北里大学(医)合格

◯ 巣鴨高
TOMAS池袋校メディックTOMAS市ヶ谷本部校

入会時期
高2 春
受講科目
英語、数学、小論文
苦手科目の克服

自分の弱点がどこなのかもわからない状態で入会。
講師が全部見抜いて教え直してくれた。

TOMASに入会した時期ときっかけは?

高2の春、TOMAS池袋校とメディックTOMAS市ヶ谷本部校にほぼ同時に入会しました。

それまで漠然と東大をめざす塾に通っていたのですが、授業がハイレベルすぎることと、医学部志望であることから、転塾することにしました。
最初に訪ねたのがメディックTOMASで、説明を聞いてすぐに入会を決意。市ヶ谷が通学圏内ではなかったので、利便性を重視してTOMAS池袋校にも在籍することにしました。

完全1対1の授業を受けてみていかがでしたか?

自分が何をわかっていないのかもわからない状態で入会したので、わかっていないところを講師からその都度指摘してもらえるのがありがたかったです。

受講科目と指導内容を教えてください。

TOMASでは英語を、メディックTOMASでは数学を受講しました。
英語は基礎が全然身についていなかったので、構文解釈から鍛えていきました。具体的にはテキスト1冊分、ひたすら文章を和訳する訓練を積みました。その後、私立大医学部の過去問演習に移行したのですが、そこでも精読を重視し、文章を的確に把握できるようにしました。

恥ずかしい話ですが、入会当初は模試やテストで英語長文が全然読めず時間が余っていました。それが夏頃には徐々に読めるようになり、逆に時間が足りなくなるようになりました笑。

数学も基礎力がなかったので、大学受験数学の基本となる二次関数を徹底的に鍛えることから着手していただきました。その後に数Ⅲの範囲に移行したのですが、二次関数の知識が活きる場面が多く、効果を実感しました。

また、高3夏に指定校推薦を狙うと決めてから、メディックTOMASで小論文を追加しました。着眼点を磨く訓練をしつつ、ひたすら書いて添削を受けました。

メディックTOMASに通うメリットは?

医学部受験専門校舎なので、大学ごとの対策の仕方を熟知しています。医学部は大学ごとに傾向が全然違うので、志望校や、受ける可能性の高い併願校に向けた対策をしてもらえるので助かりました。
また、メディックTOMASにはT.A.(ティーチング・アシスタント)という現役医大生が常駐しており、彼らにいつでも質問や相談ができます。私は生物選択なので生物の質問をしたり、数学のわからない問題の解説をお願いしたりしていました。

勉強で工夫していたことは?

基礎が身につかなかった原因が自己流の勉強をしてきたことにあると思ったので、とにかく講師から言われたことは忠実に守るようにしました。

受験勉強を振り返って1番大変だったことは?

数学も英語も基礎をおろそかにしていたので、立て直すのに苦労しました。
高2の段階で気づけたので受験には間に合いましたが、もっと早くから基礎の大切さに気付いていれば、ここまで苦労しなかったと思います。
TOMASに入っていなかったら、最後まで気づけなかったかもしれません。

TOMASのおすすめ活用法は?

医学部志望なら、私のようにメディックTOMASとTOMASの併用がおすすめです。
日々の自習や、汎用的な力を鍛えたい科目の指導はTOMAS、医学入試情報の収集や医学部に特化した指導はメディックTOMASで。

最後に今後の目標をお願いします。

北里大学はチーム医療に力を入れているとのことなので、しっかり学んで経験と知見を増やしていき、立派な医師になりたいと思います。

お世話になった村田先生小澤先生と。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る