慶應義塾大学(商)合格

◯ 國學院高
◯ TOMAS新浦安校

入会時期
高2 9月
受講科目
数学、英語
得意科目の強化
苦手科目の克服

苦手科目の克服も、得意科目の強化も
効率的に進めるなら個別指導が一番!

TOMASに入ったきっかけや時期を教えてください。

高2の9月に入会しました。
それまでは集団指導の塾に通っていましたが、わかっている問題の解説に時間を割かれるなど、非効率的な部分が気になっていて、効率的に学べる個別指導のTOMASを選びました。
受講科目は高2の間は数学、高3から英語を追加しました。

数学、英語それぞれどのような指導を受けたのですか?

数学は受験で武器になるレベルまで引き上げるために、初見では解けないような難問に時間をかけてじっくり取り組む訓練を行いました。高3になってからは過去問演習が中心でした。
英語はとても苦手だったので単語からやり直しました。
その後も単語や平易な長文問題の宿題を毎週出していただき、少しずつ補強していったおかげで、直近の模試ではなんとか偏差値60を超えるようになりました。

志望校はいつ頃決めましたか?

実はもともとは理系だったのですが、高2の夏に参加したオープンキャンパスで、理系の学部をすべて回っても惹かれる学問がなかったのです。そこで試しに商学部の指導内容を聞きに行ったところ、興味深い内容だったので、数学受験の文系に変更しました。

高2からの文転は大変でしたね。その直後にTOMASに入られたのですね。

はい。一緒に今後の計画を立てていただきました。
数学を担当してくれた菊地先生がとことん褒めて伸ばしてくれるタイプの先生だったので、あまり不安になることはなく、むしろ授業後はいつも幸せな気持ちになっていました。笑
とても親身になって話を聞いてくれるので、精神的にも支えていただきました。

TOMASの自習室はどれくらい利用しましたか?

結果的には指定校推薦がとれましたが、一般受験で勝負するつもりで勉強していました。
なので、毎日学校が終わるとTOMASに直行して閉館時間まで自習するようにしていました。夏休み中も毎日開館から閉館まで自習室に入り浸っていました。

その姿勢が指定校推薦獲得に繋がったのかもしれませんね。受験を振り返って一番大変だったことは何ですか?

世界史の勉強です。
数学、英語、世界史の3科目で受験する方式を狙っていたので、世界史の勉強も必要でした。
暗記科目ということでTOMASの力を借りず自力でやることにしたのですが、かなり大変でした。教科書をひたすら繰り返し読む方法で、なんとか足を引っ張らないレベルまではもっていくことができました。
正直、世界史もTOMASでとればよかったと思います

TOMASはどのような受験生におすすめですか?

全受験生です。一度、完全1対1の個別指導の魅力を知ってしまうと集団指導には戻れません。全受験生におすすめします。

最後に今後の学生生活の目標を教えてください。

経済学やマネジメントについてなど幅広く学んで将来の夢を探していきたいと思います。

担任の松本先生、英語担当の関根先生と記念写真。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る