慶應義塾大学(経済)合格

◯ 明治大付明治高 出身
◯ TOMAS大森校

入会時期
高3
受講科目
英語、数学、小論文
過去問演習
記述論述対策

受験4カ月前に文転。試験科目も変更に。
TOMASの過去問演習で怒涛の追い上げに成功!

高3の秋に理系から文系受験に変更(文転)したと伺いました。

物理と化学が伸び悩んでいたことや、将来の夢が文系でも目指せる仕事だったこともあり、思い切って決断しました。 新たに地歴公民を一から勉強する余裕はなかったので、受験校は英語、数学、そして現代文か小論文で受験できるところに絞りました。 具体的には慶應義塾大(経済)、上智大(経済)、東京理科大(経営)です。3校選んだものの、やはり群を抜いて慶應への志望度が高かったので、より確実に合格するためにTOMASに入りました。 中学受験の時も直前期にTOMASで過去問の演習指導を受けて一気に伸びたので、最後の追い込みはTOMAS!と決めていました。

TOMASではどのような指導をうけたのですか?

もちろん過去問の演習指導です。 受講科目は英語、数学、小論文で、毎回宿題として出された1年分の過去問を授業前に解いて、採点まで済ませておき答案を持ち込みます。 授業では、解説を読んでもよくわからなかったところを解説してもらったり、細かいスペルミスや文法ミスを指摘してもらったり、もっと効率的な解法を教わったりしていました。

突然の文転で秋以降一気に追い込んだ印象ですが、スランプなどはありましたか?

12月に一週間ほど机に向かえなくなった時期がありました。不安やプレッシャーからか、勉強する気になれなくて。それまでは一日10時間勉強していたのが一週間で10時間になってしまいました。 その一週間もTOMASの授業だけはちゃんと出ていました。1対1だから休むわけにはいかないなと思って。自分の実力も努力もよくわかってくれている先生たちに、話を聞いてもらったことで気持ちも落ち着き、無事一週間で復活できました。

最後に、今後の抱負をお願いします。

大学附属校ということもあり、周りが遊んだりしている中で受験勉強を続けるのは辛かったですが、目標のために最後までやりきれて良かったです。 将来は外資のコンサルに憧れているので、しっかりと学んで夢を実現したいと思います。

お世話になった平尾先生と。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る