慶應義塾大(理工)



の合格体験談

普連土学園高出身 TOMAS 目黒校

日々の勉強を大切に

私は高2の10月まで部活動をしていたため、休日やスキマ時間を有効活用するように心がけました。定期試験直前や部活を引退してからは、毎日TOMASの自習室で勉強しました。さらにTOMASは1対1の授業形式なので、授業中に分からないところはすぐに質問できました。最後に、受験勉強は高1からの積み重ねです。毎日少しでも勉強する習慣をつけましょう。特に英単語は高1のうちに始めておくと、高3で少し楽になると思います。頑張ってください。

本人からの直筆メッセージ
合格を支えた先生

担 当 教 師

望月 博人 先 生 ( 東京工業大出身 ) TOMAS 目黒校

基本事項はできていましたが、応用問題になると、考え方をどう適用すればよいかわからず苦戦していました。応用問題はテクニックや別解なども解説し、本人が自分で演習できる時間を確保して定着させました。

▸イベント一覧

TOMAS会員生はこちら

TOPへ戻る TOPへ戻る