おかあさんの参考書
小6晩夏の勉強法を考える

小6晩夏の勉強法を考える

鳥居りんこ

今年はコロナ禍のうえに酷暑も加わり、受験生にとっては非常に苦しい夏でしたが、いよいよ中学受験の最終コーナーとなる「秋」が目前という時期になりました。
多くの塾では、夏までにすべての学習範囲が終了します。秋からは振り返りも兼ねた総合演習や、満を持しての過去問演習が始まります。

そうなると、親のほうが「あれも出来ていない」「これもやれていない」という焦りを感じやすくなるでしょう。大人として人生の経験値があるからこそ、「あと数カ月もない!」と入試本番までの日数を逆算して考えてしまうのです。

ところが、子どもは時間を逆算して考えることに大人ほどは長けていません。親から見ると「のんびり」構えているように見えるかもしれません。

もし、親が焦りを感じたならば、一旦冷静になることが結果的に「合格」を引き寄せます。ここはぜひ、「あと数カ月もない!」ではなく、「あと数カ月もある!」という具合に考えをシフトしてみてください。
実際、小6の秋以降に伸びていく子は沢山います。

親が夏休み以降に気をつけたほうが良いことを挙げてみます。

1. 夏休み明けのテスト結果は気にしない

9月は夏の疲れも出るころですし、久しぶりの学校生活に慣れるまでに少し時間がかかるものです。おまけに、範囲が決まっていた単元別の演習ではなく、全単元の中からアトランダムに出題される問題を解くことが多くなっていきます。5年生あたりに習ったことを忘れてしまったということも十分にあり得ます。

そのため、今まで取ったこともない成績に親子で驚くことも多いのですが、点数にのみフォーカスすることなく、まずは学校と塾生活がうまく回るように、生活リズムを整えていきましょう。

2. 自分で選んだ学校に行く! というプライドを刺激する

オリンピックのアスリートを見て、彼らの「自分自身の挑戦をやり切った!」という清々しい顔に心動いた人も多かったことでしょう。
それは、彼らが「自分の道を自分で決め、その目標に向かって、日々地道に努力してきたから」にほかなりません。

トップアスリートほどではないにしろ、中学受験にも同じような側面があります。
それは「自ら決めて」→「自ら勝ち取ろうと動く」こと。自分の人生のために、あまたある学校の中から「この中学に行きたい!」という高い志を持って、栄冠を掴もうと、日々努力を重ねていく経験ができることです。

たとえ、模試での合格率が上がらないという辛い状況下でも、「絶対に自分が選んだ学校に入る!」という強い気持ちがある子は、秋以降グッと伸びていきます。
まずは「憧れの志望校の決定」が強力なモチベーションとなります。
親は、「我が子のモチベーション」を刺激するためにプラスの言葉かけをしてみてください。

3. 過去問演習が本格的に始まる前に、基礎固めを行う

模試の結果で出る「志望校を再検討」などのコメントに心折れることがあるかもしれません。しかし、むしろここは「今が本番でなくてよかった!」とプラスに考えてください。

合格の要は「基礎問題」です。この時期は特に「基礎固め」の重要な時期になります。
本格的な過去問演習が始まる前に、今までの模試の問題から苦手な単元の洗い出しをしましょう。

苦手単元の弱点部分、つまり「理解できていない部分はどこか」が把握できるだけでも大きなプラスになります。
テキストを振り返り、苦手単元を基礎からおさらいしてみて、「ここまでは解った!」という確認作業をし、模試で取りこぼした問題に再度トライします。もし正答できたら、それは大いなる自信になることでしょう。

4. 志望校の中で一番やさしいと思われる学校の過去問を解いてみる

秋が深まると、いよいよ過去問演習がメインとなり、志望校の入試本番を見据えた、より実践的で総合的な学習に移ります。
そこで、第1志望の過去問にトライする前に、志望校のラインナップの中から、基礎問題を重視している学校、あるいは現時点で「抑え校」として考えている学校の過去問をやってみてください。

目的は3つあります。「本物の入試問題に触れてみる」、「問題との相性をみる」、そして「合格最低点に届いたら自信になる」です。

過去問については、「第1志望校ならば最低でも過去3年分をやりこむべし」とも言われますので、全ての志望校の過去問を数年分やるのは意外に大変です。
偏差値を基準にみて、「抑え校になるのでは?」と考えていても、実際に解いてみるとなぜか正答に結びつかない学校は往々にしてあるものです。
これは、実力差というよりは、どちらかといえば相性の問題だと思います。
相性の問題なら、ほかの学校を検討しなければなりませんが、「抑え校になる!」と確認できたならば、その学校の過去問の優先順位を下げることができます。
加えて、この時期に「合格最低点を越えた」という事実は、「心強いお守り」にもなることでしょう。

まだ実力不足だった場合は、過去問演習は一旦延期して、3のステップに戻り、しっかりと基礎固めをしていきましょう。

晩夏の季節はまだ焦るような時期ではありません。
まずは生活リズムをきちんと整え、本格的な過去問演習に繋がるウォーミングアップの時期と捉えることです。入試本番に向けて、一歩ずつ頑張ってください。

著者プロフィール

鳥居りんこ
鳥居りんこ
とりいりんこ

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー&介護アドバイザー。執筆・講演活動を軸に悩める女性たちを応援している。特にその講演は「笑って泣けるデトックス講演」としての評価が高い。 著作としては「偏差値30からの中学受験シリーズ」(学研)、「ノープロブレム 答えのない子育て」(学研)、「主婦が仕事を探すということ」(東洋経済新報社共著)「鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ」(ダイヤモンド社)などがある。最新刊は「中学受験 わが子を合格させる父親道」(ダイヤモンド社)。ブログ「湘南オバちゃんクラブ」では、中学受験、大学受験、子どもと自分の就職、子育て、夫婦問題、老人介護問題、その他あらゆる女性が抱える難しくも、素敵な日々を絶賛発信中。

公式ブログ『湘南オバちゃんクラブ』

『Facebook 鳥居りんこ』


鳥居先生 記事一覧

ALL

オススメ記事

記事一覧

ALL

お近くのTOMASを見学してみませんか?

マンツーマン授業のようすや教室の雰囲気を見学してみませんか?
校舎見学はいつでも大歓迎。お近くの校舎をお気軽にのぞいてみてくださいね。

首都圏駅前93校 校舎検索はこちら

校舎名をクリックすると、詳細をご覧になれます。

ひばりヶ丘校 大宮校 阿佐ヶ谷校 柏校 本八幡校 二子玉川校 津田沼校 錦糸町校 千葉校 成増校 北浦和校 川越校 南浦和校 所沢校 志木校 西日暮里校 池袋本部校 教務本部 八王子校 川口校 練馬校 大泉学園校 松戸校 高田馬場校 メディックTOMAS 市ヶ谷校 立川校 荻窪校 巣鴨校 三鷹校 府中校 赤羽校 飯田橋校 国分寺校 中野校 渋谷校 三軒茶屋校 調布校 笹塚校 目黒校 麻布校 聖蹟桜ヶ丘校 成城学園校 大森校 自由が丘校 町田校 本厚木校 武蔵小杉校 たまプラーザ校 蒲田校 横浜校 川崎校 門前仲町校 新百合ヶ丘校 千歳烏山校 青葉台校 藤沢校 新浦安校 下北沢校 上大岡校 千歳船橋校 葛西校 東戸塚校 日吉校 日吉校 南大沢校 四ッ谷校 田町校 浅草橋校 戸越校 センター北校 国立校 戸塚校 向ヶ丘遊園校 武蔵境校 メディックTOMAS横浜校 白山校 大崎校 石神井公園校 市川校 吉祥寺校 綱島校 海浜幕張校 下高井戸校 桜新町校 学芸大学校 多摩センター校 宮崎台校 スペックTOMAS自由が丘校 上尾校 メディックTOMAS大宮校 メディックTOMAS吉祥寺校 大船校 流山おおたかの森校 月島校