読む」ことから始めます。どんな生徒でも単文なら読めますから、そこから少しずつ長くしていきます。

安原講師: 今年、指導した2人に関してはそこまで深刻ではありませんでした。ただ、最難関校をめざす以上は読めるだけではダメ。記述までできて初めて得点になるので、記述の精度を高める必要はありました。そのために、とにかく添削に力を入れました。生徒が書いたものを一言一句、それこそ1文字ずつチェックしては、理想の回答へ導いていくのです。

錦糸町校で数多くの生徒を難関校合格へ導いた安原講師。「最難関レベルの国語は記述までできて初めて得点になる。一字一句きめ細かい添削が不可欠」

−−1文字ですか。そこまでのきめ細かい添削も個別指導ならではですね。

安原講師: そうですね。大量の宿題を課す集団塾で、一人ひとりの解答をそこまで細かく見るというのは、事実上不可能ですから。今度、新校舎に移ったのですが、そこではあえて生徒の自習机を講師のデスクの隣に置きました。いつでも、どんな時でも目が届くようにしたかったのです。

佐久間校長: 「面倒見の良さ」は錦糸町校の特色です。それは生徒に対してだけではなく、ご家庭の方とも深い絆を心がけています。ある生徒は、受験が近づくにつれ、母親と冷戦状態になっていったことがありました。子どもからは「余計なことは言わず、見守っていて」と言われたそうですが、親としては黙って見ているのは辛いもの。そこで、あえて三者面談はせず、「生徒と私」「保護者と私」の個別面談を重ねることで、目標や方針をまとめていきました。

安原講師: 一概には言えませんが、成績の良い生徒というのは心の成長も早いものです。しかし裏返すと、そういう子ほど反抗期も早く訪れる。その中で本人もご家庭も初体験だらけの受験に立ち向かうわけです。もちろん、すべての指針は「点数」になるわけですが、だからと言って得点だけを追ってご家庭がギクシャクしては元も子もありませんし、それでは成績も伸びません。

−−ご家庭の環境や生徒の成長にまで気を配られているのですね

佐久間校長: 私たちの仕事は「生徒とご家庭の望みを叶える」こと。本人とご家庭に寄り添い、すべての悩みを解決しながら合格まで一緒に歩む。学校や集団塾ではできないことでも、個別指導の私たちならできるのです。受験で何か困っていることや不安なことがあれば、まずは私たちに相談してください。

TOMAS錦糸町校は2017年3月新校舎へ移転リニューアル。隅々まで新しく、より集中できる学習環境を整えた。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る