TOMAS高田馬場校

(左)チーフ講師:鈴木 善理先生
(右)副校長:松村 啓次郎先生
早稲田大学のお膝元高田馬場に校舎を構えるTOMAS高田馬場校。
もちろん早稲田大学や附属校への実績も多いが、それ以上に際立った実績をあげ続けているのが医学部受験である。
20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部2名、国公立の新潟大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名の合格者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

「合格の方程式のようなものは存在しないと考えています。」

−−まずは今年の難関校合格者たちのエピソードや指導などについて伺っていきたいと思います。
日本医科大学に合格した2名からお願いします。

松村副校長: 一人は日大二高から現役で、もう一人は渋幕高から浪人で合格しました。
現役の生徒について振り返りますと、彼は中学受験のときからTOMASに通っていました。当時はそこまで受験勉強に意欲的ではかったと聞いています。
中学、高校と学年が上がるうちに徐々に勉強に対して前向きになり、高2で医学部を志望することに決めました。

鈴木講師: 医学部志望になったタイミングで、私が担当することになりました。当初の志望校は東京医科歯科大です。
彼は習った内容を理解する能力は高かったのですが、応用問題への対応力が伸び悩んでいました。
基本的な内容や、知識で勝負できる問題には強いが、首都圏国公立大などに多い熟考型の難問・超難問を出す問題との相性はあまり良くなかったのです。
そこで、相性のよい大学に的を絞って対策することで現役合格の可能性を上げるか、浪人してでも国公立大をめざすか、どちらを優先するかの意思確認を行いました。
本人は現役合格を優先したいとのことだったので、国公立対策についてはセンター試験で成功したときのみ残り一カ月でやることにして、まずは確実に現役合格することを目標に設定しました。
のちほどお話しますが、東京大学理科三類に合格した島さんは、慶應、日医、昭和すべて補欠合格で正規は東大だけでした。医学部受験は問題との相性や、対策の進め方が結果を大きく左右する世界なのです。

松村副校長: 漠然と最難関の医学部に行きたいと言っていた頃より、現役合格をめざすと決めたあとのほうが勉強にも身が入っていましたね。
学校のテストではよく1位をとっていましたが、途中から学校内のことよりも医学部志望者の中での自分の立ち位置を意識するようになり、授業がない日も含めほぼ毎日TOMASの自習室に籠るようになりました。

鈴木講師: 彼はやる気は十分でしたが、ときどき余計なことに時間を費やしてしまうところがあったので、自習室を頻繁に覗いて、自習内容をチェックするようにしていました。
集団塾と違い担当している生徒の数が多すぎないので、一人ひとりの自習の様子も把握できるのがTOMASの良いところですね。

鈴木 講師 TOMAS医学部受験指導の第一人者。
東大、慶大、筑波大などへの合格実績をもつ。

−−ほかの生徒についてもお聞きします。東京大学理科三類に合格した島さんはどのような指導を受けていたのですか。

松村副校長: 島さんは中学受験のときにTOMASに入会し、第一志望の女子学院中に合格しました。進学後は集団塾に入ったものの、高1の秋に再びTOMASに戻ってきました。

鈴木講師: 本人は当初から東大を意識していたので、二年半かけて東大に合格するカリキュラムを組みました。
まずは一通り全範囲を扱い、高2のはじめに一度東大の過去問に触れさせました。そこで見えた課題をもとに弱点強化などを重ね、高3夏の東大模試に照準を絞って指導を展開。その後は東大の対策を中心に、併願校の対策も折を見て進めていきました。

−−東大の対策と、その他の難関私大の対策にはどのような違いがありますか?

鈴木講師: 医学部入試では偏差値が下がるほど知識量が必要になってくる傾向があります。
彼女には東大や慶大などの、知識量より思考力を問う入試問題向けの対策を行ってきました。当然知識量を増やすことに関してはあまり時間を割けません。
もともと本人も覚える作業が苦手で、単語や社会科目はもちろん、暗記が多い化学も苦戦していたので、得意なフィールドで勝負する道を選んだのです。
結果としては先に挙げた通りで、東大以外すべて補欠合格からの繰上りです。
慶大との相性は悪くなかったのですが、数学で確率が1を超えるという凡ミスをやらかしてしまったそうです。

松村副校長: 医学部受験では入試問題との相性や、ご家庭の経済状況、浪人の可否、地方か都内かなど、いろいろなことを加味して志望校を定めて、志望校に特化した対策を進めていくことが必要ですよね。

鈴木講師: 今年新潟大に進学した生徒も、併願した私立大ではかなり苦戦していましたからね。狙いを定めた志望校に対して、高い突破力をもたせるのが医学部受験の個別指導の戦い方です。

−−中学受験についてもお聞きします。

松村副校長: 今年は早実中と慶應中等部にW合格した生徒がいます。
この生徒は昨年度聖光学院中に合格した生徒のご家庭からの紹介で小6の夏に入ってきました。
集団塾との併用で、前半は算数のフォロー、秋からは志望校対策に特化していきました。
早実の野球部に入りたいという強い意志があったので、モチベーション高く最後までついてきてくれました。
結果的に慶應中等部とW合格する高い学力を養うことができたのは、心に決めた志望校があったからです。

松村 副校長 TOMAS歴15年のベテラン。
生徒とのコミュニケーションを大切にしている。

−−ニーズとしては医学部と早稲田系列を狙う生徒が多いのでしょうか?

松村副校長: そうですね。医学部、早稲田大学、早稲田大学附属校志望はかなり多いです。
医学部志望の生徒が来たら鈴木先生と、もう一人霜村先生という医学部合格請負人のお二方にお願いし、早稲田系を志望する生徒は早稲田大学出身の先生、あるいは在学中の先生にお願いしています。他県から早大対策希望で問い合わせをいただくことも多いです。

−−高い進学実績を出し続けるために校舎として工夫していることはありますか?

松村副校長: 2つありまして、まずは授業回数をしっかりと確保することです。
現状の学力から、合格に必要なレベルにもっていくまでに必要な授業時間をしっかりと見極め、時間切れになることのないように、必要数をしっかりと受けきれるようにするのが担任の仕事です。いざ直前期になって、授業を受ける時間がない、などという事態は絶対に避けなければなりません。
もう一つは、生徒とのコミュニケーションのとり方です。
授業以外の自習の時間でも、登校時や帰宅時、あるいは自習中などの生徒からのちょっとした相談や報告などに耳を傾け、気軽にコミュニケーションをとっていただくよう、講師の方々にもお願いしています。

鈴木講師: とても大事なことだと思います。
思ったことを気軽に言える仲でないと、お互いに齟齬が生じて、結果的に授業の質の低下や試験結果にも影響するようになります。
私も率先して生徒たちに声をかけるようにしています。

−−最後に今後の目標をお願いします。

鈴木講師: この仕事は大人数とは関われないけど、受け持った生徒一人ひとりと一緒に一喜一憂しながら伴走することができ、その結果は生徒の人生を大きく左右します。
これからも責任の重いこの仕事で、一人でも多くの生徒の夢を叶えるお手伝いができたらと思います。
そして、夢を叶えていろいろな職業で活躍する教え子たちに、いつか困ったら助けて欲しいなといつも考えています(笑)。

松村副校長: 教え子に診てもらったことはあるんですか?

鈴木講師: まだないんですよ。でも、近くの歯科医院に教え子がいることが判明したので、近々お世話になるかもしれません。

松村副校長: 行かれたら教えてください(笑)。
私は校舎の責任者として、この校舎をもっと大きくしていきたいですね。たくさんの生徒をお預かりし、その全員を夢の志望校合格に導いていきたいです。

2020年度記事一覧

小川顕先生

TOMAS西日暮里校

小林 龍右 先生 開成中のお膝元として、難関中学受験に精通し、毎年安定した合格実績を出し続ける西日暮里校。2020年度も麻布中、女子学院中、駒場東邦中など難関校合格者を多数輩出した。開校11年目を迎えた西日暮里校より合格の舞台裏をお届けする。

小川顕先生

TOMAS巣鴨校

泊 真史 先生 ベテラン講師を多く抱え、東大、国立医学部、御三家中など優れた実績を出し続ける巣鴨校。2020年度も筑駒中、麻布中、桜蔭中、早慶附属高など難関校合格者を多数輩出した。伝統と実績を重ね続ける巣鴨校より合格の舞台裏をお届けする。

五十嵐 龍彦 室長

TOMAS川口校

五十嵐 龍彦 室長 県内屈指の進学校が名を連ねる浦和と、東京都との間に位置する川口市。生徒の進学希望先は都内と浦和方面に二分される。TOMAS川口校ではどちらのニーズにも応え続けており、2020年度入試では筑駒中(開成中も合格)1名、早稲田中2名、早稲田実業中1名、浦和明の星女子中1名、浦和第一女子高1名、市立浦和高1名、青山学院高等部1名、巣鴨高1名、お茶の水女子大1名、千葉大1名、上智大1名など多方面に多くの合格者を輩出。

森本 淳校長

TOMAS三鷹校

森本 淳 校長 20年以上の歴史をもち、ベテラン講師が多数在籍するTOMAS三鷹校。20年度入試では慶應義塾大学医学部(国立の東京医科歯科大学も合格)1名、東京慈恵会医科大学医学部1名、筑波大学医学部1名、東京女子医科大学医学部1名、中学受験では桜蔭中、慶應中等部への合格者輩出。

森本 淳校長

TOMAS千葉校

水野 哲也 校長 今年TOMAS千葉校が快挙を達成した。東の最難関東京大学、西の最難関京都大学、両方への合格者を輩出したのだ。さらに中学受験でも、女子学院中に3年連続で合格者を出すなど、安定して高い合格実績を出し続けている。

百田 洋平教室長

TOMAS海浜幕張校

百田 洋平 教室長 開校わずか1年半の海浜幕張校が20年度入試で大躍進を遂げた。 東京大学文科二類1名、早稲田大学政治経済学部1名、桜蔭中1名、雙葉中1名、渋谷教育学園幕張中1名の合格者を輩出。
千葉御三家では市川中、東邦中、昭和学院秀英中に多数合格し、市川中と東邦中については受験者の合格率七割を達成。

山中 雄治校長

TOMAS大森校

山中 雄治 校長 大森という土地柄、通いやすい距離にある慶應義塾大学および附属校志望が例年多く、今年も慶応義塾大学経済学部1名、同文学部1名、慶應義塾高1名、SFC中1名、それ以外でも駒場東邦中2名など多くの合格者を輩出した。また近年の大きなトピックとしては、東京大学理科1類1名、東京医科歯科大学医学部1名など、最難関にも合格実績を出している。

松村 啓次郎副校長

TOMAS高田馬場校

松村 啓次郎 副校長 20年度は医学部御三家の一つ、日本医科大学医学部に2名、国公立の新潟大学医学部に1名、東京女子医科大学医学部に1名の進学者を出している。さらに19年度には東京大学理科三類にも合格者を出しており、その勢いはとどまるところを知らない。合格の裏には医学部合格請負人の専門的な指導があった。

2019年度記事一覧

和田周副校長

TOMAS自由が丘校

和田 周 副校長 開校以来、21年連続で合格実績ナンバー1に輝き続ける大型校。2019年度も、大学受験では東大、国立医学部、早慶大。高校受験では早慶附属校。中学受験では御三家中や早慶附属中など難関校へ多数の合格者を輩出した。現在の結果に満足するのではなく、より高みをめざしてあくなき追究をする自由が丘校より、合格の舞台裏をお届けする。

(右)校長:原田修平先生・(左)講師:谷卓郎先生

TOMAS横浜校

原田 修平 校長 神奈川県内TOMASの基幹校である横浜校。ベテラン講師も多く、中学・高校・大学受験いずれも難関校へ多くの合格者を輩出。生徒それぞれが「希望」をもてるよう、指導に気を配っている。

竹内副校長

TOMAS成増校

竹内 宏典 副校長 1994年開校とTOMASの中でも老舗といえる成増校。難関校合格の実績も高く、年々地域からの信頼を深めている。2019年度入試でも私大医学部3名、開成中1名、女子学院中2名など、難関校への合格報告が相次いだ。地域に根差した人間味のある校舎を目指している。

2018年度記事一覧

鎌田校長・吉山講師

TOMAS成城学園校

鎌田 竜 校長 教育熱の高いことでも知られる成城地区。補習塾、集団塾など競合も多い中、TOMAS成城学園校は安定して高い進学実績を出し続けている。2018年度入試では千葉大医学部1名、杏林大医学部1名、慶應普通部3名、慶應中等部2名、慶應湘南藤沢中等部2名、などの合格者を輩出。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS四ツ谷校

浅野 校長・櫻井 講師 2016年に開校して以来、2年連続で生徒を東大合格に導いた四ツ谷校。近隣には名門中高一貫校が多く、東大など最難関校をめざす生徒が集まる中で、ハイレベルな戦いを突破するための真の学力を身につけさせる秘訣とは何か。そこには四ツ谷校がもつ指導のこだわりがありました。

浅野 校長・櫻井 講師

TOMAS二子玉川校

細野 智仁 副校長 開校10年目を迎えた二子玉川校。例年高い合格実績を出し続けている大規模校舎の一つであり、2018年度入試でも東大1名、桜蔭1名、東京外国語大1名、豊島岡女子中1名、渋谷教育学園幕張中1名など、難関校への合格報告が相次いだ。基本に忠実な指導をモットーにしている。

TOMAS練馬校

小池 拓人 室長 例年、御三家中や難関国公立大への合格実績に定評のある練馬校。2018年度入試では東大1名、麻布中2名、武蔵中1名、豊島岡女子中2名など多くの合格者を輩出した。高い進学実績を出す秘訣は早め早めの準備や、科目の垣根を超えた生徒の状況共有にあるという。

2017年度記事一覧

TOMAS本八幡校

加藤 浩一 校長 生徒数・講師数ともに千葉地域最大規模となる本八幡校。「本当に行きたい学校をあきらめさせない」ことに徹底して取り組んでおり、2017年度も都内・千葉の御三家中や東京大・慶應義塾大医学部など、トップ校への高い合格実績を誇る校舎だ。

TOMAS錦糸町校

佐久間 雄一 校長 近隣の中高一貫校の定期テスト対策や難関校受験指導に定評がある錦糸町校。今年も大学受験では東京大、中学受験では開成中・筑波大附属駒場中・早稲田中・桜蔭中など、最難関校へ多数の合格者を導いた。いま、注目を集めている校舎の1つだ。

2016年度記事一覧

TOMAS立川校

森本 淳 校長 多摩地区、中央線沿線で最大規模の立川校。例年多くの生徒を夢の志望校へ導いており、今年も桜蔭中、麻布中、豊島岡女子学園中、浦和明の星女子中、聖光中、東邦大東邦中、市川学園中、桐朋中などの合格を指導。立川校に通う全員が第1志望か第2志望に合格した。

TOMAS笹塚校

奥原 健司 校長 4区にまたがる地域で、小1から大学受験まで幅広く指導している校舎。周辺に青山学院、明治大明治、國學院久我山などの私立中高一貫校も多く通う。2016年度も最難関の駒場東邦中、桜蔭中、豊島岡女子学園中・浦和明の星女子中、立教女学院中など、生徒の夢を数多く叶えている。

TOMAS自由が丘校

扇谷 洋平 校長 350名を超える生徒が通うターミナル校。その人数に裏打ちされた指導ノウハウは圧倒的で、あらゆる年代、あらゆるタイプの生徒に柔軟に対応できる。18年連続で合格実績ナンバー1の指導力は2016年度も健在で、大学・高校・中学受験のすべてで名だたる国立校や難関私立校への合格を大量に導いた。

TOMAS南浦和校

中岡 康嗣 校長 あらゆる学習塾が建ち並ぶ南浦和。教育熱の極めて高い地域にあって、高い合格実績を出し続けている校舎。中学受験では御三家をはじめとする有名私立へ、高校受験では早慶附属や県内公立高への合格を多数導いているが、特に大学受験における医学部合格は、毎年目覚ましい実績が続いている。

TOMAS下北沢校

土屋 雄一 校長 2016年度入試では、高校受験の最難関校である筑波大附属駒場高・開成高への合格を導くなど、華々しい成果を挙げた校舎。近隣の有名校出身の講師も多く、地元の情報に精通。例年、受験対策はもちろんのこと、私立中高一貫校の内部進学対策、英検対策、低学年の受験準備指導にも高い実績がある。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る