おかあさんの参考書
教育費を考える

教育費を考える

鳥居りんこ

中高一貫校ブームが続いています。首都圏模試センターの調査によると、令和4年の首都圏の中学受験者数は約5万1,100人にのぼり、過去最高を記録しました。
このような状況ですので、中学受験熱が高い地域では、受験塾に入る時期を早める傾向が見られ、“王道”の入塾タイミングである新4年生(小学3年生の2月)よりも早い入塾も珍しくありません。

周囲が「中学受験」に向かって動き出しているのを目にすると、何となくソワソワしてしまい、流されるように中学受験のことを考えてしまうかもしれません。
しかし「中学受験」が頭をよぎった際、最初にクリアにしておかなければならないことは、ズバリ「お金」の問題です。

中学・高校・大学の教育費をざっと計算してみる

令和元年12月の文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」によると、保護者が支出した1年間の子ども1人当たりの学習費総額(学校教育費、学校給食費、学校外活動費)は、公立中学校で約49万円、私立中学校で約141万円です。
高校になると、全日制の公立高等学校は約46万円、全日制の私立高等学校で約97万円との調査結果が出ています。

つまり、計算上では、中学・高校とオール公立の場合の学習費は6年間で約285万円。中学は公立で、高校が私立の場合は約438万円。中学・高校とオール私立の場合は約714万円となります。

加えて、大学の学費を見てみましょう。
日本政策金融公庫の「令和3年度 教育費負担の実態調査」によると、入学費用と在学費用を合わせた費用は国公立大学の4年間で約481万円。私立大学は文系で約690万円、理系で約821万円という結果が出ています。

大雑把に数字だけを並べるのであれば、中学から大学までオール公立で約766万円。オール私立となると文系で1,404万円、理系で1,536万円です。
年にならしてみましょう。中学から大学までオール公立で年間約77万円。オール私立だと年間で、文系が約140万円、理系が約154万円です。

このように大変な金額がかかるわけですが、大切なわが子の教育費ですから、親としては何とかしたい気持ちは山々でしょう。特に下のきょうだいがいる場合には、その子にも平等にという思いもあるでしょうから、当然ですが教育費負担は、子どもの人数だけ多くなります。
特に大学費用は高額ですので、おおよそでいいので、将来的に費用の目途がつくかどうかを先に計算しておいた方が無難です。

奨学金や特待生制度は?

「中学受験に参入したい」と相談してくださる親御さんの中には、「大学は奨学金で」とおっしゃる方もおられるのですが、給付型でない限り、奨学金は「借金」になります。
高額な借金を背負っての社会人デビューは、今の社会情勢ではかなり厳しいように見受けられます。できればわが家の教育費シミュレーションを実施した上で、中学受験を決断されることをお勧めします。

また、多くの私立中学・高校には特待生制度というものがあります。それを利用することも考えられなくはないですが、学力、あるいはスポーツ実績などを重んじて、翌年の給付が決まることが多い制度です。お子さんの性格や、さまざまな背景事情なども絡みますので、最初から「制度ありき」で子どもに強要するにはリスクがあるように感じます。

「教育費の貯め時」を逃さないで

中学受験しようか・しまいかをお悩み中のご家庭は、まだお子さんが低学年以下だと思います。ぜひ今のうちに、ご夫婦で「教育費の貯め時」について話し合いをしてみてください。低学年以下であれば、まだまだ学費はそこまでかからないことが一般的です。

例えば、児童手当を将来の子どもの教育費に回すために貯金しておく、税制上でメリットがある「つみたてNISA」を利用する、勤務先に給与天引きで利用できる財形貯蓄があるならば、それで教育費を積み立てる、などの手立てが考えられます。
投資に自信がなく、財形貯蓄制度も勤務先にない場合は、例えば、銀行の積立定期預金や学資保険を利用するなど、半ば強制的に貯める方法で教育費を準備しておく必要があります。

お金の問題は思うようにならないのが常ですが、人生設計の中では、ある程度の未来予測をしながら、事前に動いておく必要があります。子どもの教育費もそのひとつにあたります。
先述したように、わが国の教育費負担は高額です。もちろん、ご家庭によって考え方もさまざまでしょうが、子どもにはある程度の教育が必要な時代です。
「貯め時」を逃さず、「来る時」に備えておくのも、親としての大切な責務であるといえるでしょう。

著者プロフィール

鳥居りんこ
鳥居りんこ
とりいりんこ

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー&介護アドバイザー。執筆・講演活動を軸に悩める女性たちを応援している。特にその講演は「笑って泣けるデトックス講演」としての評価が高い。 著作としては「偏差値30からの中学受験シリーズ」(学研)、「ノープロブレム 答えのない子育て」(学研)、「主婦が仕事を探すということ」(東洋経済新報社共著)「鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ」(ダイヤモンド社)などがある。最新刊は「中学受験 わが子を合格させる父親道」(ダイヤモンド社)。ブログ「湘南オバちゃんクラブ」では、中学受験、大学受験、子どもと自分の就職、子育て、夫婦問題、老人介護問題、その他あらゆる女性が抱える難しくも、素敵な日々を絶賛発信中。

公式ブログ『湘南オバちゃんクラブ』

『Facebook 鳥居りんこ』


鳥居先生 記事一覧

ALL

オススメ記事

記事一覧

ALL

お近くのTOMASを見学してみませんか?

マンツーマン授業のようすや教室の雰囲気を見学してみませんか?
校舎見学はいつでも大歓迎。お近くの校舎をお気軽にのぞいてみてくださいね。

首都圏駅前96校 校舎検索はこちら

校舎名をクリックすると、詳細をご覧になれます。

ひばりヶ丘校 大宮校 阿佐ヶ谷校 柏校 本八幡校 二子玉川校 津田沼校 錦糸町校 千葉校 成増校 北浦和校 川越校 南浦和校 所沢校 志木校 西日暮里校 池袋本部校 教務本部 八王子校 川口校 練馬校 大泉学園校 松戸校 高田馬場校 メディックTOMAS 市ヶ谷校 立川校 荻窪校 巣鴨校 三鷹校 府中校 赤羽校 飯田橋校 国分寺校 中野校 渋谷校 三軒茶屋校 調布校 笹塚校 目黒校 麻布校 聖蹟桜ヶ丘校 成城学園校 大森校 自由が丘校 町田校 本厚木校 武蔵小杉校 たまプラーザ校 蒲田校 横浜校 川崎校 門前仲町校 新百合ヶ丘校 千歳烏山校 青葉台校 藤沢校 新浦安校 下北沢校 上大岡校 千歳船橋校 葛西校 東戸塚校 日吉校 日吉校 南大沢校 四ッ谷校 田町校 浅草橋校 戸越校 センター北校 国立校 戸塚校 向ヶ丘遊園校 武蔵境校 メディックTOMAS横浜校 白山校 大崎校 石神井公園校 市川校 吉祥寺校 綱島校 海浜幕張校 下高井戸校 桜新町校 学芸大学校 多摩センター校 宮崎台校 スペックTOMAS自由が丘校 上尾校 メディックTOMAS大宮校 メディックTOMAS吉祥寺校 大船校 流山おおたかの森校 月島校 二俣川校 浜田山校 尾山台校