おかあさんの参考書
夏休みの自由研究も完成! 自分の道を深く究めるノートの書き方

夏休みの自由研究も完成! 自分の道を深く究めるノートの書き方

親野智可等

大好きな猫のことをノートに書いて、おしゃべり

子どもが好きなことや熱中していることを、ノートに書かせるようにすると効果があります。

これは大阪に住むYさんに聞いた話ですが、Yさんの長女のみっちゃん(小学5年生)は、飼い猫のポンちゃんが大好きで、よく遊んだり世話をしたりしていました。

そこで、Yさんは「ポンちゃん、ホントかわいいね。ポンちゃんの絵を描いてよ。できるだけ大きく描いて」と言って、ノートを渡しました。

すると、みっちゃんは、ノートいっぱいにポンちゃんの絵を描いてくれました。

Yさんは、その絵をほめてから、「猫の体のパーツについて教えてよ」と頼みました。

すると、みっちゃんは、「ポンちゃんの一番好きなところは、顔。かわいい顔に、立派なひげがあるのがおもしろい。肉球も大好き。これで猫パンチしてくるのがかわいい」と、いろいろ話をしてくれました。

そこで、Yさんは、「猫のひげって、何でこんなに長いのかね? 肉球って何の役に立つのかね?」と言いました。

すると、みっちゃんは、「ひげは体のバランスを取るためじゃないの? 肉球はすべり止めだと思うよ」と答えましたが、いまひとつ自信がないようでした。

Yさんは、「じゃあ、一緒に調べてみようか」と言って、スマホで調べて見せてあげました。

みっちゃんはそれを読みながら、「やっぱりね。肉球の小さなくぼみから汗が出て、それがすべり止めになってるんだって」「ああ、そうか、肉球がクッションになってて、そのおかげで足音を立てないで、忍者のように歩けるんだって」「小さな5つの肉球は“指球”(しきゅう)って名前で、一番大きいのが“掌球”(しょうきゅう)だって」と大喜びです。

せっかくだからノートに書こう

次に、Yさんは、「せっかく調べたんだから、忘れないように大事なことをノートに書いておこう」と言ってみました。

Yさんは、「乗ってくるかな?ダメかな?」と思っていたのですが、みっちゃんは「そうだね」と言うや否や、すぐにノートに書き始めました。

みっちゃんは、イラストも描きながら楽しそうに取り組みました。

そこで、Yさんは、「せっかくだから、これを夏休みの自由研究にしようか!」と言ってみました。

すると、みっちゃんも大賛成で、「それいいね。ポンちゃんのことをもっと書いて、猫でわからないことを調べて書いて、それで自由研究にしよう」ということになりました。

その後は、スマホで調べるだけでなく、図書館で猫の本を探して調べたりもしました。

猫の体のこと、猫を飼うときのコツと注意点、猫の病気、日本や世界の猫の種類、人間と猫の関係の歴史など、いろいろなことを調べて書きました。

同時に、毎日ポンちゃんと遊びながら、よく観察して気がついたことも書きました。

その結果、楽しみながら自由研究を完成させることができました。

ますます猫のことが好きになりましたし、猫についてかなり詳しくなり、「自分は猫博士」だという自信もつきました。

夏休みが終わってからも、みっちゃんは「猫ノート」にいろいろ書いて、研究を深めているそうです。

熱中していることをノートに書こう

この例のように、子どもが熱中していることをノートに書かせるようにもっていくと、いろいろな面で良い効果があります。

水泳に熱中している子なら、水泳のことを書きます。

その日練習したこと、練習中に気がついたこと、自分で考えた工夫、コーチに言われたこと、これからがんばりたいことや目標、大会の結果、反省点や改善点、ライバルの研究、泳ぎ方の種類、水泳の歴史、有名な選手のこと、などなど……。

勉強に熱中している子なら、勉強のことを書きます。

その日の勉強を振り返って、良い点と改善点、勉強への取りかかりを早くするための工夫、自分なりの時間管理術、勉強に飽きたときの気分転換の工夫、暗記の仕方の工夫、間違えた問題と答えの書写、集中力を高める工夫、ケアレスミスの傾向と対策、先生に言われたこと、直近の目標、将来の夢、試験の反省点と改善点、志望校の研究、などなど……。

アイドルグループに熱中している子なら、そのアイドルグループについて書きます。

各メンバーの特徴、誕生日、出身地、好きな食べ物、好きな教科、趣味、特技と弱点、エピソード、曲の歌詞の書写、そのイメージのイラスト、歌詞に出てくる言葉の意味を国語辞典で調べること、などなど……。

あの棋士もアスリートも、ノートをつけていた

将棋のプロ棋士・藤井聡太さんは、5歳の頃から通った「ふみもと子供将棋教室」の文本力雄塾長に「負けたときこそしっかり反省し、ノートに書くこと」と教えられ、それを忠実に守ってきたそうです。

自分で考えた詰め将棋もノートに書いてきました。

書くことで考えを深めることができ、記憶にも残るようになり、それが次に生きます。

そういうことを繰り返しながら、将棋の実力を磨いてきたのだと思います。

プロ棋士になって29連勝し、その後初めて負けたときも、対局の後でノートに書き込み、次局への糧にしたそうです。

将棋と言えば、かつての大御所、大山康晴名人が残した手書きの棋譜ノートも有名です。

このノート26冊が、倉敷の記念館に寄贈されているそうです。

サッカーの中村俊輔選手も、毎日の練習の記録、練習や試合の反省点、発見したこと、工夫したこと、目指すべき目標や夢、それを実現するための課題、自分の心境などをノートに書き続けていました。

これをまとめた『夢をかなえるサッカーノート』(文藝春秋)はベストセラーにもなっています。

中村選手が超一流のファンタジスタになれたのも、このノートのおかげと言ってもいいと思います。

大相撲の横綱・鶴竜も、自分の取り組みをVTRで見ては反省点をノートに書き出し、課題を決めて稽古に取り組んでいたそうです。

かつての横綱・初代若乃花のDVDも、「相撲への姿勢とか参考になる」ということでよく見ていたそうです。

ノートに書くことで、自分の道を深く極めることができる

熱中していることをノートに書くことで、夏休みの宿題で一番面倒な自由研究も、楽しみながらできます。

でも、何よりも良いのは、自分が好きなことを、もっと深めていくことができることです。

気がついたことを書こうとすれば、より注意深く観察するようになります。

調べて書くことで知識が増え、記憶にも残ります。

自分を振り返って、もう一度考えることで、成功も失敗も栄養になります。

ノートに書くことで、どんな分野でも、自分の道をより深く究めていくことができるのです。

最後に注意点ですが、大事なことは楽しみながらやるということです。

それで初めて、実りあるものになります。

書くことが嫌いな子には、強制しないでください。

本人が嫌がるならやめてください。

嫌々やっていては、実りがないばかりか、逆効果になるだけです。

好きだったこと自体が嫌になってしまいますから。

著者プロフィール

親野智可等
親野智可等
おやのちから

教育評論家。1958年生まれ。本名 杉山 桂一。公立小学校で23年間教師を務めた。教師としての経験と知識を少しでも子育てに役立ててもらいたいと、メールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。具体的ですぐできるアイデアが多いとたちまち評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアで絶賛される。また、子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。読者数も4万5千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。ブログ「親力講座」も毎日更新中。『「親力」で決まる!』(宝島社)、『「叱らない」しつけ』(PHP研究所)などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても知られる。長年の教師経験に基づく話が、全国の小学校や幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会で大人気となっている。

教育評論家・親野智可等 公式ホームページ『親力』


親野先生 記事一覧

ALL

オススメ記事

記事一覧

ALL

お近くのTOMASを見学してみませんか?

マンツーマン授業のようすや教室の雰囲気を見学してみませんか?
校舎見学はいつでも大歓迎。お近くの校舎をお気軽にのぞいてみてくださいね。

首都圏駅前90校 校舎検索はこちら

校舎名をクリックすると、詳細をご覧になれます。

ひばりヶ丘校 大宮校 阿佐ヶ谷校 柏校 本八幡校 二子玉川校 津田沼校 錦糸町校 千葉校 成増校 北浦和校 川越校 南浦和校 所沢校 志木校 西日暮里校 池袋本部校 教務本部 八王子校 川口校 練馬校 大泉学園校 松戸校 高田馬場校 メディックTOMAS 市ヶ谷校 立川校 荻窪校 巣鴨校 三鷹校 府中校 赤羽校 飯田橋校 国分寺校 中野校 渋谷校 三軒茶屋校 調布校 笹塚校 目黒校 麻布校 聖蹟桜ヶ丘校 成城学園校 大森校 自由が丘校 町田校 本厚木校 武蔵小杉校 たまプラーザ校 蒲田校 横浜校 川崎校 門前仲町校 新百合ヶ丘校 千歳烏山校 青葉台校 藤沢校 新浦安校 下北沢校 上大岡校 千歳船橋校 葛西校 東戸塚校 日吉校 日吉校 南大沢校 四ッ谷校 田町校 浅草橋校 戸越校 センター北校 国立校 戸塚校 向ヶ丘遊園校 武蔵境校 メディックTOMAS横浜校 白山校 大崎校 石神井公園校 市川校 吉祥寺校 綱島校 海浜幕張校 下高井戸校 桜新町校 学芸大学校 多摩センター校 宮崎台校 スペックTOMAS自由が丘校 上尾校 メディックTOMAS大宮校 メディックTOMAS吉祥寺校