TOMAS四ツ谷校

(左)副校長:浅野 忠美先生
(右)SPE講師:櫻井 英史先生
2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

「志望校合格という人生の通過点を乗り越えさせ、生徒たちが夢に向かって突き進む手助けができればと思います。」

−−去年は開校1年目にして開成の生徒を東京大(文Ⅰ)、そして今年は筑駒の生徒を東京大(理Ⅰ)に合格させました

浅野副校長: どちらも最難関高校の生徒でしたので、もともと頭のよい生徒でした。今年合格した生徒は、昨年東大受験に失敗し、どうしても東大への夢を諦めきれない中でTOMASを知り、直前の10月に入会しました。

−−10月入会だと受験までギリギリでしたね。東大に向けての課題は何でしたか?

櫻井講師: 理系科目は万全で、英語だけが足をひっぱっていました。特に東大二次の2A・2Bの英作文問題と、4A・4Bの文法・語彙問題に強い苦手意識を持っていました。

−−英作文を苦手にしている生徒は多いと思いますが、どのような方法で克服しましたか?

櫻井講師: 東大に合格した生徒どちらも過去問を中心にしたカリキュラムを組みました。東大の英作文の過去問を30年以上解かせ、さらに私がもっている1950年からの過去問を分析し、自作した課題を出しました。最初の頃は本人の英文に遠慮が見られ「これを書いてはいけないのではないか」「こういうことを書いたら減点になるのではないか」といったことを考えながら書いていました。

浅野副校長: 最難関の生徒によく見受けられますが、完璧を求めるあまり神経質で繊細な文章を書いていましたね。

櫻井講師: 東大の英作文は格式ばった文章を書かないといけないと思われがちなのですが、実はウィットに富んだ答えを求めているのです。そのことを授業の中で伝えたことで肩の荷が下りたようで、そこからは他の人が書けないような英文を書くようになりました。
ここ最近の東大英作文は、写真を見てそこから想像して書かせるような問題が多いです。例えばカーペットに寝そべっている猫に向かって手が伸びている写真を見せて、考えるところを英語で述べよ、といった問題です。普通はオーソドックスに書こうとしますよね。奇をてらうと×になるのではないかと。でもあの二人は躊躇しませんでした。想像力が豊かなんですね。「猫に見えるのは実は怪獣だ」みたいなことも書いていましたが、それこそ東大が求めている答えなのですよ。

櫻井講師 四ツ谷校開校時からSPE講師を務める櫻井講師。東大英語に精通し、1950年からの過去問を独自に収集し、分析した自作のデータは他の講師からも定評がある。

−−スランプはありましたか?

櫻井講師: 英作文を見ていると、生徒のいろいろな心の動きがわかります。そのときの精神状態によって英文のできに差がありました。感情豊かに出ているときもあれば、まったく違った方向に飛んでいくことも。そういう時は浅野副校長が生徒をフォローされていました。

−−英文法・語彙問題の苦手はどのように克服したのでしょうか?

櫻井講師: 入会当時はケアレスミスが多かったです。わかっているのに間違えている。知識としては身についているのに使いこなしの部分で間違ってしまうのですね。こちらが指摘すると大抵はどこが間違いなのか気づきます。
大事なのはその後です。どうして間違ったのかを本人が完全に理解できるまで、授業の中でとことん突き詰めていくのです。間違った部分だけでなく、文全体を見直すという形を取っていましたね。それがミスを撲滅できた一番の勝因だと思います。

−−東大に合格する生徒に共通点はありますか?

浅野副校長: 二人に共通していたは、自分の意見を持っているという点です。とにかく二人とも櫻井先生には授業中いろいろ質問していました。

櫻井講師: マンツーマンの授業では、講師が質問を投げかけて生徒が答えるというのが一つの形ではありますが、生徒に発問させるというのもやっぱり大事です。よく社会では「言葉のキャッチボール」が大事と言われますが、受験生に関してはキャッチボールではなく「ドッジボール」が大事だと考えています。生徒が投げる強いボールを受け止め、またこちらもそれに応えてやろうと強いボールを投げ返す。そうして信頼関係が生まれるのです。
優秀な生徒は適宜こちらを試してきます。昨年東大に合格した生徒が特にそうでした。最初世界史を見てほしいということで、東大で頻出の近世・近代を担当していたのですが、授業を繰り返す中で僕が英語も専門だということを見抜いたようで、英語を見てほしいと言われました。

浅野副校長: 保護者のほうが強いボールを投げてくることがあります。保護者は知識や情報を求めてTOMASに来ます。より新しくてより深い情報が欲しいとこちらに強いボールを投げるので、そういうボールを受け止めることが保護者の信頼につながります。

浅野副校長 四ツ谷校の強みは他校に比べてベテラン講師が多いこと。「講師陣の層の厚さが自慢です。SPE講師から学生講師までニーズに応じてマッチングしています」と浅野副校長。

−−言葉のドッジボールが生徒や保護者との信頼を勝ち取るのですね。

櫻井講師: 強いボールを受け止めるには講師の力量が必要です。それだけに講師同士の情報交換は重要ですね。四ツ谷校は先生同士の横の繋がりも強いと感じます。

浅野副校長: 講師同士の繋がりは意識しています。受験は1教科ではないので、自分の教えている教科だけというわけにはいきません。講師や社員が密に連携して、チームで合格させることを目標にしています。

2019年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS国立校

小川 顕 先生 2017年に開校したばかりの新校にも関わらず、難関校合格者を次々に出し、快進撃を続ける国立校。2019年度も御三家、駒場東邦、渋幕、渋渋、豊島岡など難関校合格者を輩出し、教育への関心が都内屈指に高い国立エリアで、「勝てる進学塾」としての確固たる評判を築きつつある。

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る