TOMAS立川校

(右)校長:森本 淳先生
(左)SP講師:川名裕之先生
例年、中学受験に強い教室として知られる立川校。今年度も桜蔭中2名、麻布中1名、桐朋中5名をはじめ、指導した生徒全員を第1志望・第2志望に導きました。その実績は、蓄積された優れた指導ノウハウはもちろんのこと、新たな試みにも挑戦された成果だったようです。そして、その挑戦を支えたのは“人と人の絆”だったのです。

–今年も多数の合格実績が生まれましたが、特に優秀なお子様が多かったのですか?

森本校長: そういうわけではありません。もともと優秀で成績が特出した生徒に頼るのではなく、生徒全員が第1志望か第2志望に合格できた結果です。1人ひとりが夢を叶えてくれた。それに尽きます。

–その実績を生み出す立川校の強みとはなんでしょうか?

森本校長: 講師の先生方が熱いことでしょうか。例えば、保護者の方が目に入れば、先生方は積極的に話しかけ、その日の授業や生徒の様子、「こんな難しい問題もできたんですよ!」などと話し合っています。生徒に対して深い想いがあるからこそ、保護者の方にも自発的に話したくなるのでしょうね。

川名講師: それはありますね。生徒や保護者の方だけでなく、講師同士も生徒について話し合う機会が多い。立川校には、講師同士が気楽に集まれるスペースが用意されていて、みんな休み時間ごとに顔を出しています。そこでも、生徒の話題になりますから、自分の教えていない教科についても頭に入っている。その子について知れば知るほど、気持ちも入ります。

桜蔭中の合格発表にて。「他塾で悩みを抱え、TOMASなら解決できると頼ってくださった生徒が多いです」と森本校長。

–情報の共有ができているのですね。

森本校長: 生徒の様子や現状は1教科を教えているだけではなかなか把握しきれない。情報共有は重要です。それに、一番大切なのは1教科の出来不出来ではなく、集大成としての合格ですから。

川名講師: 実際、こんなことがありました。桐朋中を目指して順調に指導してきた生徒が、突然「暁星中も受ける」と言い出したんです。ところが、暁星中は問題の個性が強く、試験まで残り1~2日。もう速攻で対策を講じました。「明日、先生を集めて会議して……」なんて余裕はないですし、全員が全教科の状況を把握していたからこそ、その1~2日で対策を仕上げられたのです。

–他塾とのダブルスクールの生徒はいましたか?

森本校長: はい。最難関校に合格した生徒も、他塾で悩みを抱え、TOMASなら解決できると頼ってくださった生徒です。

–どんな悩みでしたか?

川名講師: 私が見た生徒は、国語に悩みを抱えていました。ただ、本人やご家庭が考えていた悩みと、その子が抱える本当の問題点は別でした。本人は「説明文が苦手」と言っていましたが、よくよく答案を見てみると、ある形式の問題だけが取れないだけ。むしろ、得意だと思っていた物語文の弱点の方が深刻。読み、解くスピードが遅く、最後の長い記述が丸々空欄になりがち。集団塾で「最後の問題に10分残せ」と指導されたそうですが、急いだら、今度はその前の問題が荒く、バツだらけになってしまった。成績の波が激しい生徒は、おおよそこうしたことが原因なのです。

「集団塾で成績の波が大きい子は、自分の弱点を正しく分かっていないことが原因の場合がほとんど」と川名講師。

–個人指導だから本当の問題点を解決できたわけですね。

川名講師: それがTOMASの良さだと思います。また、特に今年は生徒との雑談を多くするようにしました。というのも、小学生に「なにか困ってることはある?」と訊いても、答えてくれないからです。言わないのではなく、実は本人も困っていると気づいていない。中高生なら自分の問題点を意識できますが、小学生はそこまで成熟していません。そこで、こちらから雑談をして見つけ出すことにしたのです。

–具体的に、どのような問題点が見つかりましたか?

川名講師: 例えば、ある生徒が「○○ちゃんに勝ちたい」とポロッとこぼしたことがありました。仲の良い友だちなのに、勝ちたい。それは本心だと思いますが、生徒自身は幼いながらも“友だちを出し抜きたい自分”に罪悪感を持っていたようです。今までは「一緒に合格しようね」と話していましたが、今年は「じゃあ、勝つためにこの勉強をしよう」と、その生徒の本心を真正面から受け止めることにしました。

–競争心を煽る指導だったのですか?

川名講師: ちょっと違います。例えば、テニス部をイメージしてください。相手がいないと練習になりませんし、自分より上手い同級生がいれば、「あいつに勝ちたい」となりますよね。そして、最後には大会で他校と戦って「俺たちがんばったよな!」となる。受験とは言え、せっかく全力で取り組む機会なのですから、その醍醐味を味わってほしかった。実際、その生徒も、友だちも「私たち、精一杯やったもんね」と話し合っていました。合否もさることながら、精神的に大人になってくれたことが嬉しかったです。

–生徒の心にも気を配っているわけですね。

川名講師: もちろんです。最初は言われた通りに勉強していた子が、「何をしたらもっと点が取れますか?」「どうしたらもっと早く解けますか?」と自分から訊いてくるようになる。夢にこだわるからこそ、心も可能性も伸びていく。1人ひとりの成長に寄り添える、最高の仕事だと感じています。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る