なぜ英検が重要なのか?
4技能検定へのリニューアルで進学・受験に有利な資格へ
POINT1

高校進学・受験に有利

実用英語技能検定は、2016年度第1回よりリニューアルし、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4技能を測る試験へと変わりました。これにより、2016年度は全国で1200校を超える高等学校が進学や受験における優遇措置を採択。学校により、学科試験の免除や入学金・授業料免除、取得級に応じて英語科目の単位認定といった優遇が受けられるようになりました。

POINT2

2020年度以降の大学入試に対応

2020年度からは大学入試制度改革により、広く英検などの民間資格・検定試験が活用されるようになります(現中3生以降)。既に、早稲田大学や立教大学などにおいて英語外部試験のスコアを利用できる新たな入試制度が導入され始めています。志望校の募集要項に注目しつつ先手を打って新入試制度の対策を行い、受験を有利に進めましょう。



英検対策個別指導の特色
完全1対1個別指導で苦手ポイントを重点的にカバー
POINT1

一人ひとりに合わせた「完全1対1」指導

限られた時間で対策したい英検こそ、個別指導が有効です。進度と理解度、そして志望校に合わせ、個人別カリキュラムを作成します。ホワイトボード付きの完全個室で、生徒1人に先生1人の「完全1対1」スタイルで授業を行います。
※1対2や1対3の指導はありません。

POINT2

ライティング対策も万全

リニューアルにより追加となった英作文の試験。完全1対1個別指導のTOMASなら納得がいくまで添削指導を受けることができます。独学や集団授業では気づきにくい失点ポイントを指摘し、得点できる答案作りを指導します。

POINT3

フレキシブルな時間割

クラブ活動や学校行事などに合わせて回数を自由に設定することができます。日頃から週1回受講し長期的に対策することも、試験前に短期集中で受講することも可能。多くの先輩たちがTOMASを賢く活用し、成果をあげています。



スマホ|英検対策個別指導 カリキュラム例 個別進学指導塾だからできるオーダーメイドカリキュラム

志望校合格のため、いつまでに何級に合格している必要があるのか。一人ひとりの目標と状況に応じて逆算カリキュラムを作成します。無駄を省いたダイレクトな個別対策で、圧倒的なアドバンテージが得られます。

相談内容例 相談内容例

高校推薦入試に向けて準2級対策
大学AO入試に向けて2級対策
大学一般入試に向けて準1級対策
ライティング・スピーキング特訓

そのほか、1人ひとりのご要望に合わせて個人別カリキュラムを作成しますのでご相談ください。

▸イベント一覧

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る