目黒-恵比寿-白金台-五反田の個別指導・進学塾なら

TOMAS目黒校

校舎直通TEL

03-5759-3759 [受付時間 14:00~22:00 /月~土曜日 ]

■本部進学相談室 0120-65-1359[10:00~20:00 土日祝も受付]

目黒校へのACCESS

住 所
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル 3F

TEL. 03-5759-3759 /FAX. 03-5434-3390

最寄駅
目黒駅[JR山手線/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線]
JR山手線目黒駅「西口」徒歩2分
東京メトロ目黒駅「西口」徒歩4分

JRからは、西口を出ると正面右手に茶色のビルが見えますので、信号を渡ってご来校ください。 東京メトロからは、西口を出て通路を渡り、JR西口前に出てください。以後は上記JR西口からのご来校方法でお越しください。

交通ルート・周辺情報

目黒校のNEWS!

ごあいさつ
教室責任者
小野 陽崇

TOMAS目黒校は、教育熱心なご家庭がお集まりになるここ目黒の地で、“進学実績の出せる個別指導塾”として数多くの生徒の学習指導をサポートし、毎年高い進学実績を輩出してまいりました。
これまでに中学受験では、筑駒中を筆頭に男女御三家中などの最難関校や早慶附属など、高校受験では都立日比谷高・早慶附属高・GMARCH附属高など、そして大学受験では、東大・東工大などの難関国立大・医学部医学科・早慶上智などの難関私大に、継続して毎年多数の合格者を輩出してまいりました。こうした進学実績は生徒一人ひとりの不断の努力の賜物であることはもちろんですが、“完全1対1の個別指導”というTOMASの強みを最大限に発揮した成果であるとも、自負しております。
現在、TOMAS目黒校には主に不動小・中目黒小・油面小・第三日野小・日野学園小(中)・御殿山小・白金の丘小・港南小などの小学校、そして大鳥中・荏原第一中・目黒中央中・高松中などの中学校の生徒が、“夢の第一志望校合格”に向けて数多く通っております。
また、慶應中等部・慶應普通部・筑波大附属中高・麻布中高・芝中高・攻玉社中高・高輪中高・品川女子学院中高などの近隣の私学にお通いの小中高生も数多くお預かりしており、受験対策だけでなく、定期テスト対策や英検・漢検・数検などの指導まで、幅広い学習フォローを展開しております。
TOMAS目黒校で共に夢の第一志望校合格をつかみ取り、自分の将来を切り拓いていきましょう。

校舎見学・体験授業のご予約はこちら

目黒校の学校別マンツーマン講習

小学生開成・麻布・桜蔭・女子学院・雙葉・フェリスほか 御三家・最難関中 志望校対策
小学生慶應中等部・慶應普通部・早稲田中・早実中ほか 早慶附属中 志望校対策
小学生渋谷教育渋谷・芝・攻玉社ほか難関中志望校対策
小学生目黒星美・田園調布雙葉・聖心女子ほか 私立小内部進学対策
中学生開成高・早慶附属高 私立難関高志望校対策
中学生日比谷・西・国立・戸山・新宿・立川ほか 都立トップ校志望校対策
高校生東大・東工大・一橋大・早慶大ほか 難関大過去問演習
高校生東大(理Ⅲ)・慶應大(医)ほか 国公私立医学部 志望校対策
※上記講習の他にも、志望校や目標に合わせたカリキュラムをオーダーメイドで作成します。

目黒校の講師陣※チーフ講師を中心とした一部の講師のみ掲載しています。
 その他多数の講師が在籍しています。

目黒校の精鋭講師陣の中から選りすぐりの講師を紹介します!

目黒校

本田 俊治 講師 

合格実績

筑波大附駒場中、開成中、麻布中、聖光学院中、海城中

指導科目

生徒本人やまわりの人が気づいていない才能を、1対1の授業の中で発掘しながら磨き上げることを意識しています。

目黒校

真方 聡 講師 

合格実績

早稲田大、慶應義塾大、東京慈恵医大(医)、昭和大(医)

指導科目

マンツーマン授業で見つかった弱点はその場で解決することを常に心がけ、生徒本人が掲げる目標のさらに上をめざして指導しています。

目黒校

佐々木 綾 講師 

合格実績

桜蔭中、女子学院中、麻布中、武蔵中、渋谷教育学園幕張中、フェリス女学院中、慶應義塾普通部、慶應義塾中等部、浦和明の星女子中 他 難関校多数

指導科目

緻密な途中経過の考え方と暗記に頼らない「なぜこうなるのか」背景を重んじる授業を心がけています。

目黒校

野口 祐介 講師 

合格実績

麻布中、聖光学院中、渋谷教育学園幕張中、早稲田中、慶應義塾大、早稲田大 他 難関校多数

指導科目

ジャンルを問わず筆者の主張を読み解けるようそこで得た知識・キーワードをノートにまとめ、ストックさせています。毎回の授業で扱う文章を「初見」と感じさせないように、そのノートとリンクするような授業を心がけています。

あなたにピッタリの講師を選定します。まずはご相談ください。

校舎見学・体験授業のご予約はこちら

目黒校の教室のようす

目黒校 合格実績で何度も表彰された目黒校自慢の名物講師陣を掲示物で紹介。教室一丸となって、夢の第一志望合格をめざす受験生を応援しています。
目黒校 難関私立中をめざす志の高い小学生がお互い切磋琢磨しながら、勉強に集中している自習室の様子です。前に座っている自習室監督の先生に質問することも可能です(時間帯によっては先生が監督できない場合があります)。また、中学生・高校生にも、専用の集団の自習室、個別ブースを解放しているので、受験勉強や定期テストなどの対策で、毎日たくさんの生徒が自習室にあふれかえっています。
目黒校 熱心に授業準備を行う講師の先生方。一方的な講義ではなく、生徒一人ひとりに合わせた発問中心の授業を行うためには、入念な準備が不可欠。準備に集中する先生方からは高いプロ意識が伝わってきます。
目黒校 講師から授業の報告を受ける光野先生と松本先生。「何をやったか?」「どこまで進んだか?」「きちんと理解できたか?」などを確認し、しっかりと生徒の現状を把握しています。」

目黒校の先輩からのメッセージ

目黒校の先輩の合格体験記を紹介。先輩の成功談を参考にしよう!

品川区立日野学園小 出身 世田谷学園中 進学

合格校: 世田谷学園中、青稜中、大宮開成中

試験は長く、辛い戦いです。でも、教科の間には休憩時間があります。多くの学校では、15分~20分の休憩時間をとっており、その間に、トイレにいけたり、飲み物を飲めたりします。でもせっかくの休みです。有意義な休みにしたいですよね? そのためには…1つ目、糖分を摂る(頭に栄養を!)2つ目、とにかくプラス思考(脳からα波を出してリラックスする!)この2つを使いこなして試験を乗り切ろう! Fighting!

宝仙学園小 出身 学習院中等科 進学

合格校: 学習院中等科、立教池袋中

僕は帰国生受験のため、12月3日から2月5日という非常に長期間にわたる受験でした。僕は最初の2校に合格していたので、次の1月7日までの1カ月間緊張感を持ち続けることができず、先生によく怒られていました(笑)。そこで目が覚めたのか本命校に向けて必死になり勉強しました。みなさんはこれから1分1秒を大切にし、悔いのない受験をしてください。

目黒区立中目黒小 出身 立教新座中 進学

合格校: 立教新座中、栄東中(東大選抜)

僕は6年生の夏の終わり頃に入塾しました。国語が超苦手だったのでTOMASに通って少しでも苦手意識をなくそうとしました。毎週1コマだったけれど少しずつ国語への苦手意識が和らいでいきました。そして入試直前の1月に入ると僕は何が何でも合格しなければならないので日々勉強にはげみました。そして、合格発表のとき…。自分の受験番号が載っていたので心の底から“合格”という文字が浮いてきました。

品川区立城南第二小 出身 法政大中 進学

合格校: 法政大中、国学院大久我山中、日本大中、大宮開成中

私は4年生の時、法政の文化祭に行った時からここの学校に絶対入りたいと決めていました。先生方は法政はこういう問題が出やすいからここをもっと勉強しほうがいいと教えてくれたり、模擬試験で間違いが多かったところをもう一度やり直してくれました。過去問も最初は全然合格点に届かなかったけれど、最終的に合格点を超えることができました。本番では合格を勝ちとれたので先生方にはとても感謝しています。

品川区立芳水小 出身 共立女子中 進学

合格校: 共立女子中、東京女学館中、埼玉栄中

私は、6年生からTOMAS目黒校に入塾しました。TOMASに入塾するきっかけは、基礎を固めようと思ったことです。1対1でやるからこそ、自分の弱点を極めることができ、本番は、知らないものはほとんどない状態で迎えられました。本番で、合宿の時、得られたものが出題された時は、正直、嬉しかったです。この1年間は私にとってかけがえのないものだと思います。TOMASの先生方、本当にありがとうございました。

港区立港南小 出身 国学院大久我山中 進学

合格校: 国学院大久我山中、八雲学園中、浦和実業中

私は、TOMAS目黒校に入って良かったなと思うことが2つあります。1つ目は、算数は入会当初は偏差値50もなかったのに先生にわかりやすくおしえてもらったおかげで最終的には偏差値が50後半に届いたことです。2つ目は、私はすぐに諦めてしまうクセがあったけれど、そこで先生が励ましてくれたおかげで諦めずに受験勉強に励めたことです。だから自分の手で夢の中学生活を掴むことができました。

朋優学園高 出身 東京工業大(第5類) 進学

合格校: 東京工業大(第5類)、早稲田大(創造理工)、慶應義塾大(理工)

自分は、中学、高校受験を体験してきて、これが3回目の受験でした。今回、この受験生活を考えてみると学校の授業が大切で時間内に理解するようにしました。受験勉強にそこまで時間をかけたわけではありません。しかしなぜ受かったかを考えると常に合格しているという未来しか頭になかったからだと思います。少しは不安がありましたが、結局は受かるべくして受かったように感じました。

校舎見学・体験授業のご予約はこちら

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る