慶應義塾大学(文)合格

◯ 淑徳与野高
◯ TOMAS大宮校

入会時期
高3 夏
受講科目
英語、小論文
志望校集中対策

3年間めざし続けた慶應合格。
挫けずにたどり着けたのは家族のおかげ。

志望校合格おめでとうございます! 高校3年間ずっと慶應合格をめざして勉強してきたそうですね。

遊びたい気持ちをおさえて3年間ずっと勉強中心の生活を送ってきたので努力が実って本当に嬉しいです!

そこまで強い気持ちをもつことができたのはなぜですか?

3年前、高校受験で早稲田の附属校に落ちたときにとても悔しくて、大学受験では絶対慶應に入ってやると心に誓いました。
高校入学後は毎朝登校前に30分勉強し、放課後も学校の図書館が閉まる19時まで毎日残って勉強し続けました。軽音楽部の活動がある日は、部活後に図書館に移動して勉強していました。

ご家族の支えも大きかったそうですね。

ここまで挫けずに頑張れたのは家族のおかげです。
父は私が疲れているときなど、頼めばいつも喜んで学校や塾まで送り迎えしてくれましたし、母は私の帰る時間に合わせてお風呂やご飯の準備をして待っていてくれました。
大学生の姉は私の合格を祈願するためにわざわざ太宰府天満宮に行ってお守りを買ってきてくれました。
家族一丸となって私の受験を応援してくれたのは本当にありがたかったです。

横山さんにとって高校生活の集大成ともいえる大学受験ですが、そのパートナーとしてTOMASを選んでくれた決め手は何でしたか?

慶應文の公募推薦を狙うことは決めていたので、小論文の添削指導と、英語の過去問演習指導を受けるならマンツーマン形式がよいと考え、高3の夏にTOMASのお世話になることを決めました。

マンツーマンの授業を受けてみていかがでしたか?

今まで集団指導しか受けたことがなかったので最初は緊張しましたが、慣れてくると聞きたいところをピンポイントで好きなタイミングで質問できるので、とても効率的だと感じました。

具体的には各教科の授業ではどのような指導を受けたのですか?

英語はテキストの復習から着手し、過去問演習に移行してからは併願校レベルから志望校レベルへと徐々に上げていきました。
小論文は最初から志望校の過去問を毎週1題取り扱っていただきました。
どちらも授業前に自分で解き、授業中に疑問点を解消したり、改善箇所を指摘していただいたりしていました。
また、教科の指導以外にメンタル面でも大いにサポートしていただきました。私は過去問や模試の出来が悪いとすぐにネガティブ思考に陥る癖があるのですが、英語の先生はいつも気持ちを察して優しい言葉で肯定してくれたし、小論文の先生は明るく接して元気を分けてくれました。

3年間努力を積み重ねてきた分、不安も募りますよね。ちなみに今年度は共通テスト初年度、そしてコロナ禍と、イレギュラーな事態が重なりました。その点はいかがでしたか?

コロナについては個別指導であり、感染対策にも力を入れている塾だったので安心して通塾できました。
共通テストは公募推薦がダメだったときのために一応最低限の対策は進めていました。初めて受けるのは皆一緒だし、仮に受けるのがセンター試験だったとしても私にとっては初めて受ける試験なので、初年度ということは特に意識しませんでした。

受験勉強を振り返って大変だったことは何ですか?

周りの友だちが受験を意識せずに遊んでいる頃から、受験勉強に取り組むために自分を律することが大変でした。
遊びに出かけることもあったのですが、遊んでいる際中も「勉強しなくていいのか」という罪悪感が頭から離れないこともありました。
でも、今回初めて努力が報われるという成功体験を積むことができました。その喜びや達成感は言葉では表し切れない大きなものだったので、この3年間に悔いはありません。

やっとつかんだ慶應合格。進学後は何を学びたいですか?

大学ではコミュニケーション学について学びたいと考えています。
最近はSNSを介したオンライン上でのコミュニケーションが盛んになってきて、対面でのコミュニケーションが苦手な若者が増えているそうなので、そういう若者向けに最適なコミュニケーションの形などについて研究していきたいです。

最後にこれから受験に挑む後輩たちに向けて、おすすめのTOMAS活用法があればお願いします。

活用法というより、向いている人の話になるのですが、志望校への想いや熱量が強く大きい人こそTOMASに通うべきだと思います。
マンツーマンなのでこちらの熱量に呼応して先生も全力で向き合ってきてくれます。こちらが貪欲に学ぼうとすれば、先生はどんどん引き出しを開けて知識やテクニックを授けてくれるので、積極的に攻めの姿勢で学びにいくとよいでしょう。

担任の松本先生、英語担当の関根先生と記念写真。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る