麻布中 桐朋中栄東中(東大選抜)



の合格体験談

調布市立第一小出身 TOMAS 調布校

ゲームと勉強の両立

僕がTOMASに入ったのは、5年生の2月ごろでした。通っていた集団塾で、伸び悩んでいた理科を見てもらうことになりました。その後、得意科目だった算数も見てもらい、成績は安定しました。しかし、そのころにあるゲームにはまってしまい、やめられなくなりました。でも、本番1ヶ月前になると、ゲームを減らし受験が終わったらできるようになるのだと自分に言い聞かせました。そして麻布中に合格しました。その喜びは何にもかえがたいものでした。

本人からの直筆メッセージ
合格を支えた先生

担 当 教 師

加藤 裕貴 先 生 ( 東京大出身 ) TOMAS 調布校

知的好奇心が旺盛で、先生に勝負を挑むようなお子さんでした。理科が苦手でしたが、持ち前の好奇心を活かした個別指導によって得意科目になり、もともと得意だった算数も大きく伸びました。

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る