東京工業大学(工)合格

◯ (市)浦和高
TOMAS北浦和校

入会時期
高1 春
受講科目
英語、化学、物理、数学
苦手科目の克服
得意科目の強化

集団授業は集中できずに寝てしまう。
対話形式の指導を求めてTOMASへ。

TOMASに入った時期ときっかけは?

英語が大の苦手で、高校進学をきっかけに塾に通おうと考えました。
最初は集団指導塾の体験に行ったのですが、集中力が続かずに寝てしまうことが何度かありまして…。
対話形式・参加型の授業をしてくれる塾を探してTOMASに辿り着きました。

実際にマンツーマン指導を受けてみていかがでしたか?

もちろん、眠くなりませんでした。笑
発言機会が多く与えられるので、集中しっぱなしです。
指導内容としては、とにかく長文が読めなかったので読解の仕方について丁寧に時間をかけて教えていただきました。

理系科目も途中から追加されたそうですね。

高2の終わりに短期間で微積を集中特訓していただきました。
そこで理系科目もTOMASで教わりたいと思うようになり、高3の夏頃からは数学、物理、化学もレギュラーで追加しました。

理系科目はどのような指導を受けていたのですか?

3科目すべて戸張先生に見ていただきました。
毎回私が聞きたい内容を授業に持ち込んで詳しく解説してもらうという進め方だったのですが、戸張先生の高すぎる指導力に驚かされました。
先生が事前に用意した問題であれば、解説できて当然だと思いますが、授業当日にいきなり見せる東工大や早稲田大の問題でも、その場ですぐ解説してくれるのです。
自分が赤本の解説を読んでも納得できなかった難問奇問ばかりなのに…。

これが進学個別指導塾TOMASの先生の実力かと思いましたね。笑

嬉しいコメントをありがとうございます。日々の授業で大切にしていたことがあったそうですね。

間違えたところ、わからなかったところを放置しないということです。
正しい解法が分かったからそれで終わり、ではなく、自分の解法がなぜダメだったのか、どこがおかしかったのかを突き詰めるようにしていました。
模範解答以外についても詳しく検討してもらえるのはTOMASならではだと思います。

志望校は最初から東工大だったのですか?

実は中学の頃から早稲田大学の基幹理工学部をめざしていました。
しかし、高3に上がって各大学の入試方式について調べたところ、東工大は共通テストの点数を足切りでしか使用せず、文系科目の点数が低くても合格を狙えることがわかりました。
そこで、早稲田大、慶應義塾大、そして東工大を視野に入れて受験対策を進めることにしたのです。
結果は東工大と早稲田大が合格、慶應義塾大が補欠でした。

憧れ続けた早稲田大、さらに東工大への合格本当におめでとうございます。最後に今後の学生生活の抱負をお願いします。

まだ学びたい学問や、なりたい職業など具体的なことは決めていないので、入学後に学びながら考えていきたいです。

お世話になった戸張先生と記念写真。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る