メディックTOMAS横浜校

(左)講師:河本 真一 先生
(右)室長:鍋屋 秀顕 先生
2017年の開校以来、国公立大医学部や難関私立大医学部へ多くの合格者を出し続けているメディックTOMAS横浜校。直近の2年間では横浜市立大(医)、山梨大(医)、高知大(医)、順天堂大(医)、国際医療福祉大(医)、防衛医科大(医)などへの合格者を出している。
国公立医学部への合格率が高い理由は? 合格の舞台裏を取材した。

「狙った大学で合格点を突破することに的を絞った指導をしています。戦略的に勉強しないと医学部入試は突破できません。」

国公立医学部といえば、地方の国立大が東大理系並み、首都圏の国立大はそれ以上に難しいと言われています。メディックTOMAS横浜校は国公立医学部への合格実績が目立ちますね。

鍋屋室長: 市ヶ谷本部校の生徒は慶應、慈恵、順天や、東京医科歯科、旧帝大など志望校の幅が広いのに対し、横浜校の生徒は横浜市立大志望が圧倒的に多いです。
横浜市民は横浜愛が強いですから(笑)。
横浜市立大を志望する以上、国公立医学部向けに5教科7科目の対策をするので、併願校も必然的に国公立になります。
2020年度入試で山梨大に進学した生徒も第一志望は横浜市立大でした。

国公立大と私立大では対策を進めるうえでどのような違いがありますか?

河本講師: 学科目数の違いにばかり意識がいきがちですが、各科目の出題内容にも大きな違いがあります。
数学を例にとれば、私立大医学部は一部の最難関を除き、スピード勝負です。正確に多くの問題を解いていく力が必要です。一方で国公立大医学部は一問一問にじっくり時間をかけて取り組む記述式の問題中心なので、正確に理解していないと答案が作成できません。
指導開始からある程度経った段階で、その生徒の志向や得意不得意から、受けることになるであろう併願校も目途をつけて、志望校・併願校の合格に必要な力を育てていきます。

鍋屋室長: メディックでは漠然と汎用的な学力を高めていくのではなく、狙った大学で合格点を突破することに的を絞った指導をしています。戦略的に勉強しないと医学部入試は突破できません。
また、生徒には勉強に専念してほしいので、併願校選びにはかなり協力しています。
その生徒と相性のよい問題を出す大学はどこか、その大学に進学した場合学びたいことが学べるか、医師になってからのキャリアはどうなるのか、そういったことは事前にこちらで検討したうえで面談するようにしています。
昨年高知大に進学した中尾君は、講師と協議して相性の良い学校を狙った結果、作戦が奏功し国立医学部合格を果たすことができました。

高知大学(医)合格 中尾 連さんのインタビューはこちら

河本講師: 私も受けもっている生徒が受験する可能性がある大学の問題は徹底的に研究しています。

河本先生が指導してきた中で、印象に残っている生徒の事例をお願いします。

河本講師: 東京医科大に現役合格した生徒は、数学が大の苦手と言うことで高2の春に入ってきました。いざ見てみると、どこから手をつけたらいいのか……という状態でしたので、本人と協議の末、中学の範囲まで遡ってやり直すことにしました。

中学の範囲からですか。そこまで基本に立ち返ることもあるのですね。

河本講師: 驚きますよね。でも、例えば「ベクトル」ができない生徒は中学の「図形」がしっかりと理解していないことが多いなど、高校範囲のつまずきの原因は中学の範囲に潜んでいることも多いのです。
その生徒はプライドが傷つく部分もあったと思いますが、謙虚な姿勢で現実を受け止めてついてきてくれたのはすばらしかったですね。

それとは対照的な例として、筑波大に推薦で合格した生徒は、非常に数学が得意で、学校の授業で扱っていない「確率分布と統計」を教わるために入ってきました。飲み込みの早い生徒でしたので、予定より早くその分野が終わり、苦手単元の強化などにも時間を割くことができました。

色々な生徒がいるのですね。指導するうえで特に大事にしていることはありますか?

河本講師: 教えたことを確実にできるようにすることです。
東京医科大に合格した生徒は、何度も同じ内容の質問をすることがありましたが、「前に教えたよね」とは絶対に言わず、身につくまで何度でも教えました。
聞きづらくさせて、疑問点をそのままにしてしまってはいけませんから。

復習が下手な子もいるので、そういう生徒にはどうやって復習しているか聞いたうえで、一緒に復習方法を検討することもあります。万人にフィットする復習法はありませんから、生徒一人ひとりの特性に合ったやり方を考えていく必要があります。

メディックTOMAS 河本講師 指導歴25年の大ベテラン、河本講師。どんなに基本的な質問であっても親身に対応する優しい指導に定評がある。

鍋屋室長: 私は、例えば模試や過去問で失点があったとして、なぜ失点したのか・どうすれば防げるのかをしっかりと検討させて、次に活かしてもらうようにしています。
授業時間には限りがあるので、授業の80分間は主にインプットに充てることになります。
授業で「わかった」ことを、初見の問題で「得点できる」状態にもっていくためのアウトプット演習は、自主学習とT.A.指導で担う必要があります。

T.A.指導とはなんでしょうか。

鍋屋室長: T.A.はティーチング・アシスタントの略で、現役の難関大医学部に通う学生のことです。
彼らに演習指導を受けたり学習相談をしたりすることができるのがT.A.指導です。
かなりざっくり言い分けると、インプットはプロ講師による授業が中心、アウトプットは自主学習とT.A.指導が中心になります。

生徒からの評判はいかがですか?

鍋屋室長: 非常によいです。
実際に医学部に合格した人から、「この問題は解けなければ受からない」「この問題は自分も解けないからできなくても仕方ないかも」など、指導者視点ではなく合格者視点での感想を聞けることや、指導を通じて「合格した人」と「今の自分」の実力差をリアルに実感することができる点が魅力のようです。
現役時にかなり惜しいところまでいき、一浪すれば余裕だろうと考えていた生徒が、T.A.指導を受けたことで勉強に向かう姿勢が一変するケースもよく見受けられます。

昨年横浜市立大に合格した小林君もその一人です。

横浜市立大(医)合格 小林 翼さんのインタビューはこちら

河本講師: 医学部受験を成功させるうえで、モチベーションの維持は重要な要素です。
年齢が近く、また医学部合格経験もある彼らが相談にのることで、我々プロ講師でもできないケアができるので、彼らの存在には非常に助けられています。

T.A.の在籍大学はどこが中心なのですか

鍋屋室長: やはり横浜市立大が多いですね。あとは慶應、昭和などです。
採用のハードルはかなり高く、人格面、学力面ともに高く評価できる人材しか勤務していません。

生徒たちの在籍高校は、栄光・聖光をはじめ男女神奈川御三家や横浜翠嵐、柏陽、桐蔭中等教育、公文国際などが多いです。志望校はもちろん、横浜市立大が大半です。

京都大学出身で講師経験も有する鍋屋室長 京都大学出身で講師経験も有する鍋屋室長。
高い教科知識と豊富な医学部入試情報を駆使して生徒を徹底サポート。

横浜市立大志望の生徒が、横浜市立大に通う学生の指導を受けられるのはモチベーションにつながりそうですね。
最後に医学部を目指す受験生へのメッセージをお願いします。

河本講師: 医学部受験は厳しい戦いです。
秋や冬の模試でE判定やD判定でもあきらめてはいけません。
直前の12月や1月にこそ、一気に伸びるものです。
1月の入試で一次落ちが続いても気持ちを強く持ち続け、後半の試験では複数校に合格した生徒をこれまで何人も見てきました。
最後の最後まで受かるつもりで勉強し続けることが大切です。

鍋屋室長: 医学部受験は情報戦のため、自分だけで戦おうとせず、プロを頼ってください。
情報収集はプロに任せて、ご自身は勉強に専念できる環境が必要です。
ぜひ一緒に厳しい医学部受験を乗り越えていきましょう。

2021年度記事一覧

新井校長

TOMAS 川越校 新井校長

開校8 年目を迎えた川越校。 2021 年度入試において、大学受験と中学受験の頂点とも言える東京大、開成中への合格者を輩出しました。この他早稲田中、浦和明の星女子中、東京外国語大、埼玉医科大、 ICU 高など多くの生徒が夢の志望校への合格を達成。

河野校長

TOMAS新百合ヶ丘校 河野校長

2021年度大学入試ではTOMAS全校中第2位という素晴らしい合格実績を叩き出した新百合ヶ丘校。主な合格実績は千葉大(医)、東京慈恵会医科大(医)、新潟大(医)、北里大(医)、東京外国語大(言語文化)慶応義塾大(文)、早稲田大(理工)など。

河野校長

TOMAS中野校 北原副校長

2021年度入試では女子御三家の桜蔭をはじめ、駒場東邦や海城など難関中学に多数の合格者を輩出した中野校。第一志望にこだわる校長と指導歴20年以上のベテラン講師が、難関校合格の舞台裏を語る。

鈴木洋介校長

TOMAS戸越校 鈴木 洋介室長

2021年度入試では麻布中に2名の合格者を輩出。そのほかにも海城中や浅野中、洗足学園中など難関中学の合格実績多数。開校から5年、毎年着実に合格実績を伸ばしている。

TOMAS池袋校 小澤 正樹校長

TOMAS池袋校 小澤 正樹校長

2021年度入試では開成中、慶應義塾高、北里大医学部など全ての受験で難関校合格者を輩出。コロナ禍で計画通りに学習が進まない中、どのようにして躍進を遂げたのか。校長とチーフ講師が合格の舞台裏を語る。

TOMAS多摩センター校 河野校長

TOMAS多摩センター校 河野校長

開校から2年目の多摩センター校。2021年度大学入試において、わずか二年目にして東京工業大、日本医科大、筑波大、慶應義塾大、横浜国立大など、多くの難関大合格者を輩出した。

メディックTOMAS横浜校 鍋屋室長

メディックTOMAS横浜校 鍋屋室長

2017年の開校以来、国公立大医学部や難関私立大医学部へ多くの合格者を出し続けているメディックTOMAS横浜校。直近の2年間では横浜市立大(医)、山梨大(医)、高知大(医)、順天堂大(医)、国際医療福祉大(医)、防衛医科大(医)などへの合格者を出している。

2020年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS西日暮里校

小林 龍右 先生 開成中のお膝元として、難関中学受験に精通し、毎年安定した合格実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出した。開校11年目を迎えた西日暮里校より合格の舞台裏をお届けする。

小川顕先生

TOMAS巣鴨校

泊 真史 先生 ベテラン講師を多く抱え、東大、国立医学部、御三家中など優れた実績を出し続ける巣鴨校。2020年度も筑駒中、麻布中、桜蔭中、早慶附属高など難関校合格者を多数輩出した。伝統と実績を重ね続ける巣鴨校より合格の舞台裏をお届けする。

五十嵐 龍彦 室長

TOMAS川口校

五十嵐 龍彦 室長 県内屈指の進学校が名を連ねる浦和と、東京都との間に位置する川口市。生徒の進学希望先は都内と浦和方面に二分される。TOMAS川口校ではどちらのニーズにも応え続けており、2020年度入試では筑駒中(開成中も合格)1名、早稲田中2名、早稲田実業中1名、浦和明の星女子中1名、浦和第一女子高1名、市立浦和高1名、青山学院高等部1名、巣鴨高1名、お茶の水女子大1名、千葉大1名、上智大1名など多方面に多くの合格者を輩出。

森本 淳校長

TOMAS三鷹校

森本 淳 校長 20年以上の歴史をもち、ベテラン講師が多数在籍するTOMAS三鷹校。20年度入試では慶應義塾大学医学部(国立の東京医科歯科大学も合格)1名、東京慈恵会医科大学医学部1名、筑波大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名、中学受験では桜蔭中、慶應中等部への合格者輩出。

森本 淳校長

TOMAS千葉校

水野 哲也 校長 今年TOMAS千葉校が快挙を達成した。東の最難関東京大学、西の最難関京都大学、両方への合格者を輩出したのだ。さらに中学受験でも、女子学院中に3年連続で合格者を出すなど、安定して高い合格実績を出し続けている。

百田 洋平教室長

TOMAS海浜幕張校

百田 洋平 教室長 開校わずか1年半の海浜幕張校が20年度入試で大躍進を遂げた。 東京大学文科二類1名、早稲田大学政治経済学部1名、桜蔭中1名、雙葉中1名、渋谷教育学園幕張中1名の合格者を輩出。
千葉御三家では市川中、東邦中、昭和学院秀英中に多数合格し、市川中と東邦中については受験者の合格率七割を達成。

山中 雄治校長

TOMAS大森校

山中 雄治 校長 大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶応義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

松村 啓次郎副校長

TOMAS高田馬場校

松村 啓次郎 副校長 20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部に2名、国公立の新潟大学医学部に1名、東京女子医科大学医学部に1名の進学者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

2019年度記事一覧

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る