TOMAS大森校

(左)チーフ講師:平尾 仁先生
(右)校長:山中 雄治先生
20年以上の歴史をもつTOMAS古参校舎の一つ。
大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶應義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

「合格の方程式のようなものは存在しないと考えています。」

−−まずは今年の難関校合格者たちの受験当時のエピソードや指導などについて伺っていきたいと思います。平尾先生は慶應経済と文に合格した2名を担当されていたそうですね。

平尾先生: 経済学部に合格した伊藤君は中学受験で一度TOMASに通い志望校に合格しています。そのときの経験から大学受験でも再びTOMASに来てくれました。

山中校長: 中学受験のときも私が担任を務めていました。
このままでは受からないから全範囲を洗いなおしてほしいという要望でTOMASを訪ねてきたのですが、そんなことをしていては非効率的で間に合わないと判断し、徹底した志望校の過去問演習をご提案しました。
ご家庭とも相談し、指導内容を取捨選択して志望校に特化した指導を行うことでご納得いただき、結果的に志望校に合格。大学受験でも、志望校対策ならTOMASと考えてくれていたようです。

平尾講師: 11月に入会した時点で、受験校は慶應経済、上智経済-経済、上智経済-経営、東京理科大経営の4つに絞っていました。
文転した都合上、選択科目は数学、国語は古文漢文の出題無し、もしくはほとんど無しという制約の下で、自ら調べて決めたそうです。
指導内容としては、基本的な文法語法はすでに入っており語彙力もありましたが、読解問題での条件の見落しや、語法を誤って覚えているケースが散見されたので、過去問演習を通じて弱点や癖を修正・穴埋めしていきました。
英作文では、与えられた和文を別の日本語表現で同じ内容に言い換え、「英語ではこういう状況ではこういう表現を使う」と、英語独特の言い回しをよく教えていました。独特の表現を使う部分については経験値がものをいうので、慶應の過去問を10年分以上は取り組ませましたね。
上智の過去問では基本的なところで勿体ないミスをすることが時々あったので、その都度指摘していきました。入会時点ですでに7割はとれていましたが、直前期には9割とれるようになっていました。理科大はほぼ満点というところまで仕上がっていました。

山中校長: 数学については、本人はそれほど危機感を持っていませんでしたが、危うい部分が見られたので最後まで指導を実施しました。
1対1で講師が洗いざらいチェックしてみるとやはり、理解が曖昧なところがいくつも発覚してくるので、その都度補強をし続けました。
最終的には確実に合格をとりにいけるレベルまで仕上げることができたので、慶應の合格発表では不安はなく、ワクワクしながら楽しみに待つことができました。

福島 繁美先生 TOMAS特訓合宿の英語の監修も務めるベテラン講師。
穏やかな口調で丁寧な指導を行う。

−−続いて慶應文に合格した生徒についてもお聞きします。

山中校長: 彼は中学受験でTOMASに通い、合格後もそのまま6年間TOMASに通い続けてくれました。

平尾講師: 中学3年から私が英語を担当し、大学受験を見越したカリキュラムで鍛えていきました。
とはいえ、大学入試本番まではかなり時間があったので、英検やTEAPなど外部検定試験も目標に設定しながら進めていました。先取り学習の甲斐あってTEAPは高2の11月の時点ですでに上智のスコア基準をクリアしていましたね。

森本 淳先生 TOMASで生徒指導にあたって9年目。
「夢の志望校にとことんこだわらせる」指導がモットー。

−−慶應義塾大学文学部の英語は試験時間120分、大問1題、辞書持ち込み可という特徴的な試験ですが、対策はどのように行ったのですか。

平尾講師: 辞書持ち込みOKではありますが、超長文のため実際に辞書を引いている余裕はありません。それどころか、適宜読み飛ばしながら重要なところを拾っていく取捨選択も必要になってきます。彼の場合英語がかなり得意だったので、すぐにコツを掴んでいきましたが、他の生徒の場合はもう少し時間をかけて訓練していくことが多いです。

山中校長: 彼はよくも悪くも安定したペースで勉強したいタイプで、受験直前だからといって普段の倍の勉強をするなどラストスパートをかけるのには不向きと感じていました。
中学合格後もそのままTOMASに通ってくれたおかげで、一足早く高2段階で高い学力をつけることができた、それが今回の結果につながりました。

−−その他の難関校に合格した生徒についてはどのような指導を行ったのですか?

山中校長: 駒場東邦中や慶應義塾高の生徒もそうですが、多くは受験学年の春~夏に入ってきて、最初は苦手科目の克服、その後は徹底した志望校対策を行うケースが多いです。
もちろん一人ひとり苦手箇所も志望校も違うので、指導の仕方は変えていますが、大枠は変わりません。
一方で、今年の話ではありませんが、東京大学理科1類と、東京医科歯科大学医学部に進学した生徒は、二人とも中学から長期にわたってTOMASに通っていました。
東大に合格した生徒は浅野中に通っており、浅野で上位をキープすることが東大合格に繋がっていると考え、学校の授業の先取り指導を行っていました。この生徒は結果的にTOMASと学校の指導だけで東大に合格しました。
東京医科歯科大に合格した生徒は駿台との併用で、駿台の授業がかなりハイレベル且つ早い進度で進んでいくため、駿台の授業でわからなかったことをTOMASで補ったり、余裕のあるときはさらに発展的な問題を扱ったりしていました。

−−東大や東京医科歯科大に合格させられる先生がいるのは、校舎の大きな強みと言えそうですね。

山中校長: そうですね。2人を担当した中山先生、今年の慶應2名を合格させた平尾先生をはじめ、歴史の長い校舎ですので豊富な合格実績をもつ講師がたくさんいます。
また、合格実績が豊富ということは、合格まで導いた個人別カリキュラムも豊富にあるということです。TOMASだけで勝負するカリキュラム、特定の塾・予備校と併用するカリキュラムなど、いろいろなパターンのカリキュラムの成功例が豊富にあります。
過去の指導例をもとに振り返りやアレンジをおこない、カリキュラムの質を年々磨き続けています。

−−合格事例としてはやはり慶應系列が多いのでしょうか?

山中校長: たしかに慶應の附属校志望の生徒は多いです。早稲田の附属校に比べて通いやすいこともあり、慶應志望のご家庭が多い印象です。慶應中等部、慶應普通部にもこれまでに多くの合格者を出しています。慶應だけでなく、早稲田本庄に数年連続で合格者が出ていた時期もありましたし、早稲田大学や医学部への合格者も多いです。

−−やはり歴史の長い校舎だけに、多方面への合格実績を積み重ねてきているのですね。
最後に今後の目標をお願いします。

平尾講師: この仕事は生徒の人生を大きく左右する責任の重いものです。
これからも、関わった生徒たちの人生をより良い方向に導くことができるよう全力で指導にあたっていきたいと思います。
また、今年はコロナで中止になってしまいましたが、TOMAS特訓合宿の大学受験の英語の監修も担当しておりまして、合宿を通じて皆さんの志望校合格に貢献できればと思います。
高2生以下の皆さん、特訓合宿で会いましょう!

山中校長: 生徒たちを第一志望に合格させる、これに尽きます。
そのためには第一志望にとことんこだわらせることが大事だと考えています。諦めそうなときは面談で話を聞いたり、講師と作戦会議をしたり、必要に応じて保護者の方にも校舎に来ていただいたり、泥臭く徹底的に伴走しています。
平尾先生同様、この仕事は生徒の人生を大きく左右する仕事と考えているので、TOMASとの出会いが生徒の人生にとってプラスになるよう、これからも努力していきたいと思います。

2020年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS西日暮里校

小林 龍右 先生 開成中のお膝元として、難関中学受験に精通し、毎年安定した合格実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出した。開校11年目を迎えた西日暮里校より合格の舞台裏をお届けする。

小川顕先生

TOMAS巣鴨校

泊 真史 先生 ベテラン講師を多く抱え、東大、国立医学部、御三家中など優れた実績を出し続ける巣鴨校。2020年度も筑駒中、麻布中、桜蔭中、早慶附属高など難関校合格者を多数輩出した。伝統と実績を重ね続ける巣鴨校より合格の舞台裏をお届けする。

五十嵐 龍彦 室長

TOMAS川口校

五十嵐 龍彦 室長 県内屈指の進学校が名を連ねる浦和と、東京都との間に位置する川口市。生徒の進学希望先は都内と浦和方面に二分される。TOMAS川口校ではどちらのニーズにも応え続けており、2020年度入試では筑駒中(開成中も合格)1名、早稲田中2名、早稲田実業中1名、浦和明の星女子中1名、浦和第一女子高1名、市立浦和高1名、青山学院高等部1名、巣鴨高1名、お茶の水女子大1名、千葉大1名、上智大1名など多方面に多くの合格者を輩出。

森本 淳校長

TOMAS三鷹校

森本 淳 校長 20年以上の歴史をもち、ベテラン講師が多数在籍するTOMAS三鷹校。20年度入試では慶應義塾大学医学部(国立の東京医科歯科大学も合格)1名、東京慈恵会医科大学医学部1名、筑波大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名、中学受験では桜蔭中、慶應中等部への合格者輩出。

森本 淳校長

TOMAS千葉校

水野 哲也 校長 今年TOMAS千葉校が快挙を達成した。東の最難関東京大学、西の最難関京都大学、両方への合格者を輩出したのだ。さらに中学受験でも、女子学院中に3年連続で合格者を出すなど、安定して高い合格実績を出し続けている。

百田 洋平教室長

TOMAS海浜幕張校

百田 洋平 教室長 開校わずか1年半の海浜幕張校が20年度入試で大躍進を遂げた。 東京大学文科二類1名、早稲田大学政治経済学部1名、桜蔭中1名、雙葉中1名、渋谷教育学園幕張中1名の合格者を輩出。
千葉御三家では市川中、東邦中、昭和学院秀英中に多数合格し、市川中と東邦中については受験者の合格率七割を達成。

山中 雄治校長

TOMAS大森校

山中 雄治 校長 大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶応義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

松村 啓次郎副校長

TOMAS高田馬場校

松村 啓次郎 副校長 20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部に2名、国公立の新潟大学医学部に1名、東京女子医科大学医学部に1名の進学者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

2019年度記事一覧

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る