埼玉医科大学(医)合格

◯ 大妻多摩高
TOMAS本厚木校

入会時期
中2
受講科目
数学、化学、生物
学習計画の立案管理
得意科目の強化
苦手科目の克服

先取り学習、苦手克服、志望校対策。
中2からの積み重ねで医学部合格。

TOMASに入会した時期ときっかけは?

兄が先にTOMASに通っていて良い話を聞いていたので、私も中2から通い始めました。

どのような指導を受けましたか?

中2~中3は数学だけ、高1から化学を追加し、高3で生物も追加しました。
数学は比較的得意だったので、中学時は先取り学習をしていただきました。
高校にあがってからは青チャートなどの問題を自分で解き進める中で、わからないところをストックしておいて、TOMASの授業で疑問を解消するようにしていました。

苦手科目はありましたか?

化学です。
どこがわからないのかもわからず、手の付けようのない状態からのスタートでした。
幸い受験まで2年あったので、じっくりと基礎的なことから教え直してもらうことになりました。
学習計画も先生が立ててくれたので、完全にお任せしてついていった結果、今ではすっかり得意科目になりました。

工夫していたことは?

一週間の計画を立てることです。
曜日ごとに何をやるかを書いた計画表を作り、達成できたら線を引くようにしていました。
達成感を得られるだけでなく、自分はこれだけのことをやったんだという努力の証にもなるので、自信にもつながりました。

TOMASのおすすめ活用法は?

私は化学の苦手克服に関して、綿密な学習計画を立ててもらいました。TOMASでは逆算カリキュラムと呼ばれるものです。苦手科目をいつまでに、どのように克服するか、自分一人では到底計画できないので、講師や担任を頼りましょう。
実際に計画通りに進み、とても安心感がありました。

最後に今後の目標をお願いします。

埼玉医科大は交換留学制度に力を入れているので、私も参加してみたいと思っています。

受験対策をしてくれた眞行寺先生(左)、担任の横田先生(右)と。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る