医学部受験対策の特長
医学部受験に特化したマンツーマン+αの合格システム
POINT1

医大生・社会人プロ講師による完全1対1指導

医学部受験を知り尽くした合格実績豊富な社会人プロ講師、または、実際に医学部に合格し、医学部突破のための勉強法を熟知した現役の医大生講師が指導します。

POINT2

志望校合格・逆算式の個人別カリキュラム

生徒一人ひとりの志望校の合格ラインと現状のギャップを分析し、入試日から逆算して「いつまでに」「どこまで」到達させるかという計画を立てて、カリキュラムに反映させます。

POINT2

教務担任とメディック担任によるトータルサポート

各校舎の教務担任のほかに、医学部受験専門のメディック担任がつき、専門性の高い医学部受験にかかわるすべてをサポート。医学部入試に特化したカリキュラムの計画・進捗管理から、受験校選定、小論・面接対策までをフォローします。



医学部合格のための目的に応じた利用法 一人ひとりの夢の志望校から逆算した個人別カリキュラムで医学部合格へ導きます。

予備校の集団授業では実現できない、医学部入試に精通した講師による的確な個別対策がTOMASの強み。志望医学部合格へのトータルサポートからピンポイント対策まで、目的に応じて最適なプランを提案いたします。

PLAN1

自分の学力や志望校に合わせた受講バランスで全科目の指導をしてほしい。

医系指導に精通したプロが、得意・不得意を見極め、志望校合格から逆算した個別カリキュラムを作成。一人ひとりに最適な科目の受講バランスで進め、進度に応じて見直しを図ります。ハイレベルな医学部入試で求められる確実な得点力と深い思考力を養い、理解度を見極めながら確実に合格まで導きます。

PLAN2

苦手・弱点克服のために、単科の集中利用をしたい。

医学部受験では苦手・弱点を残すことは致命傷。予備校では見逃されがちな「穴」や「弱点」を、完全1対1の指導で見つけ、効率的に対策します。

PLAN3

各校でクセのある小論文・面接に特化した対策をしてほしい。

医学部受験生なら効率性を重視したい小論文・面接対策。特に小論文は、型を学んで実際に書き、一人ひとりの特長に合わせて添削することで、最短で最大の効果を引き出せます。

PLAN4

医学部AO・推薦入試を軸にした対策をしてほしい。

他学部と比べ、非常にハイレベルな争いとなる医学部のAO・推薦入試。一般入試対策をしっかり並行させながら、受験校に絞り込んだAO・推薦入試の入念な準備を実現します。

PLAN5

将来の医学部現役合格を見据えた学習を、中学からスタートさせたい。

医学部受験対策に早すぎるスタートはありません。「苦手科目を作らない」「医学部入試で問われる基礎項目を完璧に身につける」「定期テストで上位を維持する」ことからステップアップさせ、医学部現役合格まで導きます。

PLAN6

医学部への再受験を、大学に通いながら実現したい。

一人ひとりの生活に合わせた教室・曜日・時間を自由に選択できるのがTOMAS。また、文系だったので未履修科目がある、社会人で受験勉強から離れている…など、現在の学力やブランクの長さに応じた個別カリキュラムで、きめ細やかにサポートできます。

本物の個別指導で悩み解決!

こんなご相談にお応えしております。

  • 集団指導の予備校で自信を失っている
  • 個別指導塾に通っているが、成果がでない
  • どうしても克服できない苦手科目がある
  • 志望校対策の進め方がわからない
  • 医学部に特化したハイレベルな指導を受けたい


医学部医学科合格者の声 実際に多くのお子様が医学部医学科に合格しています。
東京大(理Ⅲ) 慶應義塾大(医) 日本医科大(医)

■ 女子学院高出身

TOMAS高田馬場校

雲丹からアメーバに降格、それでも合格!

覚えることが嫌いで、集団塾ではサボりがちだった科目を、個別指導で見張られることでサボらずに頑張れました。先生には叱咤され続け、あだ名が『雲丹』から『アメーバ』に降格しました。それでも、私が合格を勝ち取れたのは、鈴木先生(私はおじさんと呼んでいました)が、高い水準で、私に合わせることなく、引き上げて下さったおかげだと思います。ここで一句。アメーバでも、合格できる、理科三類。

京都大(医)

■ 県・厚木高出身

TOMAS本厚木校

推薦やこれからの入試に対応できるTOMAS

京大特色入試では、ポスターの通り「意欲」や熱意、自発性を高く評価している。TOMASでは、講師と一対一の非常にアクティブな授業を受けることができる。私の担当講師は元研究職の方で、科学的課題に仲間として向かい合う態度を養うことができた。入試改革と世間で騒がれているが、TOMASではこれからも様々な生徒のニーズに応えてくれるに違いないと確信している。ありがとう!

千葉大(医) 順天堂大(医) 東京慈恵会医科大(医)

■ 駒場東邦高出身

TOMAS成城学園校

受験を乗り切るために

受験を乗り切るために大事なことは、友人、先生、自信だと思います。友人は、自分が悩んでいることなどを気軽に話すことができたり、気分転換になるので、とても重要だと思います。次に、先生は、より専門的なことを聞くことができます。先生を信頼して積極的に相談することが大切です。そして最後は自信。受験は自分を信じることが一番重要だと思います。この3つのことを大切にして勉強するということを意識して頑張って下さい。

札幌医科大(医) 東京医科大(医)北里大(医)

■ 暁星高出身

TOMAS東戸塚校

意識

個別指導の強みは、自分だけのカリキュラムを先生方が組んでくださる上に、1対1で丁寧に分かるまで教えて頂けるという点です。ただし肝に銘じておくべきなのは、勉強は受動的では全く意味が無いということです。ただ宿題をこなす、ただ話を聞く、それではダメです。分からない所は極力自分で考え、調べ、それでも分からない所をまとめて授業で聞きましょう。たったこれだけで授業の質は大幅に変化し、成績も伸びます。意識1つです。頑張ってください。

福島県立医科大(医) 東海大(医)埼玉医科大(医)

■ 県・大宮高出身

TOMAS所沢校

医学部現役合格へ

3年の途中から入塾し、バイトもやめ、本格的に医学部に合格するための勉強を始めました。TOMASの先生は質問したら答えを見ずに何でも教えてくれ、面接の練習も何度も行ってくれました。私立にたくさん失敗して不安になることもあったけど、最後まで諦めずに頑張ってこられたのは、自習室で共に勉強に励む仲間や、いつも私の事を気にかけて下さる先生方のおかげだと思います。今までありがとうございました。

東京医科大(医)

■ 城北高出身

TOMAS所沢校

合格のカギは勉強量ではない

志望校に合格した自分を強くイメージすることが、私は一番大事なことだと思います。学びたいことを学んでいる自分でも、受験から解放されて、遊んでいる自分でも良い。そうすれば勉強のやる気が出てくる。勉強なんていう漠然としたものではなく、どの教科のどの分野をやらなきゃという気持ちになってくる。TOMASは合格のために必要な教科、分野だけ授業を受けられる。自分用の授業と、大学生活の強いイメージで合格に結びついたと思っています。

▸イベント一覧

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る