東邦大学(医)合格

◯ 東邦大付東邦高
TOMAS本八幡校

入会時期
中3 秋
受講科目
英語、数学、化学、小論文
学習計画の立案管理
得意科目の強化
苦手科目の克服

やるべきことを管理してもらえるので
中だるみせずに3年間頑張れた

TOMASに入った時期ときっかけは

中3の秋から大学受験を見据えた塾に入ろうと決めていました。
計画的にコツコツと勉強を続ける自信がなかったので、集団指導より個別指導の方が合う気がすると親に話したところ、ネットの評判などからTOMASを見つけてきてくれました。
家が埼玉なのでどの校舎にするか迷いましたが、学校から近かったことと、医学部への合格実績が豊富なことから本八幡校を選びました。

実際にTOMASの授業を受けてみていかがでしたか?

進捗状況や次回までの課題などしっかり管理してもらえる完全1対1の指導形式は自分にはピッタリでした。
集団指導だと、自分が課題をやってこなくても授業は進んで行きますが、TOMASでは授業が始まりません。
講師から「え、やってきてないの?」なんて言われる場面を想像すると、とてもじゃないけど怠けるという考えには至りません。

管理されると頑張れるタイプなのですね。

「できるところまでやってこよう」だと1ページしかやらないこともあるので、「何ページまで」「問何番まで」などと具体的に決めてもらうようにしていました。英語と化学は多めに出してもらうようリクエストして、厳しめに管理していただきました。

受講科目と指導内容についてお聞きします。

最初は数学と英語を週1コマずつ、高2から化学を追加し数学も週2コマに増やしました。
高3になってからは小論文も追加しました。
入会当初は受験まで時間的に余裕があったので、英語では扱った問題を全文和訳して、出てきた単語をその都度習得していきました。コツコツと丁寧に仕上げっていったおかげで、もともとは苦手だった英語が最終的には一番の得点源になっていました。
数学は問題をひたすら解いて、不明点をそのつど聞いていました。

内部進学での合格ということで、やはり定期テスト対策を重視していたのですか?

いいえ、結果的に内部進学で合格しましたが、一般受験を見据えて勉強してきました。
担任や講師とも相談し、一般受験のための勉強をして学力を高めていけば、定期テストでも点はとれるし、内部進学はあまりアテにしない、という方針にしました。

面接対策や志望理由書の添削などはどのように行いましたか?

志望理由は小論文の先生や担任に何度も推敲していただきました。
私は法医学を学んで、監察医の道に進みたいと考えているので、志望理由を分かりやすく論理的にまとめるのがほかの受験生より少し大変でした。
「患者に寄り添える医師になりたい」や「父のような医師になりたい」といった一般的な志望理由が当てはまらないため、自分の考えをしっかり説明しないと面接官の理解が得られない懸念がありました。なぜ自分が監察医に関心があり、大学で何を学び、将来どのように社会に貢献していきたいのか、お二人のおかげで面接官の視点で腹落ちする内容にまとめることができました。
面接対策については、間髪入れずに質問をして、矛盾があれば容赦なく突っ込んでくる厳しい模擬面接を何度も行っていただいたので、本番では動じることなく受け答えできました。

3年間の受験勉強を振り返って一番大変だったことはなんですか?

やはり計画的に勉強を進めることです。中3~高1の時期は、受験までまだ時間があることから緊張感を保つことが難しいものですが、講師や担任がやるべきことを決めて課してくれたおかげでなんとか続けることができました。

最後に今後の学生生活の抱負をお願いします。

自分が興味のある分野について徹底的に学べることが今から楽しみです。
学業以外では、文化祭の運営に携わったり、友人だけで旅行したり、高校ではできなかったことに色々と挑戦してみたいです。

英語担当の菅野先生、担任の熊丸先生と記念写真。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る